« ロッテンマイヤ―さん | トップページ | 本日発売「北方ジャーナル10月号」 »

2010年9月15日 (水)

犬を飼う全ての人にみてほしいです

9月14日 しっぽレポート
 http://shippo.poo.gs/05/days.html

とても重い病気を抱えながら、唯一頼れるはずだった飼い主に捨てられ
札幌市動物管理センターに収容されていた犬2匹のことが
詳細に紹介されています。

犬はどんなに具合が悪くても、じっと耐えることしかできません。

捨てた飼い主は、どうしてここまで放置できたのでしょうか?

「犬は病気になっても自分で病院にいくことはできないんだから
 治療しなくていい」とでも思っているのでしょうか?

犬という生き物は、少なくとも日本では“飼い主”がいなければ存在できません。
所有者のいない犬は狂犬病予防法に基づいて抑留されます。
一方、動物愛護法で飼い主は「動物を適正に飼養すること」を定められています。

言うまでもなく、適正飼養するためには“健康管理”が必要です。

病気になれば治療する、これは動物を飼う人にとっては当然のことと言えます。

…なんて、こんな理屈をこねるまでもありません。

こんなことができる人に動物を飼う資格はないですよ。。。

どうでもいいなら最初から飼うな、と言いたい。

どうしても看取ることができないなら
自分の腕の中で安楽死させるくらいの覚悟を持つべきです。

こうした体調の悪いコたちを見るたびに思うのは
どうせ捨てるならもっと早く捨ててほしかった、ということ。

みんなどんなに長い間、痛みに耐えてきたんでしょうか。

怒りしか出てきません。

犬を、いえ動物を飼う全ての人に見てほしいです。

最期まで責任をとるのは飼い主の義務です。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ロッテンマイヤ―さん | トップページ | 本日発売「北方ジャーナル10月号」 »

コメント

こんばんわ。がまんできずにまたオジャマしました。
しっぽレポート、読みました。
本当にひどい。ワタシさんと同じく怒りしか出てきません。
本当は言いたい事が山ほどあっても、その言葉をかけることすらもったいない。
「飼い主」とも言いたくない。

「治療代が払えないから(モッタイナイカラ)」という理由で
保健所に連れて来る人もいると聞きます(怒)

ひどい状態を一目見ただけでも心が痛む人もいっぱいいるのに
なんで、一番傍にいたはずの人間が平気なのか・・・
しかも、そんな人間が今までも、現在も何人もいるなんて。

この2匹にはなんて言ってあげたらいいんでしょう?
同じ人間として、申し訳ないし恥ずかしいですね。
これからの幸せを願うしかできません(;-;)

やりきれない・・と、諦めてしまってはオワリですもんね。
ワタシさんのブログにも刺激を受けながら
動物達が辛い目にあわないために、自分のできることを
それぞれが行動するしかないですよね。

投稿: nonchi* | 2010年9月16日 (木) 01時47分

nonchi*さん、こんにちは。

本当に、どうしてこんなひどいことができるんでしょうね。

ワタシも前に「犬が交通事故にあったから」と
保健所に連れてきた人の話を聞いたことがあります。
狂ってますよ…(毒)

そーいう人がどうして動物を飼うのかが
不思議で仕方ないです。

飼う=責任をもつ=お金がかかるのは当然。
お金を使いたくないなら最初から飼わなきゃいいのに。

ある意味、可哀想な人ですよね。
一緒に暮らす動物すら愛せないんですから。
いつか同じ目にあうんでしょうね(毒)

投稿: ワタシ | 2010年9月16日 (木) 16時22分

こんにちは。はじめまして。

いつも拝見させて頂いていましたが今回初めてコメントさせていただきます。

ひどい病気のワンちゃん…愕然としました。
なぜ人間はここまで鬼になれるのでしょうか!
自分も同じ人間なんだ…と恥ずかしく思い本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

どうにかならないのでしょうか…。
その内必ず私たち(人間)にこのツケが回ってくると思ってます。

うまく伝えられなくてごめんなさい。

ペットショップの利用をやめたり、団体に寄付したり、お友達や同僚に触れ回ったりと私なりに努力してきているつもりですがまだまだ足りない…。

ん~っ。もどかしいです。


投稿: スタンプー♪ | 2010年9月17日 (金) 12時59分

スタンプー♪さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

捨てた人だって、もともとは好きだから飼ったんだと思うんですけどね。
どうしてこうなってしまうんでしょう。。。

地道に伝え続けるしかできないんですから
もどかしいですよね、ホント。

親戚に大物政治家でもいれば話はちがうのに(笑)


あきらめずに続けていきましょうね^^

投稿: ワタシ | 2010年9月17日 (金) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロッテンマイヤ―さん | トップページ | 本日発売「北方ジャーナル10月号」 »