« 本日発売「北方ジャーナル10月号」 | トップページ | 本日発売「犬を殺すのは誰か ペット流通の闇」 »

2010年9月16日 (木)

北方ジャーナル10月号の感想

読後の興奮冷めやらぬうちに書いてしまった
昨日のブログ記事 ^^;

テンテン社長インタビューは
落ち着いて読み返してみても
やっぱりすごい内容だと思いました。

ワタシは何人かの業界関係者から
「テンテンはまだマシ。あとの道内大手2社はもっと酷い」
と、聞いたことがありますが
この記事を読んだ印象だと、なんだかそれもうなづけます。

だって、こんなに馬鹿(…失礼)正直に答えてしまう社長、
極悪人とは考えにくい。(そういう作戦だったら怖いけど。笑)

ただ・・・

―何にせよ、陳列販売しているショップからは
  「命を扱っている」という自覚が見えません。(北方ジャーナル10月号より)


記者さんからここまでストレートに言われると
こうとしか答えようがないのかもしれませんけどね^^; お気の毒に(笑)

仕入れについて隠し続けるには限界があります。
こんなブログにだってシマヤがパピーミルだってことを
書かれてるわけですしね。

遺伝性疾患についても同様です。
今後はますますいろんなことが明らかになるでしょうから
なおのこと。

社長のコメントは見方によっては賢明だったかもしれません。

ワタシは心の底から
生体展示販売のペットショップが全滅してくれることを願っていますが、
現状を考えれば・・・たぶん今の日本でそれは不可能なんでしょうね。

“行政機関は、概して「民業圧迫」「営業妨害」という言葉に弱いものだ。”

山下さんが記事中でこう書いていらっしゃるように、
何万人にもなるであろう生体展示販売に関連する企業の従事者を
国が犬ねこのために「失業者」にするわけがありません。

ワタシの望むカタチとは違いますが、
まずは、時代に合わせて最低限の基準の底上げをしていくことも
不幸な命を減らすために必要なプロセスです。


ここは無責任な悪態ブログですから
今後も好き勝手、思うままに書かせてもらいますけど、
テンテン樋原社長にはインタビューの最後にある通り
責任をもってしっかり改革してほしい
、と心の底から願っています。
(言い訳ばっかりしてないでさ…爆)

もし、テンテンがこれまでのペットショップの非を全面的に認めた上で
改善して、それでも売り上げを伸ばせたら?

“最悪”と言われる他の2社も、追随せざるを得なくなりますよね。



そのためにまず必要なことは

 ・私達飼い主が、買い物をする店を選ぶこと
 (生体展示販売をしているペットショップでは何も買わない)

 ・周囲の方にもこの記事の内容を伝えること
 (テンテンをはじめとするペットショップでは、仕入れの大部分を
  向上心・向学心のないパピーミルに頼っている。
  また9月号の記事には、道内ブリーダーのコメントとして、
  繁殖屋は1頭のメスに5回も6回も出産させ、
  お役御免になったら殺すのも当然、と書かれている)

この2つ、かと思います^^

テンテンがいつか生体展示販売をやめたら、
フードとオヤツを買ってあげてもいいかもw ←上から

今後もキビしく監視させていただきますね(一部引用。小笑)

ペットハウステン・テン出身、富良野shimaya犬舎の
遺伝性疾患を持つ犬の飼い主の一人として。


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 本日発売「北方ジャーナル10月号」 | トップページ | 本日発売「犬を殺すのは誰か ペット流通の闇」 »

コメント

まだ読んでませんが(^_^;)
その正直者のふりをしてるテンテンに
白いダックスが売られていたというじゃないですか!
白いダックスはカラーダックス製造繁殖屋すら
恐ろしがっているカラーなのに、
それを仕入れて店頭に並べたとはもはや犯罪。
何を発言してようが到底信じられないですよ。

投稿: eriboo | 2010年9月17日 (金) 06時55分

eribooさん、こんにちは。

いい情報をありがとうございます。
ワタシのツボに入りました。
ブログ記事のほうで書かせてください^^うしし。

ちなみに、記事を読めばわかりますが、社長はかなり正直だと思いますよ。
向上心や向学心がないパピーミルが仕入れの大半であること、
自分たちに問題があることを
あっさり認めてるんですから(爆)
ま、それだけでもかなり貴重ですよね。
ただの開き直り、ともいいますけど^^;

投稿: ワタシ | 2010年9月17日 (金) 09時58分

こんにちは! 今回は発売日にしっかり購入して、読みました(^_^)v

ホントに素晴らしいツッコミをしてくれる記者さんに天晴れ(^◇^)┛ 記者というより、命を救いたい気持ちを持つ人達の代弁して質問してくれてるなぁ!!と感じました。だってテンテンオーナーはもちろん、管理センター長にもズバズバと…気持ちいい(笑)


実際に書いてある通りなら、我が子が病気だと知って大きな悲しみに直面する飼い主はいないはず!そして、生後8週齢以降の販売でニーズにあわなくても一番可愛くない状態で飼おうとする人が、まともな飼い主だと思うんだけど…どうなんでしょうね~?リスクあっても、他の大手2社を引き離すチャンスかもしれないよ!テンテンさん( ̄∀ ̄)?
なんて思ってました。 できれば記者さんにはランドおやじにもズバズバ言ってほしいです(笑)
また特集してくれるのかな~?
ただ、くれぐれも命だけはお大事にして下さいね!!と思います(苦笑)

投稿: みなみな | 2010年9月17日 (金) 14時26分

みなみなさん、こんにちは。

おぉ、さっそく買いましたか^^
今回のインタビュー、読むとニヤニヤしちゃいますよね。
ワタシも参戦したかったなぁ(笑)

>可愛くない状態で飼おうとする人が、まともな飼い主

まーったくその通りですよ。
売りたいほうが先にたってるから、
可愛い時期じゃないとって理屈になる。
だから
「陳列販売のショップからは命を扱ってる自覚が見えない」って
言われるんですよね(爆)

ぜひ読んでみたいですよね、ランド版w
次回に期待しましょー^^

反響があればきっとまた特集してくれるにちがいないです。
たくさん買わなきゃ(笑)

投稿: ワタシ | 2010年9月17日 (金) 18時49分

このような記事があることを、初めて知りました。
ぜひ、書店にて探して読みたいと思いました。
この社長の知り合いの繁殖屋を知ってますが、信じられぬ発言を聞き、見せかけは善良ブリーダーでしたが、実際は、あぁやっぱり繁殖屋だったのね…と確信しました。

語彙力のない私が言いたかったことをワタシさんがズバ!っとわかりやすく書いてくださって助かります(なんか、変な表現ですが)

自分も、明日のわんのために、できることはしよう!と思いましたよ。

投稿: hiropuri | 2010年9月23日 (木) 10時02分

hiropuriさん、こんにちは。

この特集、本当に貴重ですからぜひ読んでください^^
保存版です。

その繁殖屋さん、
ペットショップに犬を卸す=安値で取引している、と考えると
犬にとって善良かどうかはやっぱり疑問です。。。

いろいろありがとうございます^^
素直にうれしいです。今後もお互い、あきらめず
できることをしていきましょうね。

投稿: ワタシ | 2010年9月23日 (木) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日発売「北方ジャーナル10月号」 | トップページ | 本日発売「犬を殺すのは誰か ペット流通の闇」 »