« 『北方ジャーナル』9月号のこと2 | トップページ | 愛護活動って・・・ »

2010年8月18日 (水)

the cove

きゃー、見てきちゃいました^^;
the cove

盛り上がっているにちがいない!と
無理やり早起きして行って、なんと1番乗り(汗)

しかし、着席しても人はまばらでちょっとがっかり。

どんな目線で描かれているかは別にしても
何か起きているかを知る必要はあるし、
また、どう描かれているかも興味はあるので観たんですが。


感想としては…
ワタシにはやや消化の難しい映画でした(笑)

公式サイトの「賛否両論!コメント」に
ほぼ同意見を発見。
(日本大学総合科学研究所教授 高木美也子氏による)

“製作者に賛同もできないし、捕獲を援護することもない”

まさにそれでした。

入江に追い込まれたイルカが
まるでショーで芸をするかのようにジャンプして、クルクル回りながら
死んでいく姿は残酷としか言いようがありません。
映画だから凝視できるのであって、
あれを実際に見ることはワタシには耐えられません。

 トサツ全般については、私自身は
 動物であれ植物であれ、食べるために他者の命を奪うのは
 生きる上の必要な行為、
 でも、無駄に殺すとなれば話は別。
 なにより命に敬意を払った殺し方・食べ方を、という考えです。

 単純に“効率”をもちこむのは人間の傲慢に思えて仕方ないし、
 それが自分から見えない場所で行われているなら
 目をつぶるというのも納得いきません。
 (“畜生よりも人間の生活”という
 現在の日本の考えの主流とは合わないかもしれませんが)

和歌山県太地町の実際がどうかはわかりませんが、
少なくともあの映像からは、ワタシには
命への敬意は感じ取れませんでした…。

しまいには
漁師さんたちが、犬の首をひねる繁殖業者と重なってみえてきたりして…
(ちょっと病気ですね、ははは。苦)

一方、製作者側については…

昨日のブログに書いたこととかぶりますけど
正義を振りかざし~に見えました(苦笑)

劇中音楽はoceans11の曲、
エンディングテーマはDavid Bowieの“Heroes”

この映画に“we can be heroes”は痛すぎる…(注:David Bowieは愛しています)

ただ、この曲の出だしの歌詞は

I I wish you could swim
Like the dolphins
Like dolphins can swim…

そう、イルカが出てきてたんですね。

なるほど…

なるほど…

でも…何か鼻につくのは…ナゼ?

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 『北方ジャーナル』9月号のこと2 | トップページ | 愛護活動って・・・ »

コメント

どっちもどっちと言うところですが、正直難しい問題ですね。

同じ愛護・福祉でもペットと家畜では「命」と言う点での生涯は違うものがあります。

只、矢張り同じ屠殺でも、虐待的屠殺は明らかに愛護違反です。

所で私のブログの犬ですが、お分かりだと思いますが、決して心地良いブログではありませんよ。

動物のみのブログ「アイとソランの二人語と」(goo)
これは月1~2回しか更新していません。
毎日2回更新しているのは「歩世亜のつぶやき」(infoseek)です。 
可也厳しい事も書く事がありますので、批判も在ります。

もしよければお立ち寄り下さい。 (検索すると出てきます。)

これからもよろしくです!

投稿: 影の住人 | 2010年8月19日 (木) 21時52分

突然の余談ですが・・昔、昔の1776年頃、当時のアメリカは大西洋の鯨を獲りつくしてしまい、捕鯨のために日本近海に来たのが、あの黒船来航の始まりなんです。当時のアメリカは鯨油(照明や機械油に・・)のために世界一の捕鯨大国だったそうです・・食用ではなかったようです・・。ウチは、その映画は観ていません、でも和歌山では昔から・・、というのは知っています・・ネット上でも見たことがあります。食文化というのは、国が変われば全然違うものです・・ある国では、犬や猫だって・・。タコは悪魔だ・・、といって食べない国もあります。考えてみれば、日本人って何でも食べますね・・。

投稿: モスビーの家 | 2010年8月22日 (日) 10時19分

影の住人さん、こんにちは。

本当に・・・どちら側にも共感しきれない映画でした。
もう少しフラットに描いてくれていたらよかったなぁと思うんですけどね。
あの自分大好きな演出は、日本人の感覚からは受け入れがたいような気がしました。

ブログのお知らせありがとうございました。
gooのほうは、ときどき読み逃げさせていただいておりました。(すみません。笑)
あちらがそうだったんですねー、まったく気づいていませんでした。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
いろいろ教えてください^^

投稿: ワタシ | 2010年8月23日 (月) 10時50分

モスビーの家さん、こんにちは。

和歌山でのイルカ漁自体、私は全然知りませんでした。
(実際がどうかは知りませんが)劇中で、
「イルカの肉を鯨と偽って、スーパーで販売している」という内容がありました。
やっぱり「イルカ肉」じゃ・・・売れないですよね。
食文化の問題は難しいです。宗教まで絡んできますしね・・・。

投稿: ワタシ | 2010年8月23日 (月) 10時51分

まず皆さんコチラをご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=WISSbRRoTPo

問題になっている、シー・シェパードのテロ活動や「The Cove」の偽善的かつ違法な表現方法に反論し、世界に向けて発言している若者の動画です。

私は個人的に、白人文化の押し付け価値観に対して異を唱えた、という彼のメッセージに共感を覚え、紹介させていただきます。

日本人として、無関心ではいられないこの問題に対して発言しているこの動画をぜひ皆さんも広めてください。

コメ欄汚しでしたら削除してください。
失礼いたしました。

投稿: イルカ大好き | 2010年9月12日 (日) 18時15分

イルカ大好きさん、はじめまして。

拝見してきました。

が、ワタシをはじめたいていの日本人の場合
あの歌詞を詳細には把握できないと思うんですよ(苦笑)

もし広めたいのでしたら、せっかくですから
ブログが何かででも
あの歌詞の訳をのせるといいんじゃないかなと思いました。

ぜひ継続して訴えてください。
一人でも多くの人に、いろんなことに
関心をもってもらいたいですよね。

投稿: ワタシ | 2010年9月12日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『北方ジャーナル』9月号のこと2 | トップページ | 愛護活動って・・・ »