« 愛護気分? | トップページ | 犬に納豆 »

2010年8月26日 (木)

イルカと水族館

先日「the cove」を観たあとでこんな記事発見。
興味のある方はぜひどうぞ。

日経WOMAN Online
短期連載
 川端 裕人の“かわいい”だけじゃすまない イルカの話
 

  ◆ 8/4 かわいいイルカ、獲っていいですか 

  ◆ 8/18 「耐久消費財」のイルカを見に行く?
 
  ◆ 8/25 水銀汚染のイルカ肉、食べても大丈夫?




人間の情操教育のために
野生動物を展示する必要があるのか-

動物園も水族館もワタシにとっては元々微妙な存在でしたが
「the cove」を観たあとには、さらにその疑問が強くなりました。

水族館のイルカがああして捕獲されていたことも、
その選別にもれたイルカたちが
ああいう殺され方
食用になっていることも知らなかったので…。

(“ああして”とか“ああいう”とかは映画でご確認ください)

で、「the cove」を観た直後に訪れたのは、実は小樽水族館。
(こんな奇行の発案者はワタシではありません。笑)

この映画を観たあとにイルカショーを観るとどういう気持ちになるのか
体験してみたかったんです。

しかし幸か不幸か、大人気のイルカショーは満員のため入場できず、
代わりに観たのはトドの餌やりと
水族館で喜び、はしゃぐ人々。

子どもは無邪気でいいですね…

しかし、大人たちは別。

水族館の意義について考えてほしいとまでは思わないけど
せめて【フラッシュ禁止】くらい守れないんでしょーか。
ストレスがかかるとか配慮もできないのはナゼ?
別に魚なんてどーでもいい?それ見て喜んでるくせに(毒)

結局はなーんにも考えてない…っと失礼、
ペットショップで子犬をみて喜んでるのと同じなんですね。

うー…またしてもがっかりorz

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 愛護気分? | トップページ | 犬に納豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛護気分? | トップページ | 犬に納豆 »