« the cove | トップページ | 遺伝病の因子について »

2010年8月20日 (金)

愛護活動って・・・

愛護活動って、動物たちを世話することだけじゃありませんよね。


「しっぽの会」は本当にすごいと思うんです。

しっぽレポートをみてください。

今日、無事にイベントが終了しました。
片付けで大変だったはずなのに、さっそく報告がアップされています。

で、その下、8月18日のレポートは・・・
痛々しい姿のマルチーズ「ポテト」と「サラダ」の写真が。

この記事の内容、いつものしっぽレポートよりも長いですが
ぜひ読んでください。

同じ場所に日をかえて犬を捨て続ける犯罪者を
ワタシは呪ってやることくらいしかできませんでしたが
8月11日茨戸のマルチーズ

しっぽの会は警察に連絡したそうです。

それもイベントの真っ最中の、忙しいさなかに。



私達にも何かできることはないのでしょうか。




「札幌市北区茨戸」近郊にお住まいの方、
またはお近くを通りかかることがありましたら、
犬を捨てている車がいないか、ちょっとだけ気をつけて
周りをみてみてください。


またこの周辺にマルチーズの繁殖屋があったら
ぜひ教えてください^^




*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« the cove | トップページ | 遺伝病の因子について »

コメント

先日伺いましたnoraです。
捨て犬・捨て猫への刑罰がゆる過ぎると思います。
動物虐待も然りです。
飼えないからといって安易に捨てる人間が、再び飼える状況になったからとペットを購入する事ができる国。
子猫や子犬の時期だけを愛でて、成犬になると鎖に繋がれたまま散歩もして貰えない。
尿が臭いからと、野良猫の駆除を要請し、殺す事に平気な人達が庭の花々を、草木の生命を大切にする。
飼い主が亡くなると、当然のように保健所に持ち込まれるペット達を「殉じる事ができて幸せだ」と思う感覚・・
信じられない事ばかりです。

しっぽの会などの愛護活動を、市民レベルの応援ではなくて地方自治体が積極的に支援してくれたら・・・・
個人では、できる事に限度があります。
犬猫好きが知られると、それにつけ込む輩もいます。
物置や車庫に捨てられるのは日常茶飯事、ピンポンダッシュで玄関に捨てていかれた事もありました。
本当に辛いです。

>ワタシは呪ってやることくらいしかできませんでしたが

私は、ペット先進国の海外から圧力がかからないかなーって、いつも願っています(笑)
不況が長引けば、長引くほど、ペット達の受難の時代は続きます。
一人一人が、『命』について、もっと深く考えて欲しいと思います。

なんだか、今日も愚痴ってしまいました。
長々とすみません。

投稿: nora | 2010年8月20日 (金) 14時57分

真っ黒になってるシーズー(8/15茨戸)の札幌動物保護管理センターでの画像見つけました・・すっごい真っ黒だね・・なんとも惨い・・言葉が出ないです・・・。ウチのブログでも載せてみます。

投稿: モス | 2010年8月22日 (日) 10時41分

noraさん、こんにちは。

今の日本はまだまだ小さな命よりも人間の生活の安定を重視してますから、
その価値観が変らない限り、本質的な改善はないんだと思います。
だから、せめて言い逃れできないように、
多少でも追い込むことができないかなーと思うんです。

そうですね、団体の愛護活動を
自治体が積極的に支援してくれたらいいなとは思うんですが、結局は人対人。
そう簡単にいかないのもよくわかります。
愛護に取り組む人が全て、いろんな意味で大丈夫かというと
決してそうでもなかったりします(苦笑)
活動する側も信頼してもらえるように、バランスよく活動を継続させ
実績を作って協力していくことが必要だと思うんですよ^^

こういう活動をしていると、
人間不信になりそうなこともありますよね。
でも尊敬できる人との出会いは、それをはるかに上回ります。

焦らず、ゆっくりやっていきましょう^^
またいつでもどうぞ。

投稿: ワタシ | 2010年8月23日 (月) 11時06分

モスさん(・・・省略ver.ですね。笑)、
ブログでもご紹介ありがとうございました。

どうしたら一人でも多くの人が
こうした犬たちが特別珍しい存在ではない、と
知ってくれるのでしょうね。

何にも知らない、知ろうともしない人には
“犬好き”を語ってほしくないと思ってしまいます。

投稿: ワタシ | 2010年8月23日 (月) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« the cove | トップページ | 遺伝病の因子について »