« PRA(進行性網膜委縮)のこと | トップページ | 8月7日付北海道新聞から、とりとめのない話まで… »

2010年8月 7日 (土)

購入した犬が先天性の疾患を持っていた場合

ペットショップから購入した子犬が
病院で獣医師から「先天性の病気ですね」と言われた、とします。

飼い主がショップにクレームを入れ、
子犬をほかの子犬と変更(もしくは返金)してもらったら・・・

そのあと、子犬はどうなるかわかりますか?

ショップは病院で診断書をもらい
その診断書を元にパピーミル(ブリーダー)にクレームをいれ、
子犬を返品。
支払ったお金をパピーミルから返金してもらいます。

パピーミルに戻された犬は・・・

もちろん処分です。


それぞれのショップ・ブリーダーで多少異なるのかもしれませんが
ワタシが情報を提供してもらっている元業界関係者(道内)からは
こう聞いています。

売れ残った子犬にせよ、病気で返品された子犬にせよ
表向きは
「お店で可愛がりますよ」とか言うんでしょうか。

でも、本当にそんなことをしていたら
あっという間にショップは潰れます。

ようするに、非情な経営者ほど生き残れるし、
店を大きくすることもできるわけです・・・よね(笑)

一度家族として迎え入れたのなら
どんなことがあっても、最期まで面倒をみるのが情というもの。
自分が無知で、考え不足から
ペットショップからの購入を選んだのならなおさら、
最期まで責任をとるべきだと思いますが。

それでも、たとえ悪あがきでも
店にクレームはつけておきたいところですね。

こうした経験談、いつでも大募集です。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« PRA(進行性網膜委縮)のこと | トップページ | 8月7日付北海道新聞から、とりとめのない話まで… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PRA(進行性網膜委縮)のこと | トップページ | 8月7日付北海道新聞から、とりとめのない話まで… »