« 絞首刑 | トップページ | 学長犬はなちゃんのこと »

2010年8月30日 (月)

ペットショップ(生体展示販売)は必要ですか?

世の中から生体展示販売のペットショップがなくなって、
全てのブリーダーが
遺伝・病理、血統について学んだ上で
繁殖犬には遺伝子検査を受けさせ、
生まれた子犬は2カ月を過ぎてから引き渡し、
リタイア犬をすべて終生飼養 
それが実現できれば
日本の犬はどれだけ幸せになれるでしょう。

そんなのはありえない、不可能なことだと笑うのは自由。

でもとりあえず、
自分にできることからやってみるだけでもいいですよね。

保健所にいる犬が可哀想と思いながらも
愛護活動はできない…とやや後ろめたい気持ちを抱えている人も
少なくないかもしれませんけど、
全くそんな必要はありません。

まずは、生体展示販売を行っているペットショップの利用を
やめてみませんか。
(フード、シーツ、オヤツの購入や、トリミング等です)
それだけでも充分です。

ご自身の意思を行動に反映させてください。
おねがいします。

一人ひとりの方が考えを変えてくれなければ
愛護活動に終わりはないのですから。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 絞首刑 | トップページ | 学長犬はなちゃんのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絞首刑 | トップページ | 学長犬はなちゃんのこと »