« 愛護活動って・・・ | トップページ | Hello,Again »

2010年8月22日 (日)

遺伝病の因子について

許可いただきましたので、リンクします。

【ワンちゃんの遺伝病の因子って?】

 保有率・発症犬種 http://www.bioslab.co.jp/research/8/ruiseki.html

 遺伝病の症状   http://www.bioslab.co.jp/research/8/disease.html

バイオス医科学研究所が発表した2010年7月28日現在の
遺伝病の因子に関するデータです。
(これが現時点で検査可能な遺伝病の全て、ということではありません)

リンク先の上部テキストには
ミニチュアダックスは約73パーセント
トイプードルでは約36パーセントが
PRA(進行性網膜萎縮症)の原因遺伝子を保有している

と書かれています。

これが次世代のダックスとトイプードルに
どれほど恐ろしいリスクを背負わせているか、わかりますか?

繁殖犬にPRA等の遺伝子検査を行った上で
子犬を販売しているブリーダーはいます。
(というか、遺伝病検査を行っていることが
 シリアスブリーダーの条件の一つだと思ってください)

では、生体展示販売を行っているペットショップではどうでしょう?
店員さんに聞いてみてください、
 「この子犬はPRAを発症しませんか?
  繁殖犬は遺伝病の検査をしていますか?」

ペットショップの場合、
購入時点では血統書すら受け取れないのが普通です。

「親犬のことは一切わかりません」
そう言われて終わりでしょう。


知識のない消費者
それを利用する販売側・生産側

その悪循環で増やされる犠牲は小さい命たちです。

多くの人がどこで犬を買う(飼う)かをしっかり考えてくれたら
こうした遺伝病を発症する犬は確実に減らせるのです。

「遺伝病の犬が見たければ日本へ行け」
海外のブリーダーから、
日本の犬業界がこう揶揄されている現実を知っていますか?

遺伝病がここまで広がった原因として、
何も知識を持とうとしない
私達一般の飼い主の責任はどのくらいあるのでしょう。

予防可能なことです。
だから、もっと多くの人に知ってもらう必要があるんです。

一人でも多くの方に広めませんか^^
ブログ等で遺伝病についてふれてください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 愛護活動って・・・ | トップページ | Hello,Again »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛護活動って・・・ | トップページ | Hello,Again »