« アレルギーとねこ | トップページ | キャ、キャバリアがー »

2010年6月16日 (水)

子ねこの話

コメントのレスにも書きましたが
生まれたばかりの子ねこを繰り返し
保健所に連れてくる人の話っていうのはよく聞きます。

不妊手術をすれば済むことですが、
手術にはお金がかかります。

でも、子ねこを保健所に“捨てにいく”のはタダ。
(札幌の場合)
だったら生まれるたびに“捨てたほうがいい”と
いうことでしょうかね。

捨てる=殺すだということを実感できていないのか、
心底子ねこの命くらいはなんとも思っていないのか、
繰り返す人の真意は図りかねます。

かなり前にこのブログにも書きましたが、ウチの祖父がそうだったんですよね…。

外飼いしていた犬が出産するたびに(たぶん2回)
子犬を保健所に連れていっていたことはなんとなく記憶に残っています。

そのあげく、親犬まで保健所行き。

ワタシが幼稚園くらいのことだったので
はっきりとは覚えていないんですが
でもこれが、ワタシの原体験となったのは確かです。

祖父が生きていれば90歳くらい。
戦争を経験して、
自分たちが生きることに精いっぱいだった時代に
生きた人たちの“命”の感覚というのは、
あきらかに私達とは異なります。
(もちろんそうじゃないお年寄りもたくさんいます)

でも、今は今。
繰り返し、生まれた子ねこを保健所に連れていくのは
人として恥ずかしいことだと知ってほしい。

で、そういう人に限って
なんでもかんでも“仕方ない”と言うんですけど
“全然仕方なくない”ってこと誰か教えてあげてください(苦)

以前、『ただのいぬ。』の作者である服部さんに
「次に“ただのねこ。”作らないんですか」と聞いたら

「ねこの現状は犬の比じゃないくらいひどい。
 ねこもやりたいんだけど、問題が難しすぎて
 犬のように解決策が導けない」

と言うようなことをおっしゃっていました。

ねこの殺処分を減らすのは、かなり遠い道のりなのかもしれません。

でも、できることはありますよね。
飼いねこには不妊手術をしてください。

飼い主さんにとっては
可愛い我がコから生まれた子ねこは特別かもしれません。
でも、その子ねこが生まれなければ、
ほかの子ねこが助かるかもしれないのです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« アレルギーとねこ | トップページ | キャ、キャバリアがー »

コメント

紛れもなく、猫好き人間の代表です。
しかも動物アレルギーなのに共存し、特にウチの子には耐性ができてます(^_^)vわりとこのパターンの人多いですね(笑)

そう、猫の扱いって犬とは格が違うんですよね(T_T)
そして理解できないのが、去勢避妊手術を拒む理由!!
(犬の飼い主にもいますが)健康体に傷をつけるなんてできない・手術で死んだら困る…まぁこの辺までは仕方ないし説得の余地あり!
問題はコレ→自然の摂理に人間が関わってはいけない(怪しい宗教者か?)とか、『野良や家飼いの子に去勢避妊したら最後は猫がいなくなる!絶滅する!』と言う人がいるのが現実。
そしてコレをほざく人間があろうことか我が旦那デス。この話をし始めると殺意も芽生えるし、本気で捨てようと思います(;`皿´)←前に捨てたいと話した原因だったり(>_<)


この種の保存などに関しては、よ~く考えれば遺せるのわかりますよね?
野良猫を作らず完全室内飼いであり、必ず飼い主が責任持って自分が飼う・里親が決まっているなら繁殖してもかまわない。
管理されてれば良いという事を説明しても全く理解を示さない人が多いんです。ちなみに旦那は犬の去勢避妊は理解を示してます…そしてしっぽの会とか会報誌も読んでるのに…わからない(-"-;)


猫に関してはなぜか野生動物扱いの人間が多くて(特に猫好き)…そのため多くの不幸が積み重なってるんですよね…どうしたら説得できるのか?試行錯誤しています(-.-;)

投稿: みなみな | 2010年6月16日 (水) 16時53分

猫の問題飼い主は、犬以上に多頭飼いが殆どと言うのと、矢張り年配者が多いのも要因かも知れません。

味方するわけでは在りませんが、管理センターでも、明らかな野良猫でも決して自ら捕獲をしません。 市民が捕獲して連れて来るい外は捕獲しませんね。
法律的にも在りますが、それより、センターに来たら100%処分になるからですよ。

猫のアレルギーは結構多いみたいで、此の手の不幸も耐えないみたいですね。

身近な動物では一番多いのはモルモットでペットとしては筆頭で、以前アレルギーで飼えなくなったモルを引き取った事もあります。

猫の保護活動目立ちませんが結構個人的に行って居る方達は居るのですよ。多分犬の保護よりも多いかもしれませんん。

只、それだけ追いついていないと言う事でしょうね。

何か、全てが悲し過ぎですね。

投稿: 影の住人 | 2010年6月16日 (水) 20時08分

みなみなさん、こんにちは。
猫好き代表コメントありがとうございます^^

動物アレルギーだったんですか?
あんなにたくさんファミリーたちがいるのに…びっくり。
(それで動物の仕事をしていたのも、さらにびっくり。笑)

そうですね、飼い主さんにアレルギーがあっても
こまめにシャンプーして乗り越えてる人も
けっこういますよね。
ワタシもねこの耐性できるように、がんばります(?笑)

ご家庭の事情まで…ありがとうございます(苦笑)
(ワタシも似たような経験をしたことがあります。爆)

理由はそれぞれですけど、不妊手術反対派には
男の人が多いですよね^^;

>猫に関してはなぜか野生動物扱いの人間が多くて(特に猫好き)…

なるほど、そういうことなんですか…。知りませんでした。

野生だろうと、人間に飼われていようとも、
無駄に殺すくらいなら
最初からコントロールしたほうがいいですよね。

種をコントロールするなんて
人間って傲慢だなと思いますけど、
増えすぎたからと無駄に殺すほうがもっともっと傲慢ですもん。
ベストではないかもしれないけど
ベターで犠牲を減らしたいですね。

投稿: ワタシ | 2010年6月17日 (木) 13時05分

影の住人さん、こんにちは。

>味方するわけでは在りませんが、管理センターでも、
明らかな野良猫でも決して自ら捕獲をしません。

はい、その辺は理解してるつもりです^^
(センターにもいい職員さんはいらっしゃいますし^^
 ワタシはときにはセンターの味方をします。笑)

犬の場合の狂犬病予防法的なものがないので、
猫は捕獲の必要はないですものね。

警察経由とか、通報(駆除依頼)もありますよね。
野良猫の数匹くらい、近所にいたっていいじゃないと思うんですけどね…。


モルモットのことは全く知りませんでした。
ケージ飼いですよね、多少頑張ればアレルギーでも飼えそうですよね…
カメとかハムスターもそうですけど
やっぱり責任をもってほしいですね。

ねこの保護活動のボラ募集がよく『ボラナビ』に載ってますよね。
猫が好きだけど自分では引き取れない、という方は
そうしたところにお手伝いに行くのもいいですね。

>何か、全てが悲し過ぎですね。

確かに…。でも、捨てるのも救えるのも人間です。
(捨てるとか救うとか、それ自体も勝手な話ではありますが)
影の住人さん初め、このブログにコメントをくれるような人たちが
いることが、ワタシにはうれしいです^^

投稿: ワタシ | 2010年6月17日 (木) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アレルギーとねこ | トップページ | キャ、キャバリアがー »