« AERA「犬に優しい自治体はどこか」 | トップページ | 子ねこの話 »

2010年6月15日 (火)

アレルギーとねこ

鼻水ずるずる、
目もかゆくなってきました。。。

そう、毎年恒例の花粉症。
ワタシの場合はイネ科がダメです。

オオアワガエリとか、カモガヤとかハルガヤとか
とにかくその辺にうじゃうじゃ生えてるのをみると
全部引っこ抜いてやろうかと思ってしまいます(涙)

毎年「体質が変わって、今年こそ克服できてるかも!」と
思うんですけど
かれこれ15年くらい、期待は裏切られ続けています(爆)

その他ダメなのがハウスダスト。
ちょっと埃っぽいとすぐに鼻水たらり。

あとは猫さん…
それほどひどいタイプじゃないんですけど
猫をさわったあとに自分の目を触ると、とたんに真っ赤。

猫も可愛いと思うんですけどね、
これを克服しないかぎりは飼えないでしょうね。


現在、札幌市動物管理センターには
たくさん子ねこが収容されています。
ねこ好きの方、ぜひお友達にお知らせしてください^^

生後1カ月以降はこうして生かしておいてもらえますが
生後まもなくの場合は即処分されます。
(定期的にミルクをあげる必要があり、手がかかるからです)

子ねこを捨てる方には、せめて
猫が一人立ちできるようになってからにしてほしいものです。

…っていうか、不妊手術くらいしましょうよorz
札幌市の殺処分の大半は生後まもない子ねこだそうです。
どこの自治体もみな同じでしょうね。

以前、ゴミ収集の仕事をされている方から
「ゴミ袋が動いている、と思ったら子ねこだった」と聞きました。

そいえば、友達の猫も、段ボールに入って捨てられてたんですよね。

どーしてそんなひどいことができるんでしょう?

子ねこをゴミか何かと勘違いしている野蛮人が
まだまだ世の中にはたくさんいるんでしょうか。
困ったものです…

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« AERA「犬に優しい自治体はどこか」 | トップページ | 子ねこの話 »

コメント

あぁ~私も花粉症です。私は樺科がダメで、白樺はモチロン
ハンノキや、リンゴ・サクランボの果物まで・・・(=TT=)
ツライですよね。病院の薬も効果薄いです。

生後間もない子猫の処分が多いと知って、驚きました・・・。
一番可愛い盛りに・・・手間がかかるからと・・衝撃です。
ゴミ袋に生きた猫を・・・信じられません。全く(怒)

あ。↓下記のAERA・・・見つけられず。
本屋さんを見ると立ち寄っています(^^;)

投稿: じんべ | 2010年6月15日 (火) 19時12分

私も猫アレルギーでくしゃみ鼻水が止まらなくなるので猫ちゃんとは親しくなれないのですが、どうして猫がこんなにあふれているのか不思議でたまりません。
猫のブログは大人気、猫グッズも大人気
CMにも猫、猫カフェ、鍋猫やら猫の駅長まで
猫好きがどんだけこの世にいるんだろうと思うのに
どうして猫がこれほどまであふれているのか・・・
猫好きの方に理由をお聞きしたいです。

投稿: eriboo | 2010年6月16日 (水) 06時23分

じんべさん、こんにちは。

えー!果物にも反応するんですか?
リンゴもサクランボも大好きだったら悲しいですね…
(嫌いだったら関係ないですけど^^;)

子ねこ多いんですよ。
野良猫も普通はなかなか捕まらないですけど
子ねこはたやすいですし、
あとは生まれたばかりの子ねこを繰り返し持ってくるとか
そんな話もよく聞きます。

職員さんの人数は限られていて
つきっきりで子ねこの世話はできないので
早めに処分する、というのも一つの思いやりなのかもしれません(苦)
厳しい現実ですねorz

AERA、札幌は今日発売ですよ~^^

投稿: ワタシ | 2010年6月16日 (水) 11時37分

eribooさん、こんにちは。

ねこさん、難しいんですよ。
ワタシは全然詳しくないので、勝手な憶測含めですが…

犬の場合は狂犬病予防法があるので
その辺をうろついているとすぐ捕獲されるけど
ねこはそうではないですよね。

捕獲されない→増える わけです。
犬以上に繁殖力も生命力も強いから
野良でも十分生きていけますし。

冬の厳しい北海道に住む私達にとっては
ちょっと実感が薄いですけど、
ときどきテレビでみる
本州の港町あたりに住みついている数といったら
半端ないですよね。

増えすぎれば一部の人にとっては“害獣”となり
“ねこの命を大切にしましょう”という言葉の説得力は
限りなく意味がない状態になる。

大事にしたいけど、増えすぎれば
天敵がいない分、どこかで調整が必要になるでしょう。。。

数が増えすぎた本州の場合は厳しいですが、
冬に淘汰される北海道の場合は
不妊手術でかなりコントロールできるんじゃないかと
愛護仲間とは話しています。

北海道はまだまだ愛護活動をする人も多くないですが
ねこさんたちのために、
もっとねこ好きさんに立ち上がってほしいですね^^


投稿: ワタシ | 2010年6月16日 (水) 11時38分

どーもー^^
私も猫アレルギーです。
もちろん花粉、リンゴ、サクランボ、モモなど。。。
薬を飲みながら猫に猛アタックしております(笑)
今もノラの子猫を捕まえに行って逃げられた!(ーー;)
本当に猫の問題は山積みで、ときどき何をしたらいいかわからなくなるほどですよね。
「子ねこのはなし」にも書いてありましたが、
私の友達の親も繰り返し子猫を捨てていました。
何度も避妊手術と室内飼いをするようにお願いしました
が、「手術すると人間嫌いになる、猫が外に出たがるから」という理由で聞き入れてもらえませんでした。
子猫の命を何だと思っているんでしょう・・・
私が最近、一番手に入れたいものは、
そんなおバカさん(毒)にも伝わる、わかってもらえる話術です(笑)

投稿: れん | 2010年6月16日 (水) 17時32分

れんさん、こんにちは。

そうそう、れんさんも猫アレルギーだって言ってましたよね。

>今もノラの子猫を捕まえに行って逃げられた!(ーー;)

アレルギー持ちにもかかわらず、果敢ですね~!
行動で示すその姿勢、尊敬しています(愛)

>もちろん花粉、リンゴ、サクランボ、モモなど。。。

桃なんか大好物ですよ~。
自分に置き換えて想像しただけで辛いT_T

薬、眠くてだるくて、ダメなんですよ。
お腹に虫をかったらアレルギーが治る、なんて話もありますよね。
いつか、手を出してしまうかもしれません(爆)
でもお尻がむずむずも辛いなぁ…ははは。

繰り返し捨てる人の理由、
お金の問題だけじゃないのが難しいですね。
猫が好きなのに、子ねこは殺しても平気という
精神がよくわかりません…。

問題は犬も猫も共通で、
“自分のウチのコだけ良ければそれでいいって人”なんですね。

>そんなおバカさん(毒)にも伝わる、わかってもらえる話術です(笑)

「あー、それであなたの背中には
 子ねこがたくさんのっかってるんだ…」って呟くのはどう?
話術が通じないなら、呪術で勝負!(笑)

投稿: ワタシ | 2010年6月17日 (木) 13時12分

あはは~!(笑)
それいいですね(^o^)
霊感強いふりして、背中に子猫何匹も乗ってるって言ったら、ちょっとはビビって考えてくれるかも。
最近だるかったりしませんか?ってね(*_*)
私は猫アレルギーでよかったのかもしれま
せん。
だってアレルギーじゃなかったら、猫屋敷になっていたかも・・・^_^;
果物は私も大好物ですよ^^
かゆくなるの覚悟で食べます!
呼吸困難になったら救急車呼んでね。。
と言いながら(笑)
食いしん坊ばんざいです(^^ゞ

投稿: れん | 2010年6月17日 (木) 14時13分

そうそう、別名「Y田式」!(笑)
「子ねこたちが“孫の代に祟ってやる”って言ってます」ってね^^ヒヒヒ。

たしか細木数子あたりが
“三代前の先祖のしたことは、三代目の子孫に跳ね返る”って
言ってましたよね。

細木数子は別に好きじゃないけど、
そういう説はけっこうあるみたい。
(ある種、ワタシもそれで償わさせられてる?笑)

お友達には、
自分の子どもに災難がふりかかるから、やめさせたほうがいいよって
教えてあげてください^^

果物をとるか、アレルギーをとるか…危険な賭けですね。
もしあそこで呼吸困難になったら、救急車来るまで時間かかりそう(笑)

投稿: ワタシ | 2010年6月17日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AERA「犬に優しい自治体はどこか」 | トップページ | 子ねこの話 »