« ペット保険 anicomのアンケート調査 | トップページ | 譲渡可能ねこページ »

2010年6月30日 (水)

テレビ東京「トコトンハテナ」

アップが遅れました、いまさらですが感想です。

トコトンハテナ(テレビ東京系)

・オンエア 毎週日曜 18:30~19:00
・出演   高橋英樹、クワバタオハラ

先週、27日の夕方、愛護仲間から
「ねこのこと、TVHでやってる」と連絡がきたので
途中からでしたが見てみました。

まさに、今のワタシが知りたいことズバリの内容でした。

これは最初から見たかったなぁ…っていうか、
途中からでも見れてよかった(笑)
教えてもらわなかったら、ぜったい見ることのない番組でした。
(この番組自体、知らなかったので)

内容についてはバックナンバーを見てください。

 「猫の問題ってどういうこと?」 


「新しい飼い主探し」や「地域猫活動」のあたりから見たんですが。

ねこで困っている地域の人たちが協力して、
ねことの共存に取り組んでいました。

・数が増えないようにするために→捕獲機で捕獲し、不妊手術
(手術代は区からの助成金+町内会費)

・糞尿対策→ねこトイレを設置

野良ねこの寿命は家庭ねこよりも圧倒的に短いため
この対策で、ねこ自体の数も被害も減っているとこのことでした。

不妊手術は当然!と思っていましたが、
そっかー、うまくねこの性質を利用して
ねこトイレを設置すれば、あちこちに糞尿をすることも減るんですね。
知らなかった…(←ねこ初心者)

番組でも言っていたとおり
まず必要なのは「地域の理解・協力」

じゃないと当然町内会費は使えないし、
あっちこっちでやってることが食い違うと
こうした活動はうまくいかなくなるものです。



ただ、こうして理解をえられれば、
対策がとられれば、
ねこの餌やりが非難されることもなくなるんでしょうかね…
(将棋の加藤元名人がねこの餌やりの差し止めと
 損害賠償を求められたのは記憶に新しいです)

でも、餌やりで野良ねこが人間に懐くと、次に心配なのは虐待。
(どうしてそういう鬼畜が後を絶たないのか、本当に疑問ですけど)

…問題っていうのはそう簡単には片付きませんね。


でも、とにかく無駄にねこが殺されないためには
もっと地域で取り組まないといけないわけです。

またこの番組見てみようっと^^

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ペット保険 anicomのアンケート調査 | トップページ | 譲渡可能ねこページ »

コメント

こんばんは!そんな素敵な内容の番組やってたんですね~
見たかった(T_T)TVは一点集中で決まったものしか観ない為見落としが多いんです。


地域で野良猫と共存! 昔は普通でしたよね!?なんでこんなに生きづらい世の中になったんでしょうね~(>_<)
むしろ彼等の居場所を侵害してるのは人間だと…野生動物扱いするなら、それはそれで対応するのは人間。
最初に地域として企画を立ち上げた方のご苦労はハンパなくツラいものだったと思います。
周りの方も命と向き合ってくれた事が素晴らしいですね(≧∇≦)


それにしても、動物虐待が後を断たず切ないですね。
ブロ友内で入る情報に、子猫に熱湯かけ殺害しネットで公開(警察に通報し削除済)・猫を肉にすると言う男が出没し実際に猫が消え目撃者が通報するも捕まらず…など理解不能な事件が全国的に起きてますね。(銃弾猫ちゃん無事で良かった)
うちの近所もペット惨殺事件が報道された地区で10年に1度あるらしく、散歩仲間同士でそろそろ危ない!と伝達されてますよ!!

投稿: みなみな | 2010年7月 2日 (金) 00時46分

みなみなさん、こんにちは。

いい番組だったんですよ、これが~。
ワタシがこまめにチェックする性格だったら
事前にお知らせできたんですが、
なにせ超適当な性格なものですから事後報告になりました・・・orz

地域ねこの取り組みって、たぶんまだまだ大半の人は
考えたことがないですよね。
どんどんこうした内容を扱ってくれる番組が
増えたらいいなーと思います^^

それにしても、ねこを撃つってびっくりですよね。
こうした事件を避けるためにも
やっぱりねこは家の中で飼うべきだと思うし
飼い主がいろんな意味で責任をもたないと。

ただねぇ、どうして虐待ってなくならないんでしょうね。
不思議でたまりません・・・

投稿: ワタシ | 2010年7月 2日 (金) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペット保険 anicomのアンケート調査 | トップページ | 譲渡可能ねこページ »