« AERA「犬に優しい自治体はどこか」4 | トップページ | ペット保険 anicomのアンケート調査 »

2010年6月25日 (金)

AERA「犬に優しい自治体はどこか」5

AERA http://www.aera-net.jp/

本当にしつこくてすみません(笑)
これで最後です。

ワタシの住む北海道の結果についてです。

北海道の「ランクA」はちょっと高く見積もりすぎだと思うんですよね…^^;

推進協議会や推進員の設置や、
殺処分方法(麻酔後、筋弛緩剤投与)が高いポイントの理由でしょうか。

処分方法については
“犬のため”に意識してそうしているというよりは
予算の問題のようですし。先日も書きましたけど。
(でも結果的にはそのほうが犬に苦痛はないわけですから、
 優しいことには違いない)

また、公開された情報によると、
北海道は「愛護団体などへの団体譲渡」に●がついていますが
少なくとも5月の時点では、静内保健所は基本NGでした。

これまた先日も書きましたけど
引き取り時の身分確認も、業者登録の確認もせずに
「業者からの引き取りを行わない」
と回答しているのも変じゃないですか?

また最近、某ブログで
規模を縮小する(?)繁殖屋の犬たちについて
“保健所での処分もあった”と行政の方が言っていた、と
書かれてました。
(ひょっとすると、これは旭川市なのかもしれませんが)

なんかけっこう食い違ってませんか?

天下の朝日新聞の調査に
こんないい加減な回答をしちゃうんでしょうか(苦笑)

…なんて、意地悪言ってみたりして。


たぶん、道管轄の保健所でも統一できてないのでしょうね。
(道の保健所=札幌・旭川・函館・小樽以外の保健所。
 上記4都市の保健所は、道とは組織が別です)

地域ごとにいろんな事情はありますし、
ときにはケースバイケースで進めてほしいけど
前進するために必要な“やるべきこと”については
しっかり統一してほしいです。

こうしたことに限らず、実際のことっていうのは、
収集したデータだけじゃわからないですよね。
(もちろん集められたデータはとてーも価値がありますが)

だから、情報収集プラス、
自分の目で耳で、いろんなことを知りたいもの。

でも、みんながみんな直接、保健所やセンターに
足を運べるわけではないし、
それを義務みたいに言ってしまうと
どんどん愛護の間口がせまくなってしまいます。
それも何か…違いますよね。

ということで、予告。

ご存じの方も多いと思いますが
また今年も、しっぽの会がイベントを主催します。

8月14日(土)~19日(木) 紀伊國屋書店札幌本店にて

会の犬たちはもちろん
今年は保健所のこと、収容されている犬たちのことを紹介してくれる予定。
ぜひ^^

しっぽの会がなかったら、
札幌と北海道の譲渡返還率は、今頃どうなっていたでしょうね。
(札幌 79% 北海道 55%)

以前センターに電話したときに対応してくれたあの方(苦笑)、
「愛護団体なんてダメだー」と言いたい放題でしたけど
もう考えをあらためたかな…いや、そうでもないかな~。

目的は明確なんですから
一部の行政や獣医師の方にはこの際、変なプライドは捨ててもらって
みんなで協力していかないといけませんよね。
1匹でも多くの犬猫たちを救うために。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« AERA「犬に優しい自治体はどこか」4 | トップページ | ペット保険 anicomのアンケート調査 »

コメント

初めまして、地元の野良犬・野良猫の駆除方法に憤りを感じ、他の自治体はどうなんだろう?と検索をしていて、このブログに辿りつきました。
馬産地に住む者です。
日本一の競争馬生産地の町は、ペットが死亡した際の火葬場もないような状況です。
近隣の町に火葬場ができたので、最近は、そちらの利用をすすめているようですが、以前は、役場に問い合わせると、生ゴミ収集日に出すようにと言われる、そんな意識の町に住んでいます。
飼い猫や飼い犬でさえ、そんな状況の町で、野良がどんなにふうに扱われるか、ご想像戴けるかと思います。
こちらの記事を読んで、本当に切なくなってしまいました。
不況で離農も多く、そこで飼われていたペット達が、飢えさまよう姿をみかけます。
本当に切なくて苦しいです。

投稿: nora | 2010年7月26日 (月) 11時50分

noraさん、はじめまして。

日本一の競争馬生産地…ということは、はっきり書いてしまいますが
日高振興局管轄ですね。

みなさん馬は財産として愛情をかけ、とても大事にされますけど
犬ねこなどに関してはかなりキビシイですよね。
やや偏見ですが、酪農業など動物を扱うお仕事をされている方と
私達のようなペットとしてしか動物と接しない人たちの
動物に対する感覚は大きく異なっているとも思っています。
それが地域性として現れるのも、わからなくはありません。

でも、だからといって、離農で家を離れるときに動物を置いていくのは
許されることではありません。
動物の遺棄は明らかな犯罪行為です。
引っ越したにせよ住んでいた人は調べたらわかりますよね。、
ワタシだったら通報して、ブログで詳細を実況中継するかもしれませんね。。。

ぜひ現状に負けずに、少しずつでも動いてみてください^^
例えば地元のそうした情報をブログで公開する、
役所にいって話をしてみる、そんなことでもいいと思います。
その気持ちを「仕方ない」と諦めてしまわずに
動いてみれば、必ず成果は生まれます。


ちなみに、静内にも動いていらっしゃる方がいますよ。
(noraさんがその方だったりしますか?^^)
「しっぽの会」が関わった影響はたしかに大きいですが
その方が動かなければ、4匹は処分されていたでしょう。
(役所も変わってきていますよね)

参考になるかわかりませんが、
過去の記事のアドレス貼っておきます

5月19日 静内方面の方に【緊急のお知らせ】
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/05/post-c754.html

5月20日 静内の犬たちのこと
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/05/post-a234.html

投稿: ワタシ | 2010年7月26日 (月) 12時29分

はい、自分にできる範囲で頑張ろうと思っています。
ただ、時々誰にも相談できなくて苦しくなる事があります。
小さな命を愛しむ心が広がり、地域活動に繋がっていけば良いのですが、実際には馬鹿にされる事が多く、自分の家で飼ってるペットの事だけ考えろと怒られる事の方が多いです。
先進国という肩書きなのに、処分される命には無関心で、いっこうに改善されません。
一人で背負い込む事が多く、辛いです。
こちらの現状を把握なさっている方に、つい甘えて愚痴を零してしまいました・・すみません。
ブログをお気に入り登録してもよろしいでしょうか?
また、情報を読みたいです。

投稿: nora | 2010年7月26日 (月) 16時42分

noraさん、コメントありがとうございます。
そうだったんですか。一人で悩む辛さ、よくわかりますよ。

ワタシもこのブログがすべての始まりだったんです。
当時は愛護仲間もいなくて、
誰と何を話していいのかもさっぱりわからなかったんですが、
ブログを書き続けていると、誰かが情報をくれるようになり、
そこから繋がりができ、今ではかけがえない仲間がたくさんできました。


身近なところにいて、何かあったときに
共に行動できる人の存在はとても大事です。
ぜひnoraさんも諦めず情報を発信し続けて、仲間をみつけてください。
(ブログの場合は地域情報を多く載せることで地元の人の目に触れやすくなります。また、こまめに更新するのが検索で上位表示されるコツです)

こちらにもまたいつでもいらしてください^^
ワタシも札幌以外の状況が知りたいです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ワタシ | 2010年7月26日 (月) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AERA「犬に優しい自治体はどこか」4 | トップページ | ペット保険 anicomのアンケート調査 »