« 石狩方面の方へ | トップページ | アレルギーとねこ »

2010年6月13日 (日)

AERA「犬に優しい自治体はどこか」

AERAで動物愛護記事は定番になりつつありますね。

AERA太田さんより、いっせいメールが入りました。

次号では「犬に優しい自治体はどこか」というタイトルで、
地方自治体の動物愛護行政についての記事が掲載されるそうです。

札幌での発売は6月16日(水)になると思います。

AERAは意外と取り扱いの書店が多くないのが残念ですよね。

みなさん、ぜひAERAのない書店で「AERAありますか?」と
あえて聞いてください(笑)↑こうしたことはけっこう大事です


以下、太田さんからのメールです*******************

おかげさまで、弊誌5月31日号の「犬オークションの現場」にはたくさんの反響をいただきました。世の中でこの問題が話題になり、多くの人に現実を知っていただければと考えております。

さて前回メールさせていただきました際に予告しました、地方自治体の動物愛護行政についての記事ですが、来週月曜日(6月14日)発売の号(表紙は北野武さん)に掲載致します。

「犬に優しい自治体はどこか」というタイトルです。
今回は、下関市や愛媛県など先進的な取り組みをしている自治体についてルポをしております。

また、犬の引き取り業務を行っている全国106の自治体(47都道府県、19政令市、40中核市)にアンケートも行いました。その結果を、各自治体の動物愛護行政の実態が網羅的にわかるよう、大きめの表にまとめてあります。アンケートにお答えいただいたなかから19項目を抽出し、各自治体の「優しさ度」も評価してみました。動物愛護への取り組みに、自治体によってかなりの温度差があることが、浮き彫りになっています。

毎年8万匹以上の捨て犬が殺されています。犬たちが最期の時を過ごしているのが、各自治体の収容施設です。その現場の実態をひとりでも多くの人が知ることが、不幸な犬を減らしていくことにつながるのではないかと思っております。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 石狩方面の方へ | トップページ | アレルギーとねこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石狩方面の方へ | トップページ | アレルギーとねこ »