« 静内の犬たちのこと | トップページ | 犬猫を捨てることについて »

2010年5月22日 (土)

AERA5月31日号『犬オークションの現場』

重要なお知らせです。

朝日新聞AERA編集部の太田さんから、恒例の
いっせい送信メールが届きました^^

今回のテーマは『犬オークションの現場』。

メールでは、5月24日発売と書かれていますが
札幌では5月26日(水)です、たぶん(汗)

お近くの書店でご確認ください。
(もし書店でお取り扱いがない場合は、ぜひ書店を通じてお取り寄せください^^)

以下、転載****************************************************


 ずいぶん間が空いてしまいましたが、5月24日(月)に発売する号(矢沢永吉さんが表紙です)に『犬オークションの現場』というタイトルで犬の問題についての記事を書きました。

 今回は、犬の流通・販売の根幹を成している「ペットオークション」の実態に迫っています。犬ビジネスの拡大とともに巨大化し、現在の犬の流通はこのペットオークションの存在に支えられていると言っても過言ではありません。でもその存在が、犬の流通をブラックボックスにし、捨て犬を生み出す構造的問題を抱え込んでいます。

 記事では、業界関係者等への取材を通じ、複雑に入り組んだ犬の流通・販売ルートを解明し、ペットオークションの実態を浮き彫りにしています。さらには、「悪徳ブリーダーの温床」「幼齢犬流通の舞台」「トレーサビリティーの障壁」になっているなどの問題点を指摘させていただきました。
 また、ご自身も愛犬家の田島一成環境副大臣にインタビューし、2011年度の動物愛護法見直しに向けた考え方を表明してもらっています。

 是非とも書店などで手に取っていただき、ご一読いただければ幸いです。なお地域によっては、発売日が水曜日くらいになるところもありますのでご注意下さい。

 私は引き続き、この問題について取材を続けて参ります。
 次回は各地方自治体の動物愛護行政について、記事を書く予定です。
 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

※既に許可をとって転載しているというブログがありましたので
 太田さんにお手間をかけないためにワタシから許可はとっていません(笑)
 太田さん、万が一見たら許してください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 静内の犬たちのこと | トップページ | 犬猫を捨てることについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静内の犬たちのこと | トップページ | 犬猫を捨てることについて »