« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金)

週刊東洋経済「ここまで来た ペットビジネス」

ワタシ的には
『日経ビジネス』や『週刊ダイヤモンド』だったんですけど
週刊東洋経済』もやってくれるじゃないですか。


『週刊 東洋経済』

2010年5月29日号の特集は

「ここまで来た ペットビジネス」

すっかり『AERA』に気を取られていたんですが
「見た?」と犬先輩(←もちろん犬ではない。笑)が
教えてくれました。

まだ全頁読みきれていませんが
広く、ペットビジネスの今が記事になっています。

AERAの太田記者のように
ペットビジネスに強い問題意識をもって書かれたものではないため
ややひっかかる内容もなきにしもあらずですが、
ごく一般的な感覚として、
一流の経済誌が書いた一業界の現状、展望、問題点だと
思って読めば、これはこれでとても興味深いものがあります。

ちなみに、ワタシがひっかかったのは
問題とされている移動販売がなくならない一因は
ペット保険なんだけどなぁってことくらい
匂わせてほしかった、ということが一つ。
(取材したらそのくらいのことはわかっていると思うんですよ)

まだ斜め読みしかしてないので、これ以上は書けません^^;

週末じっくり読みます~。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

AERA「犬オークションの現場」、北海道のペットオークション

AERA 5月31日号購入しましたか^^

もちろん読んでいただきたいのは

追及-ペット流通のブラックボックス
「犬オークションの現場」
の記事です。

日本のペット流通システムの根幹を成しているのが
ペットオークション。
その現状をわかりやすく説明してくれています。

知らない人にとっては衝撃的な内容ですよね…。

「まさかうちの犬には関係ない。札幌のペットショップで買ったし」
なんて思う人もいるんでしょうね。

でも、それはどうでしょう^^

札幌にもあるんですよ、
AERAで取り上げられているPARK(全国ペットパーク流通協議会)に
加盟しているペットオークション
が。

みなさんおなじみ、札幌の大手ペットショップチェーン
「ペットランド」の系列会社「北海道ペットオークション」。

ご丁寧にペットランドのトップページには
オークションのバナーが貼られています

オークションに関するページには
「在庫管理に悩んでいる方、新規取引を検討している方は
この機会に是非ご参加下さい!」

と書かれています。

生体は完全にモノ扱いなんですね^^;
(子犬の購入を検討している消費者も見るwebサイトに
こうした表現を用いる感覚が不思議ですが。毒)

ようするに、この在庫管理の調整分が
AERAの記事で書かれているところの
流通外(遺棄されるケースなどが想定される) 約1万4000匹
ですよね。

結局、トータルで考えれば犠牲になっている分は変わらないのでしょう。

みんなが利益をあげたいいっしんで
小さな命の犠牲を前提に無駄に供給しているわけですから
売れ残りは処分されるわけです。

本当に犬が好きな人には、
こうしたところから犬を飼ってほしくありません。
犠牲になる犬たちのためにも。


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (8)

2010年5月25日 (火)

犬猫を捨てることについて

よく思うのは…

捨てるくらいなら飼わなきゃいいのに

捨てるくらいならなぜ飼う?

考えが足りない(想像力と計画性)

頭の悪い人

偏見にみちあふれたワタシの頭の中では
犬猫を捨てるのは
知的レベルが低い人が多い、ということになっています(毒)
(いうまでもなく、EQ=心の知能指数も低い)

でもどんなに知的レベルが低くてもここまではしませんよね。
月曜は朝からびっくりです。

札幌市動物管理センター に
5月21日に収容された32番Mダックスの収容場所は
JR函館線 桑園ー琴似間線路上

琴似ー桑園間の線路は高架です。
一般の人は線路に近づくことができませんよね。

もしやホームから落としたってことですか?(あくまでも想像)
だとしたら、どうかしてる人の仕業でしょう。

このほかにも、今日も動物管理センターには
たくさんの犬猫が収容されています。

これから犬猫を飼おうと思っている方は
センターからの引き取りもご検討くださいmom

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2010年5月22日 (土)

AERA5月31日号『犬オークションの現場』

重要なお知らせです。

朝日新聞AERA編集部の太田さんから、恒例の
いっせい送信メールが届きました^^

今回のテーマは『犬オークションの現場』。

メールでは、5月24日発売と書かれていますが
札幌では5月26日(水)です、たぶん(汗)

お近くの書店でご確認ください。
(もし書店でお取り扱いがない場合は、ぜひ書店を通じてお取り寄せください^^)

以下、転載****************************************************


 ずいぶん間が空いてしまいましたが、5月24日(月)に発売する号(矢沢永吉さんが表紙です)に『犬オークションの現場』というタイトルで犬の問題についての記事を書きました。

 今回は、犬の流通・販売の根幹を成している「ペットオークション」の実態に迫っています。犬ビジネスの拡大とともに巨大化し、現在の犬の流通はこのペットオークションの存在に支えられていると言っても過言ではありません。でもその存在が、犬の流通をブラックボックスにし、捨て犬を生み出す構造的問題を抱え込んでいます。

 記事では、業界関係者等への取材を通じ、複雑に入り組んだ犬の流通・販売ルートを解明し、ペットオークションの実態を浮き彫りにしています。さらには、「悪徳ブリーダーの温床」「幼齢犬流通の舞台」「トレーサビリティーの障壁」になっているなどの問題点を指摘させていただきました。
 また、ご自身も愛犬家の田島一成環境副大臣にインタビューし、2011年度の動物愛護法見直しに向けた考え方を表明してもらっています。

 是非とも書店などで手に取っていただき、ご一読いただければ幸いです。なお地域によっては、発売日が水曜日くらいになるところもありますのでご注意下さい。

 私は引き続き、この問題について取材を続けて参ります。
 次回は各地方自治体の動物愛護行政について、記事を書く予定です。
 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

※既に許可をとって転載しているというブログがありましたので
 太田さんにお手間をかけないためにワタシから許可はとっていません(笑)
 太田さん、万が一見たら許してください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

静内の犬たちのこと

昨日のお昼くらいには
しっぽの会のホームページに

“静内保健所の担当部署の方から、
金曜日までに新しい飼い主さんが現れない場合、
当会で引き取りできる許可をいただきました”

とお知らせがありました。

しっぽの会をはじめ、いろんな方があきらめずに熱心に
はたらきかけたおかげですね。

しっぽの会に引き取られることなく、
一般の引き取り希望者さんがあらわれることを願いますが、
行政が柔軟な姿勢をみせてくれたのは
うれしいです。

しかし、これで終わってしまってはいけないとも思います。

より多くの犬猫の命を救うためには
今回の再譲渡を目的とした譲渡が
実績ある“しっぽの会だけに許された特例”であっては
いけないと思うんです。
(現地の保護活動されている方は
 再譲渡目的の譲渡の許可をもらえなかったわけですから)

静内保健所が
再譲渡を目的とした譲渡は行わない、その理由は
再譲渡でトラブルが発生することをさけるため、
ようするに「責任の所在の問題」を懸念しているわけですよね…
(↑すべて憶測)

わからないわけではないですが
ただ経験がないとか乏しいとかいう理由で門前払いするのではなく
もっとたがいに協力していくことが必要ですよね ^^

これを機に、基本的なところ(再譲渡目的の譲渡)についても
見直してほしいと思いました。

処分される命を本気で減らそうと思ったら
行政と民間の協力は不可欠。

目的は1匹でも多くの犬猫の命を救うこと。
行政の上の方たちにそれを忘れないでほしいと思います。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

静内方面の方に【緊急】のお知らせ

しっぽの会のHPをみてください。
http://shippo.poo.gs/

静内保健所に収容されている犬4匹のことが書かれています。

要約すると…

静内振興局が行っている「新しい飼い主探しネットワーク事業」は
再譲渡を目的とした譲渡は行っていないため、
「自分で飼います」という方が現れないかぎり
現時点でこの4匹を助ける方法はない、ということ。

今どき、そんな話ってありですか…?
再譲渡目的の譲渡を許可している自治体はありますよね?

保健所の飼い主募集のページにも
「現在飼い主募集中の犬はいません」と出ることも?なんですが
裏はとっています。間違いない話です。

(追記)
静内保健所には掲載されていませんが、
日高振興局「動物愛護管理のページ」で募集が掲載されていました

命の期限は5月21日(金)です。

ご意見・お問い合わせは
北海道静内保健所ホームページ
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/sth/
(ホームページの最下部にあります)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

感染症との共生

毎日毎日、口蹄疫の感染症のニュースでもちきりですね。

“口蹄疫は豚や牛、羊など偶蹄類(ぐうているい)の
 ほ乳動物に感染するウイルス性の家畜病”

※偶蹄類とは、四肢の指が‐2本(4本)の蹄をもつ哺乳類

…ということは、今回初めて知りました。

2000年にも感染がみつかっていたようですが
このときは規模が小さかったのでしょうか、
さほど話題になっていなかったように思います。
(or 当時さほど感染症に関心のなかったワタシの記憶にないだけ、か…)

今回、処分対象となっている牛や豚は日に日に増え、いまや11万頭以上。
これほどの命が無駄に処分されなければならないことは
想像を絶しますよね…。

予防・ワクチンについていは
ニュースや情報番組でも取り上げられていますが
肉質をおとさないために接種せず、
感染症の予防については“殺処分方式”が採用されてきたそうですね。

で、ちょっと調べてみたら
あるwebサイトには

殺処分という方式が存在している中でワクチン開発をしても
企業利益にはつながらないために、企業によるワクチン開発は
この30年間ほとんど試みられていません

とありました。(2001年の資料のようです)

現在、欧米等の地域ではワクチン接種が行われているようですから
世界的には2001年以降で変化がおきているのでしょう。

また、このサイトによると
1920年代の発生で、処分の順番待ちの間に
症状が回復してしまう動物もいた
そうです。

抗体ができれば今後は発症しないのでしょうから、
今度こそ安全ですよね。
いっそみんな治療できないのだろうか、と思いましたが
それだけの数を完全に隔離して、感染を阻止するのは
非現実的なのでしょう。

実は上記に記載したサイトというのは
日本獣医学会のものです。
東大名誉教授の連続講座をまとめた資料を読んで
書きました。

その資料のタイトルは「口蹄疫との共生」

“共生”、ようするに殺処分方式ではなく、ワクチン方式を用いるべきだと
書かれた資料なのです。
2001年の時点で、です。

この資料の最後はこう締めくくられています。

「口蹄疫ウイルスの侵入は起こりうるという前提で、
動物を大量に殺すことなく、感染の広がりを阻止することを
真剣に考える時代になっていると思います。
ワクチン領域ではそれだけの技術進歩は
すでに得られているはずです。」 

この先生は今ごろどう思っているでしょうか。

ワクチン開発・接種の方向で進展していれば
今回のケースもここまでの被害にはならなかったにちがいありません。

ワクチンの重要性をあらためて痛感した問題です。

犬の場合、ガンが怖いからワクチンはしないという話もよく聞きます。
一年に一回のワクチネーションが
本当に正しいのかどうかはわかりませんが、
ワタシにとっては“遠くのガンよりも、まずは近くのパルボ”。
パルボやジステンパーは全然珍しくありません。

6月末までに狂犬病予防接種も受けないといけませんね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2010年5月17日 (月)

図々しいを通りこして

いやー、ホント図々しい人っていますよね^^;

先週、仕事中にJRで移動したときのこと。

“優先席付近では携帯の電源を切りください”という
社内アナウンスがながれた直後に、
その優先席で着信音をさんざん響かせたのち
3分以上「いま汽車だ~。あ~?大丈夫大丈夫」と言いながら
通話を続けた、70歳をゆうに超えたお婆さん。

で、その後ろでは、
ボタン操作音をピーピーいわせながらメールを打つ
どうみても50代後半だけどずいぶん若づくりをしたオバサマ。

なんとも思わないんですよね。

同じ車両で同時にやられると…
ただもう呆れるしかないって空気がまん延していました。


もっともっとすごかったのは週末、某所で遭遇したすごいババア。
↑ホントにババアという言葉がぴったりなんです!!!(笑)

図々しいを通りこした、あまりに粗暴なふるまいに
そこにいた人がみんな、あっけにとられました…

具体的にお伝えできないのが残念ですが(笑)
ビデオにとっておきたかったくらい、
すごかった。いやー、びっくり。

でももし、あんなすごい人が近所にいたら…こんなふうに
笑っていられないだろうなぁ。

若い人のマナー違反より、
お年寄りのマナー違反のほうが格段にかっこ悪いですよね。
さらに言えば、更生の可能性も低い。

ババアさん、孫なのか小さい子どもをたくさん連れていました。
遺伝していないことを願います…(苦)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (10)

2010年5月12日 (水)

犬という存在

まだまだ記憶に新しい正丸峠の事件、
被害者の会のブログと、代表が変わったそうです。

伴侶動物死体遺棄、被害者の会

なぜ変わったのかはわかりませんが
こうした活動は物事を進める手順や伝え方など難問が多いですから
きっといろいろ大変だったのでしょう。

でも、
活動が継続され、それがブログで記録されることは
事件を風化させないことにもつながりますし、
私達にとっても必要なことですよね。
同じような事件を防ぐことにもつながるし、教訓になります。

そういえば、最近つづけて
ペット葬儀ビジネスを始めたい、とか
実際に始めたという話を聞きました。
それだけ注目されている市場なんですね。

大事な家族ですから、
お別れの儀式が必要な人の気持ちはよくわかります。
(ワタシの場合はそっとしておいてほしいけど。苦笑)

でもこうした話題がでるたびに
ペットの、特に犬の存在って難しいなぁと思うんです。

ほんの20年くらい前までは
多くの和犬は番犬、洋犬は座敷犬と呼ばれて
主に愛玩用として飼養されていましたよね。
洋犬・純血種は利殖目的で一般家庭で繁殖されたり。
(そいえば“埼玉愛犬家連続殺人事件”なんて
 せい惨な事件もありました。あ、年がばれる…)

現在も利殖目的で飼養している人はいるようですけど(苦)
大部分の飼い主にとっては犬は家族・伴侶動物ですね。

でも、伴侶動物も実は経済動物で、牛や豚など家畜と同じ。
どちらも死んでしまえば、業者にとっては産業廃棄物扱い。

また、犬は飼い主に捨てられれば
狂犬病予防法に基づいて税金で殺処分。

札幌市などまだ多くの自治体では犬を捨てるのはタダ、一方
引き取る人は登録料を支払う義務があります。

「目の不自由な人にとっては家族」と書かれながら
「使用」という表記、貸与される存在である盲導犬で最近話題になったのは
2005年に起きた交通事故の損害賠償請求訴訟に関する裁判。
(横断歩道を歩行中に盲導犬ユーザーと盲導犬がトラックに轢かれ、
 ユーザーは重傷、盲導犬は即死)

原告側の“子犬購入価格相当の20万円”という主張は退けられ
“盲導犬育成費用や価値が認められ260万円”という判決がでました。

ペットの医療過誤による訴訟でも
敗訴した獣医師側が飼い主に支払う損害賠償額が
高額化している、ペットを家族同然にかわいがる飼い主の「愛情」を
反映させた内容も多い、という新聞記事をみました。(去年だったかな)



誰も生まれるところは選ぶことはできない、それは当たり前だけど
犬ってなんだか…複雑すぎて表現できません。

すっかりまとまりがなくなりましたが、
ワタシが言いたいのは毎回同じ。

大事な家族になるくらいの存在なのだから、
病気や死んでしまってからこんなに必死になるのだから、

迎えるときこそ、もっと真剣に考えてもいいのでは?…ということ。

某大学の獣医学部の先生も言っていました。
「純血種の多くは不良品をつくって、不良品を直しているようなもの」です。

講演会「犬猫の遺伝病と動物愛護」のこと4~トイプードル

いったい飼い主さんの何割が
こうした矛盾に気づいているのでしょうか。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2010年5月11日 (火)

わーい^▽^200万円当選

…んなわけない。
誰が引っかかるんですか?こんなわかりやすい手口。

非公開のメアドのほうに最近やたらと
"l-andg.com" というところからメールがきます。

************************************
【懸賞ライフ】様からのご連絡をお届けいたします。
懸賞ライフよりお知らせ♪現金200万円当選おめでとうございます♪

▼続き/返信はこちら▼
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

==========
プ│レ│ゼ│ン│ト│は│
─┘─┘─┘─┘─┘─┘
毎│日│毎│月│抽│選│
─┘─┘─┘─┘─┘─┘

ポイントの追加はこちら
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

※18歳未満の利用禁止※
本メールにご返信いただいても、対応いたしかねますのでご了承ください。

退会・配信停止はこちら
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

************************************

何が“対応いたしかねます”だ(笑)
こっちだって対応いたしかねますだ。

アドレス、長くつかっているとダメですね。

なんとなく、大昔に登録したインチキくさい“占いサイト”から
ながれているんだろうなぁと想像はつきますが。
別にだまされやしませんけど、見るとやっぱりちょっと不快。

実は、このブログのコメント欄にも
相当のスパムコメントがきてます。
ココログではねられないのもあるので、
コメントはまだまだ承認制を継続しないとダメですね。

ネットに不慣れな親御さんがいらっしゃる方は
ちゃんと注意してさしあげましょう^^

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (10)

2010年5月10日 (月)

天人峡温泉【天人閣】

ちょっと遠出してきました。

天人峡温泉 天人閣

北海道上川郡東川町天人峡温泉
Tel : 0166-97-2111(代表)

以前、川の水を飲用として使って営業停止になったり
去年はとうとう民事再生手続きを申し立て
今年経営会社が変わったりと何かと話題(?)の天人閣ですが。

初めていったんですよね、天人峡温泉自体。
地名は認識していましたが
東川町にあったこと、はじめて知りました^^;

施設はまさに古くてひなびた温泉ホテルという感じでしょうか。
(すみません、根が正直なもので)

脱衣所の中にはトイレがなくて、
どこぞのお子様の「おしっこ…」という声にドキドキ。
かんべんしてよです(苦笑)

でも露天風呂からの景観はすごかったです。
まるで今にも崩れそうな崖が目の前にあって、まさに秘境。

肝心のお湯も良かったです。
舐めてみたら鉄とやや塩味。
あっというまにカラダが温まりました。

ちなみに、日帰り入浴 大人 1,000円でした。

ブログに書くためにサイトをみてみたら
【タオル・フェイスタオル付き】と書かれていましたが
受付では何のインフォメーションもありませんでした。
言わないと貸してもらえないのかも知れません。
借りても借りなくても同じ値段なら
借りないとソンだと思ってしまう、ケチなワタシ…(笑)


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

センターの犬たち

「今年の3月末は、思っていたより捨て犬が多くなかったね」

なんて犬仲間と話していたんですが
ゴールデンウィーク前が捨て時だったのでしょうか。
センターには飼い主の迎えのない犬がたくさんいます。

…で、やっぱりシーズー。
2匹ともひどい状態です。可哀想に。

こうした画像をみると気持ちがへこみます。

どうしてこんな風になるまで
放っておけるのでしょうか。

せっかく引き取られ、病院で処置を受けても
手遅れと言われるケースは多々ありますよね。

「ここまで悪化する前に、
 もっと早くに捨てられていたら助けられたのに」

何度そう思ったか、わかりません。

犬を捨てようという人に
「動物の遺棄は犯罪。捨ててはいけません」という言葉は
実際どれだけの抑止力をもっているのでしょう。

最低限の治療もでせず、手の付けられない状態で捨てるくらいなら
そもそも飼わなければいいのに。

動物はモノではない、動物を飼うことは大変だ
そんな当たり前のことがわからない人に
動物を飼わせない方法はないのでしょうか。

いまセンターにいるのは大部分が純血種らしき犬です。

こうした状態を見るたびに
やっぱりペットショップ(生体展示販売)がなくならないと
捨て犬も、繁殖犬の放棄も減らないんだなぁと痛感します。

本当に犬が好きなら
ペットショップで買い物するのをやめませんか。

生体だけではありません。
フードやオヤツもです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2010年5月 6日 (木)

子犬を買うならペットショップ?

昨日の記事で

【マナーは人間が決めたことだから、犬には教えないとわかりません。】

なんて書きましたけど、実はそうでもないんだなぁーと
思っていたりもします。

“ペットショップ”という日本の良くない慣習が
飼い主はもちろん、犬自身のマナーを低下させることにも
つながっているというのがワタシの実感です。

ライソゾーム病とたまねぎ中毒の研究で有名な
鹿児島大学 教授 大和先生の講義で二度ほど聞いた
旧チェコスロバキアのSHIBA CLUB(柴犬クラブ)の話。

ライソゾーム病の調査をするということで
何十匹もの柴犬が集まったそうですが
ノーリードでもケンカすることなく大人しく座っていたそうです。
画像もみましたが、確かにみんな落ち着いた様子でした。

日本だったら・・・ありえないと思いませんか?
柴ですよ、柴。(あ、柴が悪いといっているのではありません。もちろん)

これも、子犬の大事な社会化の時期を
母犬や兄弟の元で過ごせるかどうかの違いによるものだろうということを
大和先生はおっしゃっていました。

 詳しくはコチラのブログ↓を読んでみてください。
 (Gracious Garden 遺伝病講演会を終えて 今さら再びリンクですけど。笑)

もちろん例外はあるでしょうけど
でもやっぱり
親元で兄弟とともに犬社会のマナーをたたきこまれた子犬と
生後1ヵ月にもならないうちに親兄弟から引き離された子犬は
違って当然
ですよね。

だからペットショップから子犬を買ってはいけないのです。



最近、ワタシの大好きな某ペットショップ(毒)あたりも
やたらと「子犬の社会化」なんて言葉をつかっていたりしますけど
本当に「社会化」を考えているのなら
生後2ヵ月過ぎた子犬を仕入れるべき
だと思うんですが(笑)


ホームページにも“ちゃんとしている感”を醸成しようと
「信頼できるブリーダー」とか「動物愛護管理法に基づき」とかありますが
書けばかくほど後ろめたさを感じさせますよね。


行政のほうからは、またしても
 「次回の動物愛護法の改正に
 2ヵ月齢未満の生体販売の禁止をもりこむことについては
 業界団体が強く反対している」
と聞こえてきています。


ペットショップが大事なのは自分たちの利益。犬ではありません。
犬を大事にしているように装うことも全ては売り上げのためです。


上辺にだまされてはいけませんね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2010年5月 5日 (水)

ポコ・ペロ ヴィダ

やっと行ってきました、
3月にオープンしていた「ポコ・ペロ ヴィダ」

POCOPERO VIDA
札幌市西区琴似4条1丁目1-1
コルテナⅠ
011-632-7882



以前は、評判の○い生体展示販売店○ンダードッグのあった場所です(笑)

生体展示販売が一つ減っただけでもニヤリとしてしまうのに(爆)
そのあとが犬と人が楽しめるお店だなんて・・・ワタシはとてもうれしーです^^


宮が丘店を想像して、もっと全面的にプールなのかと思いきや
大部分がドッグCafe・・・というかレストランでびっくりしました。


店内は明るくてとても居心地が良かった上
お料理もおいしくて、とても満足^^
昼からビールまで飲んで、すっかり長居してしまいました。

お土産に、POCOPEROさんオリジナルの犬オヤツを購入。
(だいたい300円くらいからで種類も豊富です。
そのほか、ドットわんのオヤツやフードの扱いもあり)


はい、犬同伴OKなのに、peepeeさんは留守番ということで^^;
peepeeさん、すいません~。


ちなみに、ここに限らず
犬同伴OKのお店にはマナーを守れない犬は連れていけません。


ときどきドッグCafeあたりで、
“うちの犬は騒ぐ犬種だから仕方ない”なんて言いながら
放置している飼い主さんを見かけるとイラッとします。

マナーは人間が決めたことだから、犬には教えないとわかりません。
なんでもかんでも“仕方ない”なんてアタマの悪いことを言わずに
良い犬、良い飼い主をめざしましょう(笑)


で、ウチですか?
良い犬・飼い主めざしてる真っ最中(笑)
努力し続けることが大事です。



*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

ミミズ酵素

血栓を溶かす効果が期待されている
ミミズ酵素(ルンブルクスルベルス)お試し中です。

(ちなみにpeepeeちゃんではありません、もちろんワタシでもありません。笑)

POCHI
どろどろとんでいけ~

飲ませて3日、痰が絡んだみたいな“ぶろろろ~っ・・・ぷへっ”という咳が
ほぼ止まりました。

たまたまなんでしょうか(汗)

酵素は腸からは吸収されないから、効果がないという主張も
あったりします。
参考

効かなければやめればいい、ということで
様子をみながらもう少し続けることにしました。


でも“どろどろとんでいけ~”って・・・
名前がインチキくさすぎやしませんか^^;



*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (3)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »