« 小樽のこと | トップページ | うれしいメール »

2010年3月12日 (金)

中国で犬猫の食肉禁止に?

4月に中国の国会に提出されるという
中国初の動物保護法「反動物虐待法案」。

これまで中国では伝統的に行われてきた
犬・猫の肉の食用が禁止されている、と話題になっていますね。

北京五輪のときも、犬肉の流通がストップしていましたよね。
こうした動きは外圧だけではなく
国内にペットを飼う人も増え「犬猫を食べるなんて野蛮だ」という声も多いからだとか。

犬好きのワタシにとってはもちろん悪い話じゃありませんけど
何かこう腑に落ちないというか、すっきりしないです。

だって、
狂犬病の流行を理由にした犬の大虐殺が禁止されるようになったのですら
2006年の末ですよね。ほんの、3年ちょっと前。

『街頭で犬退治隊にペット犬が見つかった飼い主は
「家族の一員で、狂犬病にはならない」と訴えたが、
犬は棍棒(こんぼう)で殴り殺されたり、薬で安楽死させられたりした。』


こんなNEWSをみて、気絶しそうになったものですから(苦)

これも時代の流れなんでしょうか・・・いや、
流れなんて優しいもんじゃないですね。激流です。

やっぱり中国ってすごい。(よくも悪くも?笑)

ニュースには、
中国の一部の地域では、
「犬肉料理」の関連産業に10万人以上が従事していて、
年間売上も10万元を上回っているため
「人間の生活が侵害される」と反対の声も高まっている
と書かれています。

一握りの犠牲よりも、世界水準に追いつけ・追い越せに必死でしょうね。
反対の声なんてのはものともしないのでしょう。

順調にすすめば、あっというまに
経済のみならず動物愛護についても日本も追い越して
生体展示販売も禁止にされるんじゃないかしら^^;

あ、中国が生体展示販売をしているかどーかは知りません。
市場の軒先にたくさん鳥かごみたいなケージが並んで
売られている様子は想像できますけど(汗)

ただ生活水準によってずいぶん違うんでしょうね。
犬の購入元も、犬の扱いも。
それもなんだかなぁ・・・。

一部の人だけが良くても、犬猫全体の幸せにはつながらないですよね。
もちろん日本も同じことですけど。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 小樽のこと | トップページ | うれしいメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小樽のこと | トップページ | うれしいメール »