« 札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その1 | トップページ | 重要なお知らせ【遺伝病講演会】 »

2010年2月 5日 (金)

札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その2

先週金曜日、札幌市動物管理センターの主催で
はじめて開催された飼い方教室について、その2。

その1には書いていますが、
直接行って話を聞きたかったのはやまやまなんですが
「平日」に行われたためワタシは行けず
参加した愛護仲間へ取材した上で、記事にしています。
(そもそも平日という開催日にやる気が感じられませんよね)

あくまでもワタシ個人の感想なので、もし気に障ったらスルーしてください^^;

講師を務めた
日本愛玩動物協会 北海道支部長 名取 裕憲さんのお話、
個人的にとても驚いたんです。

「(買うなら)生後30日の子犬は早すぎる。理想は45~50日くらい。
ドイツやイギリスにはペットショップはないけど、日本とは文化が違う。
ペットショップが悪いわけではない」

はっきりそう言ったそうです。
まるでTVタックルの、環境省の役人ですね。

生後30日になる前から親から引き離し
感染症のリスクにさらし、適切な社会化を妨げている上に
犬の健康と福祉を無視したパピーミルの命綱となっているペットショップを
いったいどうしたら「悪いわけではない」と言えるんでしょう?

そもそも、なぜ、今回の教室でわざわざそんなことを言んでしょう。

日本愛玩動物協会北海道支部はエス・ワン動物専門学校の中にあり、
そのエス・ワン動物専門学校の母体は、ペットショップに商品を卸している
ペット用品総合商社・第一ペット商事株式会社
だからですか?

名取さんはエス・ワンで教員も務めています。
学生の就職先でもあるペットショップは大お得意様というわけですね。



さらにもう一つ驚いたのは「しつけ教室に行く必要はない」と言ったこと。

ワタシも“犬をトレーナーに預けてしまう”やり方には賛成できませんが
(飼い主と関係を築くことが大切だと思うので)
犬っていうのはとても奥が深くて、飼い主も知識をもてば持つほど
いい関係が築けるもの。
しつけ教室を奨励するならともかく、
それをわざわざ「行く必要はない」と言ってしまう、その理由がわかりません。

当日配付された資料にも、
「犬のしつけについて正しい情報を飼い主さんが学ぶことで
ほとんどのトラブルは解消されます」と書いてあります。

自分のしつけが正しいか間違っているか、
初心者の飼い主さんではわからないからこそ、
プロに見てもらう・教えてもらうことは大事だと思うんですよね。

“わざわざお金をかけなくてもいい”、という意味かもしれませんが、
でもこれがまた解せない。

資料の“犬を飼うための環境づくり”のところには
「犬用シャンプーやブラシや爪きりを準備。
日常のケアをプロに依頼することも可能です。」
と書かれてるんです^^;


トリマーメインのエス・ワンの就職口対策でしょうか(毒)
できるなら、日常ケアこそ正しい情報を得て自分でしましょうよ。

ただ、調べてみると
実はこの方ご自身も、しつけ教室の代表を務めているんです。
やっぱりよくわかりません(笑)

いずれにせよ、犬のことをあまり知らない人たちに
こういう説明はどうかと思います。

この教室での名取さんの言うことを真に受ければ・・・

みんな購入はペットショップ、しつけは我流、
爪きりもシャンプーもトリマーさん頼みで毎月費用がかかり

家計への負担になる。

初めて犬を飼う人が本を読んだだけではしつけもうまくいかず、
最悪の場合は飼養放棄なんてことも?再飼養も大変かもしれません。

なによりペットショップを応援されたのでは
悪徳ブリーダーによる繁殖リタイヤ犬の放棄も売れ残りの放棄もなくならない。

って、悪く考えすぎですか?

でも、ワタシは納得できないなぁ。




【Tさん、ご協力ありがとう ^^】


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その1 | トップページ | 重要なお知らせ【遺伝病講演会】 »

コメント

笑ってはいけないんでしょうけれど(^^)読んでいて大笑いしてしまいましたdown.....
この程度の行政の認識なのかと.....

まあ担当者はよかれと思っているのでしょうけれどね!。

まあペット業界も肥大してしまって、事の本質を見失ってきています。
これから先!どれだけ不幸な犬猫と飼い主!が産まれるか見当も付きません。

まず飼い主の啓蒙を早急に行わなければならないのに、行政は未だ有効な対応策を打ち出すことは有りません。

先が思いやられます(^^;...

投稿: ぶんた | 2010年2月 6日 (土) 10時18分

私も此のしつけ教室にどれだけ集まるのか興味が在りました。
精神科の患者の方が行ってましたが、「精神科に自ら来る患者は、精神病の優等生で、本当は病院に来ない方の方がもっと重大だ。」と

動物教室も全く同じ事が云えると思います。

名取支部長良く承知している人物です。 初めはその様な事を云う方では無かったのですが、エスワン(ペット商事)に雇われたので変わったのでしょうね。

因みのこの会社の社長は愛動協の常任理事で、時期理事長と云われている大変お偉い方でも在ります。

団体自体が腐っているのでしょうね???

投稿: 影の住人 | 2010年2月 6日 (土) 15時49分

ぶんたさん、こんにちは。

参加した友人に聞くところによれば
もちろん、犬猫を飼う人に必要な話がメインだったようなんですが、ワタシにはどうしてもこの2点に納得ができず、余計なこととは思いながらやっぱり書いてしまいました(笑)

行政の担当者は、この名取さんの発言をどういう思いで聴いていたんでしょうね。

行政が立ち入り検査をして許可しているペットショップを悪く言うことは期待していませんけど、まさかわざわざ“悪いわけではない”と言うとは驚きです^^;

投稿: ワタシ | 2010年2月 6日 (土) 18時57分

影の住人さん、こんにちは。

わかりやすい貴重なコメント、ありがとうございます。
期待しておりました^^

>初めはその様な事を云う方では無かったのですが

みんな朱に交われば赤くなるんでしょうか。
業界にかかわり続けている人の大半は
現実を知っても“仕方ない”で済ませてしまいますよね。

改善しようとすれば自分自身の生活が脅かされるわけですから
やっぱり彼らにとっては“仕方ない”んでしょうね。

全く自浄能力は期待できません。。。

投稿: ワタシ | 2010年2月 6日 (土) 19時03分

ちょいとおじゃまします・・・
私的に考えすぎか?って思うような所をひとつ。。。

トリミングの基本的なことって簡単そうで難しい
やってみて無理ならプロに頼めばいいけれど~
本気ならば学校に来てみませんか?
自分とこのワンちゃんの為にも絶対いいですよ~~

しつけ?
自分で勉強してみたけど、手に負えない?
しつけ教室じゃ基本的なことしか教えないですしね!
その子その子で性格も違うし、
本気なら学校に習いに行きましょ~~

あら?
犬のしつけも美容も楽しくなってきた!
2匹3匹と欲しいわ~~~
じゃぁ、ここの犬は同系列だから安心で安くできますよ~
ペットショップ紹介!


先の先を考えて、自分達一族が儲かるように
一般飼い主を洗脳していくつもりかしら?って(笑
飼い方教室という所に来る人達は少なくとも・・・
犬のことを考えている人達
特に、自分の犬のことしか考えてない人も多いかと思うと、洗脳するにはうってつけの場所


う・・・
悪知恵だけは働くんで、こういう考えがすぐ浮かんでしまいました。。。

このコメント、ワタシさんの判断で、
非公開にしてもらっていいですよ~~
書きすぎ?かも。。。


投稿: chiko | 2010年2月 7日 (日) 10時09分

chikoさん、こんにちは。
ご心配にはおよびません。毒のあるコメントは大歓迎です。

フフフ、業界に詳しいchikoさんならでは(笑)
でも笑い事じゃないですよね。

子犬を売れば日用品やフードにオヤツはもちろん、
トリミング、トレーニング、病院(看護師)が必要になる。
ペットの葬儀屋さんも始めたら、もう完璧(爆)

なにより怖いのは
弱い子が増えれば増えるほど、それが
こうした企業のビジネスチャンスにつながるってこと(毒)

病気になれば病院は儲かる=看護師の雇用が増える、
死んでしまえばまた新しい子が売れる。

弱い子を作るだけなら法に触れる心配もないですもん。

欲深い業界の中心になっている人たちが
病気の犬を減らす努力なんてするわけないです。

あぁ、想像するだけで恐ろしい~

ビジネスなんてそんなもの、といえばそれまでですけど
生き物相手ですからね。倫理感を問われますよ。
(でも倫理感では闘えない。それが悔しいです)

こうした業界の都合のいい言葉に洗脳されないように、
みんな気をつけないといけませんね。

投稿: ワタシ | 2010年2月 7日 (日) 21時01分

まず一つ。
直接聞いてない、他人からの情報でここまで書くことに対する人間性に疑問・・・(笑)
ちょっとした言い回しとか、言葉足らずって、その場にいると、理解できる人と、理解できない人がいる。だから、その場で聞いてたんだったら、堂々と書くべし・・・だと思いますが…。

私もペットショップで、わんちゃんを買うことに対しては、大反対。

そして、飼育教室で、トレーナーとか何とか名乗って、全然しつけできない、悪徳しつけ教室の多いことにも大疑問。初めて飼う人が、どのしつけ教室へ行けば・・・なんて困りますよね。
それこそ、教室行って高いお金払ったのに、だめ!
じゃあ、こんなにお金もかかって、手もかかるんなら・・・。それこそ、飼育放棄!?

しつけは、真剣に考えれば、教室行くまでもないと私は思います。

人間のしつけだって、みんな悩んで大きくなるんです。(笑)

あと、わんちゃんサロンですが、私は賛成です。
下手にシャンプーして、ロクタラ乾かさないとか
乾かすのがちょっととか、年に一回だけ洗うとかだったら、お金をかけて、きれいにして、肌のこととか見たもらった方がいいと思います。サロンにもよりますけどね。

人間だって、綺麗にするじゃないですか?
月に一回とか、二回とかは人によって違いますがね。家族の一員のわんちゃんだって、権利はあるはずです!!しかも、毛の量が多いし。(笑)

私の推測ですが・・・
ペットショップが悪くないというのは、そういうペット業界にして、悪を放置し続けた国が悪いんで、ペットショップだけを責めるのは、違うんですよ!
こうなった歴史があるんですよ!と言いたかったのでは?

まぁ、悪徳ブリーダーもいるので、それに比べれば、きちんとしているショップも中にはあると思いますしね。

しつけにしたって、なんちゃってトレーナーがたくさん蔓延して、高い金せしめてることも現実。

なんでもかんでも人に頼るのではなく、動物を飼うということは、自分で考えて、試行錯誤しながら解決していくことも大切なんだと思いますしね。

どこの国でも、いろんなところに問題があって、それこそ常識の違いや、歴史感などの違いが大きいと思います。

それを、良くするためには、否定するばかりではなく、肯定も必要。否定と肯定のバランスを、少しずつ取りながら、変えていくしか道はないと思います。

私は、当然動物飼育に関するこの国の取り組みに対して、苛立ちを覚えますが、そのほかにも、カイロだマッサージだ!ってのが、はびこっているのも、解せません。あれは、医療行為です。なんで、医療従事者でもないのに、堂々と医療行為をやってんだ!とも、強く思っています。話がそれましたが…。

どうやったら、健全な国になるんでしょうね・・・・。(笑)

投稿: さたか | 2010年3月 6日 (土) 13時50分

さたかさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。第一商事さんのメアドはわかりましたか?

このブログは業界の方の利益追求とは逆の立場でモノを書いていますので、根本的に考え方が合わないと思いますよ。

ただ、多少誤解があるようなので(別に誤解されても構わないんですが)、いちおうお返事しますね。

まず一つ目ですが。
他人からの情報、という点ですが、ワタシにとっては他人ではありません。同じ目的をもった数年来の愛護仲間であり、このブログに記載することを目的に、収集した情報を提供してもらっています。意識的には共同執筆に近いです。

>堂々と書くべし・・・だと思いますが…。

ワタシはそうは思いません。一般人がブログで自分の身元を明かすことが普通ですか?さたかさんもこのコメントで自分の本名やお店を明かしてはいませんよね?(笑)

また詳細に書いてしまうと札幌なんて狭いものですから、人物が特定され、今後の情報収集に支障をきたす恐れがあります。ですから今後ももろもろのニュースソースについては明かすつもりはありません。

人間性については、ワタシは全くもって立派な人間ではありません。
ただ、さたかさんがどれほど立派な方かは存じ上げませんが、ここで見ず知らずの方からとやかく言われる筋合いもありません。

また人から聞いた話をブログに書くのは変ったことではありませんし、その話を聞いて、自分がどう思ったかを書くのも普通だと思っています。(もちろん、自分が書くべきと思ったことだけを書きますが)

それから、ワタシ自身はトリミングに出すことを反対しているのではありません。ただ、「しつけ教室に行く必要はない」と言いながら「トリミングは外に出す」という話に納得できないだけです。

>人間だって、綺麗にするじゃないですか?
>月に一回とか、二回とかは人によって違いますがね。家族の一員のわんちゃんだ
>って、権利はあるはずです!!しかも、毛の量が多いし。(笑)

犬の皮毛を良好な状態にするのは飼い主の義務だとは思いますが、トリミングが、綺麗にするのが、犬の権利ですか???
・・・すみませんけど理解できません。しつけよりもアロママッサージのほうが大事なんでしょうか(笑)

アタリはずれがあるのは、トリマーだってそうですよね。しつけ教室に限った話ではありませんし、それでダメだったからといって犬を放棄というのも全くの極論です。

どうぞご自身のわんちゃんを大事になさってください。
いろいろ苛立ちがおありのようですが、これ以上の自論はご自身のブログでお願いしますね。

投稿: ワタシ | 2010年3月 7日 (日) 13時52分

さたかさま

わざわざ長い長いメールをありがとうございました。

信頼に足りると感じられる方にしか
メールは返信しないことにしていますので、こちらで失礼します。


ワタシがそちらのお店に目星をつけたとたん、手のひらかえしたように
“応援”というのは都合がよすぎやしないでしょうか。

ワタシが“苛立ちがおありのようですが”と書いたのは
あなたからの最初のコメントに“苛立ち”と書かれていたからです。
(別に“あなたがワタシに対して苛立っている”という意味ではありません)
ご自分の文章をよくご確認ください。


ご指摘いただいた箇所に関しては後日修正を加えておきます。
ご丁寧にありがとうございました。

でも、このブログは、ワタシ個人の思いや考えを
ワタシの文章力の可能な範囲で伝えていくものです。
努力はしているつもりですが、全ての方に
こちらの意図の全てを説明するのは不可能だと思っています。

あなたのお考えになる“こうあるべき”は
どうぞ、自分自身で実現されてください。
少なくとも、人に押し付けるものではありません。迷惑です。

前回の“アロママッサージ”というのも
気づかいのつもりであえて遠まわしにしたんですけどね。
伝わらないようですので、以下はっきり書きますね。

ワタシは人も犬も医食同源、
メディカルアロマテラピーも興味があるし、
マイクロバブルバスもまた始めたいと思っていたので、
もし帯広に住んでいたら
“たっかめ”さんにはうっかりお世話になってしまっていたかもしれません。
危ないところでした(笑)


余計なことかもしれませんが、
あなたがどこのお店の方か見当をつけるまで3分とかかりませんでした。
自分の身元がわからないことを前提に
無責任にコメントされられたんだと思いますが
今後は慎重にされたほうがいいですよ。

ワタシはあなたや、あなたのお考えに興味はありません。
日本の犬業界や飼い主への愚痴や自論は、お友だちかご自身のブログでどうぞ。

では。


投稿: さたかさんへ←ワタシ | 2010年3月 8日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その1 | トップページ | 重要なお知らせ【遺伝病講演会】 »