« pee子の従兄弟 | トップページ | マイナス8℃ »

2010年2月 2日 (火)

もう1匹のキャバリア

センターにいたある1匹のキャバリアを通じて、
ワタシにいい縁があった一方で。

もう1匹、1週間ほどタイミングがずれてセンターに収容されていた
乳腺腫瘍のキャバリア。
先月30日に、虹の橋を渡ったそうです。

お正月休み明け、しっぽの会がセンターから引き出してくれて
ほっとしたのもつかの間、
乳腺の腫瘍はすでに全身に転移していて、
手術どころか余命わずかだったことが判明。

もう引き取られることもなく、
しっぽで最期を迎えるのかなぁ・・・と思っていたのですが
あの状態のキャバリアを迎え、
最期の時間を過ごしてくれた家族がいらっしゃったそうです。

 詳しくはコチラ→しっぽの会 左下のバナーから「しっぽレポート」をご覧ください

わずかな時間だったけど、家族ができてよかったね^^

人間と同様、犬の死亡原因の1位はガンだと
以前参加した酪農大のセミナーで聞きました。

万が一のときに治療をせず、
挙句の果てに捨ててしまえるような心ない人は
二度と犬を飼わないでほしい。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« pee子の従兄弟 | トップページ | マイナス8℃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« pee子の従兄弟 | トップページ | マイナス8℃ »