« 183 | トップページ | 補足2【ペットショップについて】 »

2010年2月10日 (水)

補足1【ライソゾーム病について】

先日のブログに書いた「ワタシがペットショップに反対する理由」。

かなりわかりにくかったと思うので、
数日にわたって補足です。(さらに???になったら、すみません)

まず、ライソゾーム病とは何か?ですが。

体の中のいらなくなったタンパク質、脂肪などを
お掃除してくれる小器官がライソゾームです。人間にもあります。

ライソゾームには“酵素”と呼ばれるタンパク質が含まれていて、
このタンパク質を設計する遺伝子に異常がある(酵素が欠損している)と
ライソゾーム病と診断されます。

欠損した酵素が正しく働かなくなり、
本来分解されるはずだったものが細胞内に溜まることで
細胞の機能は悪くなり、犬の場合はほとんどが若くして死に至ります。

ムコ多糖症とか聞いたことありますか?それもライソゾーム病の一種です。

きちんと知りたい方はコチラ(人間に関する話ですが)
厚生労働省 難治性疾患克服事業 ライソゾーム病に関する調査研究班
犬のライソゾームも検索するとけっこう情報が出てきます。
ぜひ探してみてください。

一言でライソゾーム病といっても、欠損している酵素によって病名や症状は異なります。

よく知られているのは(とはいっても、知る人ぞ知るですが。汗)
・ボーダーコリー CL症
・柴犬 GM2ガングリオシドーシス

トイプードルについては、たぶん次の講演で
大和先生からお話があると思うので詳細はそちらでどうぞ。

あと、以前、「サルーキでもライソゾームは発症している」と
ブログにコメントをいただいたこともありました。

その他検索すると
イングリッシュセッター、チワワ、ダックス、コッカースパニエル、テリア種、
ユーゴスラビアンシェパード
などで報告例がある」と書かれています。

とても珍しい病気だと聞いていたんですが・・・
個人的にはどーもそうは思えないんですよ。

その理由は補足2で。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 183 | トップページ | 補足2【ペットショップについて】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 183 | トップページ | 補足2【ペットショップについて】 »