« マイナス8℃ | トップページ | 札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その2 »

2010年2月 4日 (木)

札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その1

今回は(も?)長いので2回にわけてアップします。
おまけにちょっと毒舌です。(特に2回目)

先週金曜日、札幌市動物管理センターの主催で
はじめて開催された飼い方教室。

センターの電話応対のニュアンスと
道新に掲載された記事の温度差がありすぎることに興味もあって
ぜひ行きたかったんですけど(笑)、何せ金曜。
やっぱり行けなかったので、行った方に話を聞きました

定員50名とのでしたが、実際の参加者は40人を下回ったようで
ご高齢の方が多かったようです(平日の昼間ですもんね)

2時間かけて犬猫の飼い方(買い方)を中心に、
センターの現状などについてもちょろっと話があったようですが
その2時間に耐え切れず、寝ていた人もいたとか(笑)

猫を飼うことを考えて参加した人の割合が多かったにも関わらず
ほぼ犬に関する話だったらしいです。

以下、勝手な感想ですが。

こうした啓蒙は実施することに意義があるとは思います。

ただ、やっぱりたくさんの人に参加してもらわないと意味がないし、
継続しないと意味がない。
もっと“参加しやすい仕組み”は必須ですよね。

道新にあれだけ大きな告知記事が掲載されたにも関わらず、
50人を集められないのはイベントとしてどうなんでしょう・・・。

「集まらないのは市民の意識が低いから」というのは
理由にならないですよね。やると決めたからには集めないと。
ただの税金の無駄遣いといわれても仕方ない(毒)

そもそも今回の参加者のように、だまっていても集まってくれるのは

・犬猫のことをちゃんと考えようとしている人
・ちょっとヒマな人
・奇特な人(今回は行ってないけどワタシなんかもその部類。笑)

無駄とはいいませんが、
問題を多く孕んでいるのはたぶんこうした人じゃないですよね。
意識があまり高くない、好き好んで参加しようと思わない人を参加させてほしいものです。

ただ、運転免許の講習みたいに、これから飼おうという人すべてに
ペット講習を義務付けるのも現状は難しい。

だったらせめて、センターから犬猫を引き取った人(引き取りたい人)に
こうした教室への参加を義務付けることくらいは
可能できないものでしょうか。

ワタシも立ち会ったことがありますが
センターから犬猫を引き取るときの手続きはザルでした。
身元確認すら行いません。
書類に住所・名前・電話番号を記入し
狂犬病予防接種を受けられる病院一覧を受け取るだけ。
最後に、おまけみたいに「最後まで大事に飼ってください」です。

せめて書類を交わす前に
「犬猫を飼うにはとてもお金がかかる」ということや
「不妊手術の必要性」はもっともっとしっかり説明してほしかった・・・

たしかに今の札幌市動物管理センターの状況では
熊本のような、譲渡希望者に対する指導はできないのかもしれません。
だからこそ、こうした教室への参加を義務づけたらいいと思うんです。

譲渡のハードルを高くすれば、一時的に譲渡数は減るかもしれません。
でも、いい加減にもらわれて
いい加減に飼われたのでは意味がありませんし、何より
センターから引き取った犬猫を出産させられては元も子もありません。

「センターから引き取れば3,200円しかかからない」(犬の場合)
経済的理由だけで、センターの動物を選ぶ人も少なくないでしょう。
そういう人が不妊手術をしようと思うんでしょうか。
病気になったら治療してくれるんでしょうか。

きちんと伝えることが必要ですよね。

“あの引渡し方じゃ不幸のたらいまわしになりかねない”
ワタシが敬愛する愛護の先輩も言っていました。

当日、配付された資料には平成17年から20年まで4年分の
犬の放棄理由データが掲載されていました。

多い順から
・飼い主が病気
・転居のため
・経済的理由
・犬が病気 
・家族がアレルギー
 など

上記5つはいずれも平成19年よりも20年が上昇しています。
特に経済的理由はほぼ倍増しています。

どんな理由をつけたって、結局は「捨てた人が無責任」というだけです。
「たくさんの愛情と、それなりのお金がない人は飼えない」

事前にそれだけは教えてほしい。
希望者の熱意を測るためにも、教室への参加は義務付けてほしいものです。

そもそも平日っていう開催日自体、やる気が感じられませんが。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« マイナス8℃ | トップページ | 札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その2 »

コメント

 こんにちは。
以前言っていた講演会の詳細が決まりました。
ブログの方でご確認いただければと思います。
遺伝病の研究をされている先生のお話なので、愛護問題ににどの程度触れるのかわかりませんが、
無関係なものではないので得るものはあるのでは?と思われます。
お時間の都合がつけば ぜひいらしてください。
こちらをお借りして失礼いたしました。

投稿: グレ母 | 2010年2月 5日 (金) 20時45分

グレ母さん、こんにちは。
わざわざお知らせありがとうございます。
ブログ拝見いたしました。ぜひ参加させてください。
よろしくお願いします。

投稿: ワタシ | 2010年2月 6日 (土) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイナス8℃ | トップページ | 札幌市動物管理センター「犬ねこ飼い方教室」その2 »