« 遺伝病の問題 | トップページ | 親切は人のためならず »

2010年1月21日 (木)

純血種か、雑種か

1月17日のブログにURLを入れた
「犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病~」

そのVTRで、純血種よりも雑種のほうが保険料金が安いとありましたね。
ようするに、今の純血種よりも雑種のほうが病気にかかりにくいという意味です。

犬にとっては雑種のほうがいいんじゃないか、と思うことはあります。

ただ、よく友だちとも話しているんですが
(ちなみに友だちはラブリーな雑種犬オーナー)
現代の社会事情を考えると、成犬時の予測がつかなければ
ますます捨てられる犬が増えるでしょう。

また、明らかな雑種よりも、純血種と思われる犬のほうが
再飼養される確率が高いことも事実。

捨てられてしまう犬を増やさないためにも
雑種は積極的には増やすべきではない、というのが友だちとの結論でした。
(もちろん犬はみんな平等に可愛いです。そこは変に誤解しないてください)

もちろんミックス犬の販売も反対。
新種やミックス犬を作れば、また犬の性質や特徴を安定させるために
近いところで交配を繰り返すわけですよね。

そもそも、もう犬種を増やす必要なんてないと思いませんか?
いったい何のための犬なんでしょ?

ときどきいますけど
「ウチの犬は雑種じゃなくてダップーです!」
そう頑なに言い張る飼い主の姿はただ滑稽にしか見えません(毒)

その人がちゃんと飼えるのなら
純血種だろうと雑種だろうと関係ないのに。

まるでそれがある種の“ブランド”みたいに
捉えてしまっていることが痛々しい orz

そして何より、そういう人たちをうまくあおって
商売をしている業者は最悪・・・。

一般の愛犬家もブリーダーも、
自己顕示欲も金銭欲も無関係に
犬を飼ったり、交配させたりすることはできないんでしょうか。

狂牛病などもそうだと思うんですが、純血種の遺伝病の深刻な現状は
人間が生命をコントロールしようとすると
ろくなことにならない、という警告なのかもしれませんね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 遺伝病の問題 | トップページ | 親切は人のためならず »

コメント

ペットショップで立ち聞きしてたら聞こえてきた一言を・・・


MIX犬(何と何のMIXなのかはわかりませんが)
「この子は世界に1匹だけの子なのよ~~~」
と、店員がセールストーク満載!
「世界中どこを探してもどの子も世界に1匹だけ」
なんじゃないの?と、思いながら私は聞いていたんですけどねぇ

店員と話してるお客さんのテンションはめちゃくちゃ上がってました
私のテンションは下がりまくりましたけど

そこで、ひとこと言える勇気が欲しいです・・・
交配したらヤバイ組み合わせの犬種もいるらしいですね
そのヤバイのが、いつのまにか新犬種になるのかもしれませんね。。。
怖いです(泣

投稿: chiko | 2010年1月21日 (木) 23時45分

chikoさん、こんにちは。

腹がたちますね。
ペットショップの店員くらい無責任でいい加減で、
知識も必要ない仕事はないかもしれませんね。
ある意味、ノリだけでいけるところは、若い○ャバ嬢と変らないのかも。
どっちも長続きしないってのも似てる。

あ・・・毒吐き過ぎました。

投稿: ワタシ | 2010年1月24日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遺伝病の問題 | トップページ | 親切は人のためならず »