« 本日、TVタックル必見 | トップページ | 1月18日オンエアTVタックルのmemo »

2010年1月18日 (月)

病気の犬たち

センターにいる収容犬、
体調が悪くて入院しているとの記載がありますね。

またパルボでしょうか・・・。
病気がわかって捨てたのか、捨てた結果、どこかで感染したのか。
真相はわかりませんが、どちらにせよ捨てることは許せない行為です。


風の噂で聞いた話ですが、某獣医師会(わかりやすすぎる・・・)が
センターのあまりのパルボの発症率に抗議した結果、
現在、子犬に限っては八軒でワクチンを接種させてから
福移に収容しているそうです。

例のラブミックスの子犬の件も影響しているんでしょうね。
いずれにせよ、いいことだと思います。


さて、センターといえば。

昨年から今年にかけてセンターに収容されていた
大きな乳腺腫瘍をもつキャバリア。

しっぽの会によって引き出されましたが
乳腺腫瘍が全身に転移し、余命4~5ヶ月と獣医師から告げられたそうです。

せっかく運よく、生きるためのチャンスを手に入れられたのに
なんて皮肉なんでしょう。

捨てた犯人はどうしてここまでほおっておいたんでしょう。
せめて、もっと進行する前に捨ててくれていたら助けることもできたのに。

病気になったら飼えなくなる、という人は、犬を飼う資格はないですよね。


「出来るなら、キャンの最期は暖かいご家庭で・・・」

会からのメッセージが書かれています。
ぜひ飼い主募集の犬たち を読んでください。

トップページ:あいがん動物を守るHOKKAIDOしっぽの会 

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 本日、TVタックル必見 | トップページ | 1月18日オンエアTVタックルのmemo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日、TVタックル必見 | トップページ | 1月18日オンエアTVタックルのmemo »