« 江別の愛護フェスティバル | トップページ | スポンサーリンク »

2009年9月30日 (水)

酪農学園大学の動物愛護法違反容疑

9月27日の愛護イベントが行われた酪農学園大学といえば、
7月にJAVAから動物愛護法違反容疑で告発されていますね。

その後どうなっているんでしょう?

(以下、記事転載)

「解剖用牛処分巡り酪農学園大学長告発
 東京の団体、地検に」

江別市の酪農学園大学が、解剖用の牛を麻酔を使わずに殺処分しているなどとして、動物保護団体「動物実験の廃止を求める会」(本部・東京)が14日、同大の谷山弘行学長を動物愛護法違反容疑で札幌地検に告発したと発表した。同会によると、同大はこれまで、牛の病理解剖や解剖実習などで年間約500頭を使用しているが、麻酔などを使わずに殺処分しており、「動物に苦痛を与えないことを定めた動物愛護法に違反する不正な行為」などと主張している。これに対し、酪農学園大学学務部は、「告発状を見ておらず、正式なコメントは差し控えるが、動物実験には、規定をそろえて対応している」としている。
(2009年 7月15日 読売新聞 北海道版)

詳しくは、JAVA動物実験の廃止を求める会よりコチラ

たびたび読ませていただいているブログには、
この記事に関連して「と畜場法」についても書かれていました。
とても勉強になります。
動物のお医者さん日記

真相を解明し、これが事実なら必ず改善してほしいです。
自殺してしまった学生も浮かばれません。

研究対象に感情移入していたら、研究に支障がでるのかもしれません。
でも、当たり前に考えれば
研究として犠牲になっている動物のおかげで現在があるのだから
その対象になった動物はムダに殺さないでほしいし、
苦痛や恐怖は最大限に取り除いてほしい。最大限に配慮してほしい。
日本はそうすべき次元にある国だと思います。

犬の繁殖場や殺処分同様にあまり見たくない現実ではありますが、
こうした事件が明るみに出るたびに
知らずに利用(消費)することは罪だと痛感します。

去年の江別の愛護フェスティバルで酪農大生のサークル「幸せなしっぽ」は
動物虐待に関するパネルを展示していましたが、
今年の内容はそうした趣旨のものではありませんでした。
この学生たちの思いが本物なら、まずは学内の問題追及と改善に動いてほしいな。

おまけに10月10・11日は酪農学園大学大学祭(白樺祭)が開催。
毎年牛や豚の丸焼きをやっていましたよね
(去年丸焼きになったのは豚で、学祭ではなくオープンキャンパスでした。
時期が10月だったので勘違いしました。すみません)
新聞で見たことがありますが、今年はさすがに自粛するんでしょうか(苦)

最後に余談ですが、酪農学園大学はクリスチャン。
「神を愛し、人を愛し、土を愛する」三愛精神を唱えていますが
三愛に「動物を愛する」は含まれていません。
「土を愛する」前に、動物ももっと愛してほしいものです(毒)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

|

« 江別の愛護フェスティバル | トップページ | スポンサーリンク »

コメント

この記事、知らなかったの。
ビックリ~~
でも知り合いの獣医と話した時の学内の裏話を思い起こしたら有り得る話しではあるかな。

ウチの菊の止血の失敗に関しても大量出血して命に関わるような状態であっても謝罪の言葉もなく、連れて来いでもなく・・・・血液凝固因子に関わる病気(DIC)を発症したんじゃないでしょうか?とか責任転嫁するくらいだから、他の獣医師が言うように確かに質は落ちていてると想うわ。

勇気を振り絞って内部告発をしてくれた女子学生の死がムダにならないためにも、厳罰と改善を期待しちゃうな。

投稿: misako | 2009年10月 1日 (木) 21時08分

misakoさん、こんにちは。

獣医学の場合、犬を助けるためとはいえ犠牲にしているのも同じ犬でしょ。
学内にはカラダを悪くしている実験用の犬がわんさかいて、安楽死の実習もある。
卒業して獣医として勤務してしまえば治療に専念できるだろうけど、大学病院では研究対象も治療対象も同じ犬。
大学病院勤務の獣医師はどうやって気持ちの整理をつけるんだろうって、いつも考えてしまいます。

実験用動物の扱いが愛護法に違反している事実は酪農大に限らずまだまだあると思う。
獣医よりも酪農・畜産系の学科のほうが怖いよね。
獣医の目的は救うことだけど、酪農や畜産の場合は目的も重視する内容も違うから。
カラダに穴をあけられた牛が普通にいること自体怖いし。

この機会に他の学生たちにも勇気を出して内部告発してほしいよね。

投稿: ワタシ | 2009年10月 1日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江別の愛護フェスティバル | トップページ | スポンサーリンク »