« ペットの専門学校 | トップページ | NHKクローズアップ現代“ペットは泣いている”要約 »

2009年8月 4日 (火)

NHKクローズアップ現代で

昨日のブログにチラリと
愛護団体「アニマルレフュージュ関西(ARK)」のことを書きましたが。

そのARKも取り上げられるようです。

ゲストはALIVEの野上さん。

多くの人に、この現実を知って
ペットショップについて考えてほしいです。

NHK クローズアップ現代

8月5日(水)19:30~19:56放送予定
ペット受難
~激安競争の裏側で~(仮題)

右肩上がりの成長を続けてきたペット産業。そこに今、価格破壊の波が押し寄せている。

不況の影響で消費が冷え込む一方、インターネットを通じてペットを販売する業者の新規参入が相次ぐなど、販売業者は増え続けている。

このため、価格競争がエスカレートし、そのしわ寄せはペットを直撃している。

コストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、年に何回も子犬を産ませる"パピーミル(子犬工場)"と呼ばれる悪質な業者も登場。

一方で、飼い主の中にも、安易な理由でペットを手放してしまう人たちがあとを絶たず、毎年、10万頭あまりの犬が行政によって処分されている。

人間の都合に翻弄されるペットをどのように守っていけばよいのかについて考える。
(NO.2778)

スタジオゲスト : 野上 ふさ子さん
    (市民団体「地球生物会議」代表)

「可哀相だから、こういうのは見たくない」

そう言ってしまうのも自由だと思います。

でも、
そう言う人に限って、ペットショップ御用達だったりする。

それって何か変じゃないですか?
もっとちゃんと考えましょうよって、言いたくなるんです。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ペットの専門学校 | トップページ | NHKクローズアップ現代“ペットは泣いている”要約 »

コメント

はじめまして。このような番組をもっと取り上げて欲しいですね。ペットを取り巻く日本の環境はまだまだで悲しくなります。私も同感で目をふせる飼い主に限ってです。 そして安易に素人繁殖したりしてる気がします。
ブログでお産なんか取り上げ 感動だ、別れは胸を締め付けるなど 里親里子で仲良しごっこを繰り広げてて
実際に会っても見てもない犬をPC上で購入
なんだかこれを愛犬家と呼ぶのは?と疑問を感じる
ブログが多い中 こちらのようなブログに光を感じてます。

投稿: はるな | 2009年8月 6日 (木) 12時13分

こんばんは^^

クローズアップ現代、見ました。
目を覆いたくなる場面がたくさんありましたね。

保健所の職員さんが、
「飼えなくなった」と問い合わせた飼い主と
電話でやりとりしている場面がありました。
理由を聞いて、手放す事を思いとどまらせるよう説得している職員さんがヒーローに見えました。

全ての施設であのように説得しているのでしょうか?

その職員さんは、
「飼い主を処分に立ち会わせることもあった」
と話していたような記憶があるのですが、
「それ名案!」と思ってしまいました^^;

だって、飼えなくなったから手放す人はノータッチで
関係ない職員さんが心を痛めるのはずるい。

立ち会えば「やっぱり飼い続けます」って
考え直すひともいるはずだと思うのです。

文章が支離滅裂ですみません^^;

投稿: みっちい | 2009年8月 7日 (金) 00時24分

はるなさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>ブログでお産なんか取り上げ・・・

はい、ワタシも同じ意見です。
そういう方は、犬を自分の
コミュニケーションツールにしてしまってるだけとしか
思えないです。

犬が好き!というよりは、
犬を愛している自分が好き!なんじゃないかなと。

本当に犬が好きで、里親里子の関係をも大事にするなら
自分の犬の親のことも気になって当然ですよね。
ペットショップってどうなんだろう?って。

理解できない人はたくさんいますが
そう言ってしまうと話が終わってしまうので、
そうした方にも耳を傾けてもらえるようなブログを
書いていくつもりです。
(ときどき怒りが抑えきれなくなり皮肉めいた内容にもなりますが。笑)

よろしければまたいらしてくださいね。

投稿: ワタシ | 2009年8月 8日 (土) 00時57分

熊本市動物愛護センターの取り組みは全国でもとても珍しく、とても注目されているんですよ。
(AERAの特集でも熊本市動物愛護センターのことは紹介されていました)

>だって、飼えなくなったから手放す人はノータッチで
>関係ない職員さんが心を痛めるのはずるい。

本当にその通りだとワタシも思います。
二酸化炭素のスイッチを押す職員の方の気持ちを考えてみてほしいです。

札幌だって同じなんですよ。きっと東京もそうです。

普通に考えれば、一緒に暮らしたペットを殺せるはずがないと思うんですが、きっと誰かが何とかしてくれる、といった安易な考えなのでしょうか、想像力のない人たちもきっとたくさんいるんでしょうね。

熊本市の動物管理センターの方々の取り組みには本当に頭が下がります。

投稿: ワタシ | 2009年8月 8日 (土) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットの専門学校 | トップページ | NHKクローズアップ現代“ペットは泣いている”要約 »