« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

日本の非常識

人間の利益や楽しみのために
動物が犠牲を強いられるのは仕方ない


これが日本のまだまだ一般的な考え方なのでしょう。


先進国日本は何でも
世界基準だと思ったら大間違いです。

それをわかりやすく説明してくれているのが
8月31日発売号のAERAの特集
「犬を殺さないドイツの常識」。


記事内で
ティアハイム・ベルリン(ドイツの動物保護施設)のある
リヒテンベルク区の区長はこうコメントしています。

「日本では年間約10万匹の犬が捨てられ、
ほとんどが行政によって殺処分されているそうですが
先進国として考えられない行為です。動物を殺すのは
悪いことだという、基本的な啓蒙が必要ですね」(AERA8月31日発売号より)

言い換えれば
基本的な啓蒙が必要なほど低レベルだということ。

ときどき、
世界の常識・非常識をテーマにしたテレビのバラエティ番組で
ドイツの、犬に関する厳しい法律が取り上げられ
出演者一同が大笑いしているなんてシーンがありますが、
実は世界から笑われるのは日本だということを
いったいどれだけの人が気づいているでしょう。


「日本では年間30万匹以上の犬猫が殺処分されている」

こうしたことが一日でも早く、日本の非常識になるように
いろんな人が努力しています。

AERA8月31日号、ぜひご購入ください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (0)

犬が一番通院する月

何気なく見ていた「和風総本家]

その番組の中で
「犬が一番通院するのが9月」と見かけた気がしました。←ホントか?

夏の暑さの疲れが出るのか、季節の変わり目に弱いのか・・・。
いずれにせよ、人間含めて動物には
弱くなる時期というのがありますよね。

9月にはまだ少し早いですが
多分にもれず、ウチのpeepeeちゃんも通院中です。
(痒みが出てます)

この時期、愛犬の変化には注意しましょう。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

自民が大敗したら?

今日は選挙。

もちろんみんな行きましたよね^^

ワタシはpeepeeちゃんの散歩がてらブラっと行ってきました。

現時点で民主圧勝のようですが、とても心配なのは
動議連(自民党動物愛護管理推進議員連盟)のこと。

この先どうなってしまうんだろう。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (2)

今本先生のセミナー

日本のペット業界を変えてくれる獣医師といえば
ワタシはまっさきにこの人が思い浮かびます。

新庄動物病院の今本先生。

獣医師という仕事だけでも忙しいはずなのに、
遺伝病を無くすために、先生自らいろんな活動をしているのは
みなさんご存知の通りです。本当にすごい方ですね。

その今本先生、この週末は札幌で
動物取扱業者と獣医師を対象としたセミナーを行っていたそうです。

29日の動物取扱業者向けの内容は・・・


(テーマ)
「イヌやネコの毛色と遺伝病との関係」
~これだけ覚えれば遺伝病はマスターできる!




遺伝子は動物の全てに関連している。

“この毛色の犬だから、こういう症状が出やすい”ということではなく
“毛色も含めて全てが遺伝子による影響を受けている”から。
(例えば、同じダックスでも毛色が違うと眼底の色が違うなど)

遺伝性疾患である
CL(セロイドリポフスチン)症は致死性、
PRA(進行性網膜萎縮)や遺伝性難聴などは治療が不可能。
遺伝子には逆らうことはできない。

ようするに、遺伝性疾患をなんとかするためには
その遺伝子を根絶させなければいけない。
キャリア同士の交配をさけなければいけない。

上記のようなお話と
ミニチュアダックスの交配と遺伝子、
PRA(進行性網膜萎縮)についての詳しい説明があったそうです。



ワタシなんかは
“犬に愛と情熱を傾ける、遺伝と病理の知識のある人しか繁殖してはいけない”
と思っていますが、
日本社会はそこまで犬本意にはなってくれません。

現実的に遺伝性疾患を減らすためには
繁殖者の知識を底上げしていくことが欠かせないのです。

そのために先生は忙しい時間を割いて、じきじきに、
動物取扱業者にまで講座をおこなっているわけですよね。
「わからないことがあったら、気軽にメールをください」といって
メールアドレスまでお知らせしていたそうです。
ホント、すごい草の根活動^^;


セミナーは、全般的に
繁殖者側が受け入れやすい、繁殖者側にたった表現で
遺伝子検査の必要性を訴えていたと聞きました。
例えば
「繁殖犬の家系を調べてみるのも、身を守るための勇気です」とか。

確かに。その通りだと思います(笑)

今回は対象者限定のセミナーだったので
参加した人に話を聞くしかありませんでしたが、
ぜひ直接聞いてみたいですね。

セミナーの内容とやや似ていると思われる?
今本先生による遺伝性疾患の説明はコチラ(新庄動物病院サイト内)


さて、今本先生自らがこうした活動をしているわけですから、
愛犬家だって何もしないわけにはいきません(笑)

今本先生のセミナーに参加しようとも思わないような
危機感のかけらもない、いい加減な繁殖業者に
(廃業を含めて)考えを改めさせるには、
私達一般の飼い主が知識と厳しい目をもつことが不可欠です。

いい加減な繁殖業者やペットショップの食い物にならないためにも
私達も勉強しましょう。

それが治療法のない遺伝性疾患をもって生まれてしまう
犬や猫を減らすことにも繋がると思います。


***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

ウィルス対策

新型インフルエンザ、怖いですね。

でも、人ごみに行かない生活はできないし、
うがい・手洗い、マスクくらいしか防御の方法がないわけですから
かかるときはかかっちゃうんだろうなぁ・・・。

犬の怖い感染症といえば、やっぱりパルボでしょうか。
札幌市動物管理センターの子犬の感染が話題になりましたが、
パルボは感染力の強い、本当に怖いウィルスです。

パルボは感染して2日目あたりから症状が出るといわれています。

当然、症状がでている間は飼い主は外に出さないとは思いますが、
快復してから1ヶ月以上経っても
排泄物にパルボウィルスが確認されることがあるそうです。

パルボウィルスは衣服などについた場合も1ヵ月は生き続け、
自然界でも半年以上生き続けるといわれていますから、
子犬は特に要注意。

ワクチンが済んでいないのにお散歩なんてしないでくださいね。

予防策として、ウチではバイオチャレンジを使っています。
散歩から戻ったあとの消毒はもちろん、
peepeeちゃんのお部屋にもかけまくり。カーペットのオシッコ臭も消えます。
手軽に使えてとても便利ですよ。

そのほかだと、ビルコンSを使っているところも多いですね。

インフルエンザウィルスにも効くのかなぁ・・・^^

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (2)

2009年8月28日 (金)

野良猫

MSN 「猫に餌」を注意され隣家女性を刺殺

猫のエサやりを注意された男性が
注意した女性を殺害したという信じられない事件。

エサやりが原因?いえ、そもそもの人間性の問題ですよね。

でも、猫のエサやりに関するトラブルは本当に多いですね。

あげたい気持ちはわかりますが
野良猫の栄養状態をよくすることで繁殖能力が高まり、
子猫が増えることによって、捕獲され、処分される命が増えて
しまいます。

以前、友だちのお母さんが
野良猫を捕獲して、不妊手術を受けさせて放していたという
話を聞きました。

誰にでもできることではないですが、
そうしないと最終的に助けることにはならない。

表面だけの愛護は、いきつくところ愛誤。
犠牲を増やすことにしかたどりつきません。

腹をすかせて鳴いている猫をみれば、
何かしてあげたくなるのはワタシも同じ。

でも、自分が責任をもって飼えないのなら、
手を出すべきではないのでしょう。

しかし、正直に言えばそれも辛い。
なるべくなら野良猫には出会いたくないな・・・。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

愛は決断


愛とは単なる“感情”ではない。“愛し続ける”という“決断”である。

神父さんのコトバです。


犬を愛することも同じですね。

“一生愛し続ける”という決断だと思います。

犬と暮らすに足りるほど自分自身の環境が整っていなければ

飼わないという決断も、また愛だと思うのです。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

Gレトリバーの子犬、パルボ感染2

昨日のブログに書いた
パルボを発症したゴールデンレトリバーの子犬、
(気づけばセンターのサイトでは“雑種ラブラドール系”に変っていますが)
すでに1匹が死んでしまったそうです。

ニュースでコメントされていた通り
ワクチンをしてなかった元飼い主の責任ですが、
犬を捨てるという犯罪行為を行うような無責任な人に
ワクチン接種について述べても馬の耳に念仏でしょう。

体力もある成犬の場合ならまだしも
移行抗体のきれる時期の子犬を保護するのなら
やはりセンターも何かしらの対策を施してくれないと
これからも同じことが起きる気がします。

繰り返しになりますが、
子犬は譲渡率も高いのに
センターでパルボ感染をして死んでしまうのでは
やはり元も子もありません。

一度捨てられた命ではありますが
生かせる可能性があるのですから
もっと大事に扱ってほしいと思いました。

ぜひ、収容犬のワクチン接種をお願いします。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

【予告】AERA8月31日発売号

いよいよ「ペットビジネスの闇」第三弾が掲載されます。

AERA 8月31日発売号。
タイトルは『犬を殺さないドイツの常識』。

(以下、AERA-netより要約)

太田さんがドイツを訪れ、動物保護施設等を取材し、
犬にとって「天国のような国」をリポート。

その一方で、ドイツとは対照的に
犬にとって「地獄のような国」日本の現状も取材。

「捨て犬保護施設」と称する一部の業者や団体を取り上げ、
そこで保護されている犬たちの悲惨な状況が
書かれています。



詳しくはコチラ AERA-net.jp 「ペットビジネスの闇」

私達北海道民にとって身近な内容にも、
触れられているかもしれませんね。

ぜひご購入ください。

【北海道では8月31日には販売されません。お近くの書店でご確認ください】

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

Gレトリバーの子犬、パルボ感染

さきほど記事に書いた8月25日 人気のGレトリバー?

札幌動物管理センターのサイトを見てびっくり。

「緊急のお知らせ」と称したこんな内容があがっていました。

(以下、転載)

子犬3は、パルボウイルス感染症にかかっていることが判明し、現在治療中です。8月25日収容期限までの回復が難しいため、元々の飼い主さんが見つからなかった場合の8月26日の譲渡は中止します。
 なお、新たな譲渡日は決定していないため、子犬3の譲渡を希望される方は、8月26日(水)17時15分までに動物管理センター(電話011-736-6134)に電話で申込みを行ってください。
 譲渡の受付けは、8月26日(水)までに電話連絡をいただいた方と8月26日(水)朝8時45分に福移支所窓口で申込みを行った方で終了といたします。

子犬3というのは、記事になった子犬たちのことです。

センターで収容されている犬がパルボを発症することは
全然珍しいことではないはずですが、
わざわざこんなお知らせをするあたり
よほど問い合わせが多かったのでしょうね。

多くの人の注目を集めることになった今回の子犬たち。
15日に捨てられて、今日が25日です。

発症日が書かれていないのでなんともいえませんが、
センター内感染の可能性が高いのではないでしょうか。
せっかく助かる命も、センター内で死んでしまったのでは
元も子もありません。

こうしたことを機に、今後パルボ対策を万全にしてほしいものです。
全頭ワクチンも、できないものでしょうか。

酷いことを言うようですが、何匹生き残れるでしょう。
そのくらい、子犬にとってパルボは怖い感染症です。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

人気のGレトリバー?

8月18日付けの読売新聞・社会面に掲載されていた記事、見ましたか?

人気のGレトリバー
子犬9頭 捨てられる 札幌

(以下、内容を要約)
札幌市北区のホームセンター駐車場出入り口付近で
15日午前5時半頃、9頭の子犬が捨てられていたのを
警備員が発見。札幌北署に拾得物として届けられたが
飼い主が現れなかったため、2日後に
札幌市動物管理センターに引き渡された。
18日から1週間後に公募で引き取り先を探す。
ゴールデンレトリバーはペットショップでも1頭10万円以上する人気犬。

同センターの係長は「一度にたくさん生まれすぎて、
個人の飼い主がもてあましたのでは」
「子犬だから引き取り先がみつかるだろうと思って捨てたのなら、
あまりにも無責任だ」と憤っていた。

※センターの係長のコメントのみ、原文ママ

今日が収容期限の25日。

この記事の影響から、
センターのほうには期限より前に多くの問い合わせが入っているようです。

新聞に限らず、マスメディアの影響力っていうのは絶大ですね。
でも、その大きな力は
いい方に向くときもあれば、そうでないときもあるもの。

今回の記事はどうでしょう?

単に“人気犬種の子犬が捨てられた”というだけの内容ですよね?
人気犬種じゃなかったら、記事にもならなかったのでしょう。
(現に、これまでもたくさんの子犬・成犬が捨てられているのに、
 全く取り上げられていないわけで)
ワタシの周辺の仲間たちも「これはないよね・・・」と嘆いていました。

ほんとにゴールデンなのか?だって、はなはだ疑問です。
係長のコメントには“飼い主がもてあました”とありますが、
それはどうでしょ?

ワタシの勝手な憶測だと、
ゴールデン以外とかかっちゃったから、売れないと判断して
捨てただけなのかな・・・と。
多少でもお金になるなら、捨てたりしないんじゃないでしょうか。

というより、そもそも問題はそういうことではない気がします。
この記事が何より残念なのは
「犬や猫を捨てることは動物愛護法に違反する犯罪で、50万円以下の罰金」だと
いう肝心なことが一切書かれていないこと。
“係長が憤っていた”って書いたって、感情論ではないですよね。
身勝手で捨てられる犬は、この子たちだけではないし。

ニュースだから即時性は必要でしょうけど、にしても
問題の論点がずれているように思えて仕方ないんです。

どうして、こうも話を
面白い方向にもっていきたがるんでしょ。
とにかくがっかりしましたー、という愚痴ブログでした(苦)

この読売の記事が
“人気のゴールデンが今なら無料でもらえる!”なんて
勘違いな、安易な引き取り希望者をあおる結果に
ならならないことを祈ります。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

しっぽの会写真集

みなさんご存知「あいがん動物を守るHOKKAIDOしっぽの会」。

9月中旬に写真集が出版されるとのことで

現在、予約を受け付けています。

ぜひご家庭に1冊。

日ごろお世話になっている方へのプレゼントにも最適です(笑)

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

「HACHI 約束の犬」

「HACHI 約束の犬」

出演:リチャード・ギア、ジョーン・アレン
監督:ラッセ・ハルストレム 
(あの「ショコラ」、「ギルバートグレイプ」の監督です)

ワタシには、絶対に映画館では観られない映画です。

なぜって? それはずっと号泣だろうから(笑)

そう言うワタシに、愛護仲間のMちゃんは
「捨てられた犬たちのほうがよほど可哀相でしょー」と。

確かに・・・。

しかし、そういう問題じゃないんです。
忠犬ハチ公のあの健気さ・・・あぁ、考えただけでも泣けてきます(涙)
(もちろん予告を観ただけでも泣いた)


さて。
そのプロモーションで来日していた主演のリチャード・ギアさん。
8月17日号のAERAの表紙を飾っていましたが
見ましたか?^^

毎号、表紙を飾った方のプロフィールや撮影時のエピソード、
インタビューなどが掲載されている
「person in focus 表紙の人」。

今号は、冒頭にこう書かれていました。

「フードや水はないの?
この子はもうやりたくないって」

抱いた子犬は生後2カ月。「米国では12週齢未満の犬は撮影に使わない」。
いつもの温和な表情からは想像できない厳しい口調で、そうつぶやいた。

映画の宣伝ではなく、
編集部自らが、
撮影における日本の非常識を暴露してしまっているわけです。
なんていい内容だろうと思ったら・・・

書いたのは、あの、太田匡彦氏


切り取り方がさすがですよね。すばらしいです。

【太田匡彦氏の担当ページ→「ペットビジネス」の闇
 いまだ書き込みが増え続けています。見てくださいね】

ところで、リチャードギアさん、
保護施設からもらってきたシープドッグ系の雑種を飼っているんだそうです。

ステキですね^^

これからも、いろんなメディアが
こうしたさりげない形で、どんどん日本の非常識を指摘してくれたらいいですね。

映画もAERAも応援します!

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

りんちゃんのこと2

残念なお知らせです。

今年の春にアルギナーゼ欠損症という病気の診断をうけていた
りんちゃん。
7月24日 りんちゃんのこと

昨日、虹の橋を渡ったと飼い主さんから連絡がありました。

1歳1ヵ月と8日の短い一生でした。

犬の1歳って、
飼い主との信頼感も築けてきて、一番楽しい頃ですよね。

犬と暮らしたことのある人ならわかると思いますが、
飼い主さんにとって、この別れは本当に辛いと思います。

ワタシも本当に残念です。


ただ、りんちゃんにとってはどうでしょう。

犬は自分の運命を受け入れます。
苦しくても耐えることしかないことを知っているし
死をも恐れない。

だとしたら、病気を発症した自分を
最期まで一生懸命看てくれた家族がいたことが
犬として最高に幸せだったんじゃないでしょうか。

りんちゃん、今頃は
来世でまた飼い主さんと会えることを願いながら
虹の橋で自由に走り回っていることでしょう。



アルギナーゼ欠損症については
人間でもとても稀な病気らしく、
犬のケースは調べてもみつけられませんでした。

でも。
人間のケースに、こんな一文をみつけました。


“ARG欠損症は,常染色体劣性形式で遺伝する”

Gene Reviews(臨床遺伝医学に関する総合情報サイト)より

人間のことはわかりませんが、
犬の場合、100%ではないにしても、こうした病気を防ぐ術は充分にあるんです。

そのためにも、
気軽な素人繁殖はすべきではないし、
ペットショップに犬を卸す利益追求のパピーミルは
このまま存在させておいてはいけない。

一人でも悲しむ飼い主さんを増やさないために
また一匹でも多くの犬に健康で寿命を全うしてもらうために
犬の繁殖は・・・

・病理や遺伝に関する充分な知識

・万が一のときの充分な治療費(金銭的余裕)

・その犬種に対する深い愛情と理解


全てをもったシリアスホビーブリーダーにまかせてください。

若くして最愛の飼い主と別れなければいけない
りんちゃんのような犬たちを、
悲しい思いをする飼い主さんたちを
これ以上増やさないでください。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2009年8月11日 (火)

譲渡可能犬情報が公開されています

犬や猫って不思議ですよね。

たいていのコたちは、
人が近づくと嬉しそうに「触って!撫でて!」
と言わんばかりにアピールしてくる。

確かに、ご飯をくれるのは人間だから
食べるための手段とも思えるけど、
それだけではないですよね^^

人が彼等から安らぎをもらいたいように
彼等も人から愛されたいと思っているのは
犬猫飼いなら誰しもが実感していること。

一度人の愛情を知ってしまった犬や猫は
自分たちの仲間(犬猫)が周りにいても、
人がいないと寂しがるようになるのは不思議ですよね。
どうして彼らはこんなに人間が好きなんでしょう^^

だから今度こそ
彼らを裏切らず最期まで愛してくれる本当の飼い主に
巡り会ってほしいのです。


札幌市動物管理センター
収容犬情報案内ページが変わっています。

これまでの「迷子犬保護収容情報」に加えて

「譲渡可能犬(放棄犬・収容期限満了犬)情報」
公開されるようになりました。

子犬を育てるのは案外手がかかって大変だと
ARKのオリバーさんも言っていましたよね。(クローズアップ現代で)

自分に合う犬かどうか、冷静に見て選ぶことができれば
おちついた成犬との生活もいいものですよ。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

クローズアップ現代“ペットは泣いている”感想

8月5日のクローズアップ現代、
今までに見たペット問題を扱った番組の中でも
とてもいい内容だと思いました。

30分という短い尺ですから
ややコンパクトにまとまりすぎている印象もありましたが、
それがこの番組の特性でもあるのでしょうね。

コンパクトながらも、問題の核の部分は正面から捉えられていましたよね。

ゲストが野上さんだったこともすごいし。

スポンサーの顔色をうかがう必要のないNHKが作る
ドキュメンタリーの良さが出てました ^^

何より、ALIVEの所有する
あのパピーミルの悲惨な映像や、痛々しいシーズーの画像を
NHKが流したことには驚きです!


これまでは限られた人たちしか見ることのなかった
(見ようとしなかった)ああいった映像。

どれだけの人が見てくれたんでしょう?

ああいった映像を初めて見た人はどう感じたんでしょう?



国に求めることは、業者に対する規制の明確な数値化。

私たち飼い主には、
生後2ヵ月以内の子犬を購入することがはたして正しいことか?
破格値での取引をどう考えるか?
という疑問がなげかけられました。



肝心なのはこれからです。

あれを見て「可哀相」とか「なんとかしてあげて」と
思うことは当たり前。

重要なのは、そこから、一人ひとりがどう変わっていけるか。

みんなが考えを改めないと“可哀相な犬”は減りません。

そのためにできることはたくさんあります。

【犬を買うなら】
日本にも、一握りですが英国のように努力しているブリーダーはいます。
そこまでたどり着けないなら、せめて親犬を見せてくれるブリーダーを探してください。
そこでは必ず、繁殖を引退した犬が終生飼養されているかを確認してください。
それが、ブリーダーがその犬種を本当に愛しているかどうかを測る一つの指針にもなり ます。


【犬のフードやグッズを買うなら】
生体展示販売を行っていない店から購入してください。

いまさら紹介するほどではありませんが・・・

green dog 生体展示販売に反対しています
mobby 動物愛護活動にとても熱心です

そういえば、あのdoggy doも新しくなりましたね。

doggy do
札幌市中央区南1条西27丁目 1-1
マルヤマクラス 1F
TEL/FAX 011-688-6228



【不妊手術をする】
遺伝・病理の知識を持ち、本当にその犬種を愛する
シリアスホビーブリーダー以外は繁殖しない。
これが日本の常識になれば殺処分はなくなるかもしれません。
生殖器の病気を予防するためにも、不妊手術は有効です。



無理をする必要はありません。
できることから、変えていきませんか?

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2009年8月 5日 (水)

NHKクローズアップ現代“ペットは泣いている”要約

さっそくyoutubeでもアップされてますね。
(8月11日 youtubeで映像が削除されていたことを確認しましたので
URLも削除しました)



以下、番組を見ながら取ったメモを保存用にあげておきます。
(間違いがあればご遠慮なく指摘してください)



【VTR】

繁殖業者の声
「以前は10万円以上でペットショップに売れていた犬が、
今は5万円がやっと。経営は苦しい。食べさせるのがやっと」

激しい価格競争はインターネットを利用した新規参入が
原因と言われている。

ネットオークションで子犬を販売している個人。
「犬を買いたくても、高くて買えないという人のために
安く犬を買ってもらいたいと思った」

ところが
以前は15万から20万くらいついた金額が
いまではなかなか値段があがらない。
落札価格は4万円に。

1円で犬を売り出すケースも。売れ残りの見切り品。


これは「日本の消費者が子犬を好む」という問題と
大きく関連している。

(データ)92%が生後60日以内の子犬を購入している


街頭インタビューで、一般の人たちも
「小さい方が可愛い」
「小さい頃から飼うほうが愛着がわく」とコメント。



こうした深刻な価格破壊が、繁殖場の犬の健康を脅かしている。

繁殖場からボランティアに保護された犬。
診察してみると
・栄養状態が悪い
・ケガをしていても治療されていない
・歯がくさっている

獣医師は言う。
「繁殖場の犬は、出産以外はケアされていないケースも多い」


全身をダニに寄生され感染症にかかり衰弱死寸前だったという
シーズーの写真。
(目だけが大きく飛び出し、ガリガリに痩せ、被毛は悲惨な状態でシーズーとはわからない)

子犬生産工場=パピーミルと呼ばれる繁殖場の映像。
(不衛生な環境。狭いゲージに入れられた犬たち)


以前パピーミルで働いていたという男性のインタビュー。
「帝王切開もそこ(パピーミル内)でやっていた。
死んだら死んだで仕方ない。
生まれた子犬も売れなきゃ処分していた」

こうした状況を改善しようとしているのが
全国ペット小売業協会(XPK)。
(よろしければ、コチラも。4月28日の記事
ところが、実際協会に加盟しているのは約3500社。大半は加盟していない)


こうした現状の原因として、国の規制が充分ではないことがあげられる。

自治体は登録制。登録はほぼ書類審査でパスしてしまうため、
悪質な業者を取り締まることができない。
また基準が曖昧なことも問題。

環境省の担当者は「基準を一定の文書にすることができない」とコメント。



【スタジオ】

ゲスト:地球生物会議ALIVE野上氏

価格破壊が進んでいるのに、過剰な繁殖が続いている。

4年前に動愛法は改正されたのになぜ?

アライブでは
動物取り扱い業者に対する規制に関する要望を提出したが
改正では半分しか実現されなかった。

基準が曖昧なことなど問題が多い。

例えば行政による立ち入り調査は事前予告があるため、
業者は調査の前に犬を他の場所に移したり、
犬舎の清掃を行う、これによって調査はスルーできる
予告をなくさないと意味がない。


また基準に具体的な数値を設けないと改善は無理。

◆業者認可 (日本)登録制 (英国)許可制

地域ごとに登録できるため、例えば東京で登録を取り消されても、
再び大阪で登録することができてしまう。
また、イギリスのブリーダーは何百年もかけて作られてきた犬種特性を考えて
それを守って交配している。たいがい1種類の犬種しか扱っていない。
日本とは同じ呼び名の「ブリーダー」でも、2つの国の言葉の意味は全く異なる


◆繁殖制限 (日本)適切な回数 (英国)一年に1回、一生に6回

日本はボロボロになるまで出産させられ、産めなくなれば殺処分。
イギリスは母体の静養期間を設けているし、終生飼育も義務化されている


◆幼齢動物の販売制限 (日本)適切な時期  (英国)8週までは親元

イギリスでは科学的根拠に基づいて、8週未満の犬を親犬から離してはいけないこ
とになっている


それと同時に、買う(飼う)側の意識を変える必要がある。




【VTR】

行政や民間で新たな試みも始まっている。

1台のトラック。
飼い主から不要とされた犬や猫を引き取るためにその場所にやってきた。
トラックの周辺には、ペットを連れてきた人たちの姿。

「ペットだって命だって、そんなことは常識。言われなくてもわかってる。
でも人間だって大事でしょ?どっちが大事なの?」
なぜ捨てるのか?という問いに開き直り、逆切れしながら答える
ペットを捨てた女性。

殺処分される犬は年間10万匹にものぼる。

こうした飼い主たちを思いとどまらせようと説得をしているのが
熊本市動物愛護センター。

「ペットを捨てたい」という飼い主からの電話に
本当に飼いつづけることができないのか
説得を続ける。

「どうしても捨てる、という人に
犬の殺処分に立ち会ってもらったこともあります」

また、引き取り希望者にもすぐには犬を渡さない。
必ずみてもらうというVTRには、
殺処分の瞬間が写された映像がながれる。
涙ながらに「最期を看取るまで大事にしたい」と答える女性。



大阪の愛護団体(アニマルレフュージュ関西;ARK)の映像。
飼い主に放棄された犬に、新たな飼い主を探す活動をしている。
2歳以上の成犬から老犬も。

しつけがされていたり、行動も落ち着いているので
初心者や年配の方にとっては、こうした犬のほうが飼いやすい場合も多い。

ARK代表オリバー氏のコメント。


10歳のミニチュアダックスを引き取った女性の自宅の様子が映し出される。
「まだ2週間。でもすっかり馴染んでます。」
犬もリラックスした様子。


【スタジオ】

犬を迎えるためのこうした選択肢が1匹の命を救う。
こうした選択肢や、子犬を迎えるリスクも知ってほしい。
そして、こうしたことを支える仕組みが必要。
基準を明確にすること
業者を監視すること
情報を公開すること

動物愛護団体はほとんどボランティア。
運営は苦しい状態だから、社会全体が認知して
こうした活動を支えてほしい。

行政-業者-飼い主-愛護団体
この4者が連携することが必要。

売られている子犬が“どこで生まれて、繁殖されたんだろう?”ということに
関心をもってほしい。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

NHKクローズアップ現代で

昨日のブログにチラリと
愛護団体「アニマルレフュージュ関西(ARK)」のことを書きましたが。

そのARKも取り上げられるようです。

ゲストはALIVEの野上さん。

多くの人に、この現実を知って
ペットショップについて考えてほしいです。

NHK クローズアップ現代

8月5日(水)19:30~19:56放送予定
ペット受難
~激安競争の裏側で~(仮題)

右肩上がりの成長を続けてきたペット産業。そこに今、価格破壊の波が押し寄せている。

不況の影響で消費が冷え込む一方、インターネットを通じてペットを販売する業者の新規参入が相次ぐなど、販売業者は増え続けている。

このため、価格競争がエスカレートし、そのしわ寄せはペットを直撃している。

コストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、年に何回も子犬を産ませる"パピーミル(子犬工場)"と呼ばれる悪質な業者も登場。

一方で、飼い主の中にも、安易な理由でペットを手放してしまう人たちがあとを絶たず、毎年、10万頭あまりの犬が行政によって処分されている。

人間の都合に翻弄されるペットをどのように守っていけばよいのかについて考える。
(NO.2778)

スタジオゲスト : 野上 ふさ子さん
    (市民団体「地球生物会議」代表)

「可哀相だから、こういうのは見たくない」

そう言ってしまうのも自由だと思います。

でも、
そう言う人に限って、ペットショップ御用達だったりする。

それって何か変じゃないですか?
もっとちゃんと考えましょうよって、言いたくなるんです。

***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2009年8月 3日 (月)

ペットの専門学校

ペット関連の専門学校への進学希望者が
大幅に減少している、という話をしていたときのこと。

全くペット業界には興味のない人から
「ペットショップの経営者なんて893みたいのばっかりだろ」
言われました。
(無論みんながみんな、ではありませんが)

それなりの年齢の方(おおむね40歳以上)は
みんなわかってるんですよね、やっぱり。

恵み野にある某専門学校(1つしかない。笑)のパンフレット。

卒業生の写真と内定先とずらーっと並んで掲載されていました。

○○動物病院、○○トリミングサロンなんかはいいですけどね、
案外ペットショップが多いんですよね。

それにしても。
わざわざ専門学校で2年間も勉強して、ペットショップ店員ですか?
あの人たちってみんな正社員?
よくそれで経営が成り立ちますよね、ペットショップって。

あ、だから犬の仕入れはパピーミルから。
買い叩かれているから、しわ寄せがすべて犬にいくんですね。
不衛生で、エサも少なく、
病気になっても治療もしてもらえず、産めなくなれば殺処分。


いずれにせよ企業としても健全経営とは言いがたい。

ペットショップで上場してる会社、ないですよね。
できないんですよ、裏側が黒すぎるから。


そもそも、学校に支払う学費だけでも2年間で200万以上かかってるんです。

そんなところに就職させていいんでしょーか、親御さん ←余計なお世話


・・・って、そういう問題ではなくて(毒)

学校で学んでいる時点で、ある程度ペット業界の裏側というのは
耳に入っていると思うんですよね。

それでもペットショップで働こうと思ってしまうのが残念。

あっ、でも驚いたのは
あの超大手(?笑)愛護団体「アニマルレフュージュ関西(ARK)」
内定した学生がいた、ということ。

ちゃんと考えて調べている学生さんもいることに
嬉しく思いました。

余談ですが。
愛護団体とはいえ、安定した運営を継続させていくためには
従業員は欠かせない存在。
新卒を採用できるなんて、ARKはすごいですね~。


***********************************************

6月14日の早朝、石狩浜で犬が行方不明になりました。
【石狩 ダルメシアンの目撃情報】

***********************************************

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »