« 崩壊。そして里親について | トップページ | ナイショのお知らせ »

2009年4月 2日 (木)

崩壊。私達ができること

北海道ブリーダー崩壊

本格的な里親募集が始まっています。
着々と決まっていっているようですね。
よかった、よかった。

でも・・・本当はよくない(毒)
だって、大きくとらえれば問題は解決していないんですから。

このケースは氷山の一角で、
助かったコたちだってこうした犬屋の犠牲者(犬)全体からみれば
ほんの一握りにも満たない。

おまけに、オーナーは何らかのペナルティを受けたか?答えはノーです。

結局、被害を受けたのは犬たちだけ。
大変だったのは救助にあたった方たちだけ。
助かったコたちがいたことは幸運だったけれど
「これでよかった」とは口が裂けても言えません、思えません。

言うまでもなく、救助にあたっている方たちのしていることには
大きな意味があります。

その努力をムダにしないために、
私達がしなければならないことはなんでしょう?

レスキューの様子をブログ等で熱心にチェックされているみなさん、
それを見て「よかったね」で終わらないでください。

物資やお金を寄付することや、里親になることだけが
支援ではありません。

これ以上、犬屋の犠牲になってしまう犬たちを増やさないために、
生体展示販売を行っているペットショップで
買い物をするのはやめませんか?

可愛い子犬を山ほど売っているキレイなペットショップの犬の大部分は
パピーミル(仔犬生産工場)出身の犬です。
そして、多くのパピーミルやペットショップには
あっちの筋の人たちが絡んでいるケースが多いです。

自分のお金を、ああいった人たちの資金源にしないでください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 崩壊。そして里親について | トップページ | ナイショのお知らせ »

コメント

勇気ある記事を有難うございます!
里親ビジネスという物がある事を私は全然知りません
でした。
ワタシさんのお陰で、また新たな現実を知る事ができました。
直視したくないけど、ルビーがいた所もこういう所なんですよね?この前の記事にあった通りの…
悪い事をしている人を罰さない限り、こういうイタチごっこは終わらないですよね。
やはり法的に規制するしかないと思います。
そして、犬を飼う側の人達も意識を変えないといけない
ですよね。
偉そ~うに言える立場ではありませんが^^;

投稿: ゆき | 2009年4月 3日 (金) 10時00分

ゆきさん、こんにちは。
お返事遅くなっててすみません^^;

ここに限らず、ペットショップを含めた
犬業界は本当にあっち系が多いんですよ。

日本では、犬も「お祭りのヒヨコ」と
同じような感じだったのかもしれませんね。
(もちろんヒヨコだって、大事にするべきだと思いますけど)

>直視したくないけど、ルビーがいた所も・・・

まだ実際に見ていないのでなんとも言えませんが、
悪い話しか聞いたことがありませんよ。orz
(詳しくはメール返信します。ちょっと待っててくださいね^^)
パピヨンをショーに出しているのを見たことがるので
一部の犬は大事にしているのかもしれませんけどね・・・。


投稿: ワタシ | 2009年4月 3日 (金) 19時16分

御もっともですよ!
ヤクザの件は正直情報は在りませんが、金儲けの臭覚が優れている輩ですから、資金源の締め付けが厳しいですので動物に走っているのでしょうね。

一方、政府系、政府公認の団体も同じ様なものですよ!

北海道は個人的に活動している人達しか、真剣に動物達を考えている愛護・福祉者がいないことは悲しいことでも在りますね!

投稿: 影に住人 | 2009年4月 4日 (土) 20時06分

影の住人さん、こんにちは。

気づかないうちに、私達のお金があっち系の人たちに
まわっていることって、案外多いのでしょうね。

>北海道は個人的に活動している人達しか・・・

そうですね。でも、せっかく団体の設立に漕ぎ着けても
考えの違いで言い争い、空中分解してしまう人たちが多いことが
何より残念です。
目的はみな同じはずなのに、もったいないです。

投稿: ワタシ | 2009年4月 5日 (日) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 崩壊。そして里親について | トップページ | ナイショのお知らせ »