« AERA早く読みたいですよね・・・ | トップページ | 札幌【SPAsia(スパシア)】閉館していた »

2009年4月 7日 (火)

崩壊とは?

「北海道ブリーダー崩壊」について
「けっきょく、崩壊でもなんでもなかったんじゃないか」といったようなコメントを
見かけました。

何をもって「崩壊」とするのか、
それは元々の知識の程度にもよるでしょうし
今回のことについて耳にしている情報によっても違いますよね、きっと。


愛護仲間のMちゃんが、こんなことを書いてました。

「何も知らない人が見たら、営業を続けている繁殖屋(パピーミル)だって
崩壊してるようにしか見えない」


ワタシもそう思います。
あの状態を実際みて、「犬がたくさんいて可愛い」と思える人は
そうそういないでしょう。


せまいケージに閉じ込められた、健康状態の良くない犬たち。

異常がみつかっても病院に連れていってもらえることはなく、

出産できないような病気がみつかった犬や、4~5歳を過ぎた犬は処分。


これって、動物虐待だと思いませんか?

なのになぜ、「繁殖業者」という名がついたとたん
こうしたことを繰り返し行っていても許されてしまうのでしょう。

行政に対して「動物取扱業」として登録し、立ち入り検査まで受けていも
こうしたことがまかり通ってしまう。(通らないと、つぶれてしまうんですが)

犬でお金儲けをしているにも関わらず
その犬の扱い方は、一般の飼い主からは到底考えられないレベルです。

でも。
こうした業者を支え続けているのは、
生体展示販売を行うペットショップであり、またそれを支えているのは
ペットショップで楽しそうに買い物をしている
「ごく一般的な犬好きの人たち」
だということをわかってください。

崩壊したブリーダーの犬は助けてもらえるから、まだいいです。

崩壊していないブリーダーの犬は、今の日本の法律だと
誰からも助けてもらうことができないんです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« AERA早く読みたいですよね・・・ | トップページ | 札幌【SPAsia(スパシア)】閉館していた »

コメント

先日はお疲れ様です。お会い出来て嬉しかったです(*^ー^*)後で思ったんですが、少し喋っただけで「さっぽろワンライフ」の方ですよねって私…怖い(*_*)
ごめんなさい怖い想いさせて。なのに優しくして頂いてありがとうございます!
近々ブログテビューしようと考えてますので、その際は連絡しますね(^O^)

投稿: 千葉 | 2009年4月14日 (火) 13時28分

千葉さん、こんにちは。
先日はありがとうございました。

コワイだなんてとんでもない~っ!^^
自分の知り合い以外の人に読んでほしくて始めたblogですから(笑)
声かけていただいてホントうれしかったです。

あのとき一緒に行った友だちに「世間は狭いんだね」と言ったら
「愛護のこと考えてる人自体が少ないからねぇ」と
言われました。なるほど、その通りかも・・・と思いましたorz

だからなおさら、同じ目的をもった貴重な仲間と
知り合えてうれしかったです。

Kちゃん、その後どうですか^^
ブログ始めたらおしえてくださいね!

投稿: ワタシ | 2009年4月14日 (火) 19時20分

はじめまして。
初めてこちらに訪問させていただきました。
この件は同じ道内ですが知らない内容でしたが

「崩壊したブリーダーの犬は助けてもらえるから、まだいいです。

崩壊していないブリーダーの犬は、今の日本の法律だと
誰からも助けてもらうことができないんです。」

というお言葉に激しく同意したのでコメントさせていただきました。
私も知合いの業者?を「犬屋」「繁殖屋」と呼んでした。
ブリーダーなんて言いたくありません。
うち1軒ではオーナーが大病患って廃業寸前な所がありました。
家族にも反対されていて、主が入院中は誰も面倒みてなかったそうです。
私が行った時は主の退院後でやせてるコはいませんでしたが不衛生で酷かったです。
そこからも一昨年数頭引き取りましたが、
その後近隣からも苦情が出て、
警察沙汰にもなり町内会からも抗議多発になったらしいです。
それでも主はまだ辞めたくないようでした。
辞めないと言ってる以上どうにもできませんものね。
辞めると言えば引き取り手も探せますが
「所有物」「商品」だと言われたら勝手にできませんしね。
本当に書かれた通りだと思いました。

長くなりましたが、これから読者にならせて下さいね。

投稿: 28 | 2009年4月26日 (日) 07時11分

28さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>辞めないと言ってる以上どうにもできませんものね。

そうですよね。
繁殖屋もそうですし、一般の飼い主の犬もそう。
外につながれたままでエサも満足にもらえていない、でも飼い主がいる、というのが一番やっかいですよね。

おまけにやっかいなのは、その可哀相な犬を引き取っても、「繁殖屋の場合は動物取扱業の登録抹消」を、「一般の飼い主の場合は「もう二度と犬を飼わない」という約束(法的には何の効力もありませんが)」をしないと、結局また同じことを繰り返されて、可哀相な犬が増えるというのも頭が痛いですよね。

「ブリーダー崩壊」って、実は犬を救う以上に、ブリーダーの息の根を完全にとめないといけないんだなと痛感しています。

またぜひいらしてください。

投稿: ワタシ | 2009年4月26日 (日) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AERA早く読みたいですよね・・・ | トップページ | 札幌【SPAsia(スパシア)】閉館していた »