« ペット保険について | トップページ | GWですね »

2009年4月28日 (火)

犬のイベント

今年もあるんですね、ペットワン博。
ttp://www.petland.co.jp/petwanpaku/

5/2(土)⇒5/6(水祝)

北海道ペットワン博inサッポロファクトリー

時間/10:00~18:00
場所/第1会場:サッポロファクトリーホール、第2会場:1条館1Fペットランドプラス
ドッグレースやファッションショー
大人\1,200/子供\800

移動販売ってどう思いますか?

犬のストレスはもちろんですが、それ以上に、
お客さんが「本当に犬が飼えるかどうか」を冷静に
判断できるかどうかが心配ですよね。

業界もそのことは認識しているようです。
『AERA』4月8日発売号では生体の移動販売に関する記事がありました。

衝動買いの原因になるとして、ZPKなどが自粛を呼びかけているのが「移動販売」と呼ばれる売り方だ。イベント会場やデパートの屋上などに短期間、犬や猫を持ち込んで販売する手法のことをいう。

『AERA』4月8日発売号より


ZPK=全国ペット小売業協会
ttp://www.pet-kouri.jp

移動販売の自粛を呼びかけているZPK。
こうした業界団体がこれまでの自分たちのやり方を省みて
改善していくことは重要です。

でも、実際はどうなんでしょう?
ZPKに常務理事として名を連ねているのが

この「ペットワン博」を主催している会社の社長なんですが(汗)

でもこの人たちは法律に違反することなく
こうした営業活動を行っているのです。
あくまでも自粛は自粛、特に規制を受けることもないのでしょうね。

ただ、こういった流れもあって、
今回の開催場所を店舗もあるファクトリー内のホールにしたのかもしれません。
これは多少の進歩なのかもしれませんが。。。
(せっかく進歩するなら、潔く止めてほしい。本音)

話は変わって。
このペットショップ・・・2chでもかなり書かれているので
ここでもそろそろ解禁しますが、
崩壊した北広島の「i dog centre」が以前、
テナントとして入っていた会社です。

今回の北広島の崩壊で足を踏み入れた方や
画像を見た方も多いとは思いますが、
生体展示販売をしているペットショップが犬を仕入れている業者は、
大方あんな様子か、あれ以下の場合もあるでしょう。

(バックヤードブリーダーはのぞく) 

北広島は繁殖犬はそれほど多くなかったはずなので、
ひょっとすると、まだマシと言えるのかもしれません。

ちなみに、あのレスキューサイトに上がっていた写真だけでは
動物愛護法違反としては立件できません。
(汚い、痩せている、というだけでは難しいようです)
ウラで何をしているかは別として、
とりあえず彼等のやっていることは現在の日本では合法ということです。

ペットショップで犬を買ったみなさん(ワタシも)、
あそこで犠牲になってしまった犬たちのためにも
この機会に現実を受け入れましょう。
それが私達にできることだと思いませんか。

私達のような一般の飼い主が
見てもびっくりさせられない環境で繁殖犬を飼ってているのは
優良ブリーダーだけかもしれません。
(これもバックヤードブリーダーはのぞく)

これから犬を飼うという方は、ぜひ
親犬を死ぬまで飼ってくれるシリアスホビーブリーダーを
頑張ってみつけて犬を買ってください。

(ちなみに、犬が老衰するまで飼養する繁殖場があるとしたら、
そこはとっくに崩壊しているでしょう。経営がうまくいきません)

あ、そうそう。

このペットワン博、ペット保険の「アニコム」も協賛。
そう、ここで保険を抱き合わせで販売することによって
クレームは減らせるのですね(汗)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ペット保険について | トップページ | GWですね »

コメント

ハイハイ、このペット博主催の社長は社団法人I協会の会員で、取引先の社長は其の協会の常任理事です。

日本では最大手の動物愛護・福祉団体ですが、しかも動愛法評議員のメンバーでもありますよ。 ハイ、ペット業界が作ったあの団体です。

因みに「テンテン」もそうだったと思いますが!

腐った奴らが、動物愛護・福祉の衣でカモフラージュしているようなものですね。

投稿: 影の住人 | 2009年4月29日 (水) 21時42分

影の住人さん、こんにちは。
(ご訂正、了解しました。最初のコメントのほうを生かしました)

本当にこの業界のことを調べていると、人間不信に陥りますよね。
愛護・福祉をうたう団体の人たちが、いちばん愛護とかけ離れたことをしているんですから。
大手は特にしたたかですね。

投稿: ワタシ | 2009年4月29日 (水) 23時16分

昔から何もかわってないんですねぇ・・・
少しはマシになったと聞いてましたが。。。
「動物愛護」という言葉に騙されないようにしなければいけないと思いつつも、それでは本当に「動物愛護」に励んでらっっしゃる方に失礼ですし。。。
他に良い言い方はないのかしら?と、思ってしまいます。
あ! うちはペット保険入ってません。。。
ちなみに、入っていても、うちのような場合は適用外だと獣医さんにいわれました。。。
何が吹っ切れたのか?やたらとコメントしてますね、私・・・すいません。。。

投稿: chiko | 2009年4月30日 (木) 11時19分

chikoさん、こんにちは。

数年前のペットブームとか言われていた時代が一番ひどかったのかも知れませんね。
今は売れなくなってきた分、廃業するところも増えて、その酷さが人目につく機会が多くなったのかも。
これからますます潰れるんでしょうね。

そうそう、「愛護」と「愛誤」を見分けるのは至難の業ですよね。
最初は「愛護」でも「愛誤」に変ってしまうケースもありますし、ホントに難しいです。

またいつでもコメントどうぞ(笑)

投稿: ワタシ | 2009年4月30日 (木) 22時14分

お久し振りです!いつも読み逃げばかりで(爆)

愛護と愛誤、そうですね間違えやすい!文字にすれば解りやすいですが.......

私たちの行っている場所を借りての譲渡会!ある意味移動販売ですね(爆)、ただ飼い主は見極めてはいるつもりですが....

日本の人たちの目がやっと動物保護に向いてきたところ、この芽をしっかり伸ばせて行ければ、良くなるでしょうね。

大手の生体販売の会社の役員が愛護総物の会の役員多いみたいですね!、完売の利権を確保するためだとは思いますが!。

投稿: ぶんた | 2009年5月 1日 (金) 06時28分

ぶんたさん、こんにちは。

おひさしぶりです~!
読み逃げ大歓迎ですよ
ワタシも読み逃げさせていただいてますし^^

>私たちの行っている場所を借りての譲渡会!ある意味移動販売ですね(爆)

ははは(笑)確かに。
でも、愛護目的と営利目的。
目的が違うだけでずいぶん違いますよね。

愛護とか福祉とか名前のついた団体の役員に
生体販売の会社の経営者が入っているだけで
もうその団体は信用できませんよね。
掲げる精神と実際は真逆のことしているんですから。
したたかですよねorz

投稿: ワタシ | 2009年5月 1日 (金) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペット保険について | トップページ | GWですね »