« 欧米では | トップページ | アニマルコミュニケーション »

2009年3月10日 (火)

多頭飼いは幸せ?

最近ずっと仕事がキツくて、更新できませんでした。
昨日も家に帰れたのは、とっくに日付が変わってから。

ってことで、早く寝ようと思っていたのに・・・そんなときに限って見つけてしまうんですよね、面白そうな番組(笑)

3月9日 01:45~
『アインシュタインの眼
イヌってすごい!~知られざる野生のチカラ~』

デジタルBS Hi の再放送でした。
(新聞には「BS選 犬の魅力」と書かれてましたが)

以下、NHKアーカイブスより、コピペ

私たちのライフパートナーともいえるイヌの魅力を徹底分析。驚異的なダッシュ力やジャンプ力などの優れた運動能力の秘密や犬の知られざる生態をスーパーカメラが捉える。
私たちのライフパートナーともいえる“犬”の魅力を、優れた運動能力から知られざる生態まで、スーパーカメラで解き明かす。フライングディスクを使った競技の中からダッシュやジャンプなどの瞬発力をハイスピードカメラで分析。さらにX線やCTスキャンを使い、優れた運動能力の秘密に迫る。また、主人が外出したときの愛犬たちの行動を、無人カメラで徹底観察するなど、犬の知られざる素顔を余すところなくとらえる。

途中から見たものですから、前半は見逃してしまったんですけど
「主人が外出したあとの愛犬たちの行動」のVTRはとても興味深くて、
「多頭飼いは犬にとって幸せ」と信じて疑わない人に
ぜひ見てほしい内容でした。

ということで、VTRの内容を簡単に紹介すると・・・

家族構成は、ご夫婦と血縁のボーダーコリー(母犬8歳と、母の妹犬4歳と、娘2歳)の3匹。
※年齢についてはワタシの記憶が曖昧です。すみません

家の中にビデオカメラを設置。

1.まずご主人が外出。

2.とたんに妹犬が尻尾を下げ、ストーカーのように奥さんの後を追い始める。

3.そして、奥さんも外出するため玄関へ。
犬たちは吠え始め、玄関のドアが閉まると3匹の鳴き声はいっそう激しくなる。

4.直後、母犬と娘の2匹が妹犬を襲いはじめる。
攻撃され、怯えた妹犬はクレートに篭り、出られない。

5.やがて、ご主人帰宅。3匹とも大喜び。
妹犬の身体の中にしまいこんでいた尻尾をあげて、うれしそうな様子。

6.ご主人が母犬だけを連れて散歩に行ってしまう。

7.先ほどとはうってかわって、妹犬はまったく怯える様子もなく、堂々としている。
娘犬が妹犬の顔に顔を近づけ、おべっかをつかいはじめる。

という内容でしたが
VTRが流れたあとは出演者一同ドンびき(笑)

上記4の“母娘犬に噛まれ続け、怯えてなき叫ぶ妹犬の様子”には
「見てはいけないものを見てしまったって感じですよね・・・」とコメント。
(恵俊彰さんか、山口もえちゃんのどっちかが)

珍しい話じゃないんですけどね、
犬の可愛らしい姿しか見たことのない人にとっては
たしかに衝撃映像ですよね。

飼い主にとっては可愛いパートナーでも、
やっぱり犬は犬。その特性を知って、冷静に見ないと
大事なことを見逃してしまいます。
(今回のこちらのお家のケースも、ひょっとしたら
何らかのストレスもあるのかもしれませんよね)

数が多ければ、なおさら注意が必要です。

ここ数年、多頭飼いを多くみかけるようになりました。
きっと飼い主さんは、犬にとって良かれと思ってやっているんだと思いますが
自分がいない間、家の中で犬たちはどうしているでしょうね。

1匹を大事に飼うのも、いいと思いますよ。
犬にとっては飼い主を独占できるわけで、これ以上の極上はありません^^

なにより、犬を1匹飼ったとたん
「可哀相だから、お婿さん(お嫁さん)をもらって、家族を作ってあげよう」とか
そういう発想だけはやめてほしいものです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 欧米では | トップページ | アニマルコミュニケーション »

コメント

初めまして。『途中からの多頭飼い』についてアドバイスを探していてこちらへたどり着きました。質問よろしいでしょうか。家には三年前に譲り受けたミニチュアダックス(黒毛でガッシリ体格の)四歳♂がいます。未去勢なので♀犬に興味大で散歩中など帰りにはちょっとかわいそうになります。が、二頭目♀犬を…と安易に考えてしまい、ちょっと待てよと思いました。家族五人と犬一頭でそれなりに犬も満足そうですが相手がいなくてかわいそう…と思うのは人間的発想でしょうか?また♀を一緒に飼ったからと言って先住犬には幸せとは限らないでしょうか。二頭以上は飼わないつもりですが。去勢避妊は必要ですか?

投稿: neko | 2009年4月29日 (水) 21時15分

nekoさん、はじめまして。

>ちょっと待てよと思いました。

そう思っていただけてうれしいです。


大事なことなので長くなりますが、読んでください。

ワタシの考えでは、自分の犬が健康であるなら、去勢避妊は絶対です。
特に一般で売り買いされているペットタイプの犬ならなおのことだと思います。

理由は大きく分けて2つ。

1つは、去勢をしておくことで前立腺の病気、精巣・肛門周辺の腫瘍などの病気の予防ができるということ、

もう1つは、犬を増やす人が減れば、11万頭ともいわれている犬の殺処分を減らせるということです。
生まれる数が減れば、当然捨てられる数も減ります。
また可愛い子犬が減れば、その分、不要とされた犬が引き取られるかもしれませんよね。

>二頭目♀犬を…と安易に考えてしまい、

まず、たとえ♀を迎えたとしても、♂は一度の交尾では満足しませんよね^^

もし♀のヒートの度に出産させていたら、♀の体はボロボロになってしまうでしょう。

また「犬は安産の象徴」なんて言葉もありますが、あれは多産という意味で、決して犬の出産が安全なわけではありません。
(犬の出産の多くは手助けを必要とします)

また一度出産した♀は、また出産しようと交尾にも積極的になります。(本能です)

そのたびに子犬が5匹産まれたとしたら・・・そのコたちはどうしますか?
(二頭以上増やすつもりはない、ということですので、勢力争いの件ははぶきますが)

生後1ヵ月程度で親犬から引き離し、社会化も移行抗体→ワクチンの定着まで完全でない状態でペットショップに渡されれば、子犬の命の保障はありません。

もし周囲の方たちに子犬を渡したとしても、その子犬が病気を発症したら?

素人の飼い主同士のやり取りには、いろんなトラブルも多いです。

※いずれにせよ、犬を販売するには動物取扱業【販売】登録が必要です。

そのほか、日本でこれほど病気の犬が増えている大きな原因は、遺伝や病理に関する知識のない方が目の前にいる犬同士を安易に繁殖させているからだとワタシは思っています。
(ウチの犬も犠牲犬です。遺伝病をもっています)

不妊手術に反対派の飼い主には「健康な体にメスを入れるのは人間の勝手だ。自然のままにしておきたい」という人もいますが、犬は人間がその誕生をコントロールし、自分の傍らにおいてきたからこそ、現在に至るとは考えられないでしょうか。

もし自然のままに生きていれば、もっと淘汰されて数は減っていたでしょう。(絶滅していたかもしれません。笑)
そもそも今の日本では、犬は自由には生きられません。
飼い主がいない、畜犬登録されていない犬は処分対象です。


nekoさんの心配はわかりますが家族に大切にされていれば、犬は「犬の友達や奥さんがほしい」なんて思いませんよ^^
(それどころか、もう1匹増えるとやきもちやきになることが多いです)

確かに不妊手術(麻酔)はノーリスクではありませんので、獣医師としっかり話し合われるとよいと思います。

ただ、若いうちにする去勢のための麻酔と、
年をとって腫瘍ができてからの手術と麻酔、
どちらのリスクが高いかは言うまでもありませんよね。

以上の理由で、若いうちに、いろんな予防のために去勢されることをおススメします。

投稿: ワタシ | 2009年4月29日 (水) 22時38分

☆ワタシさんへ☆
アドバイスありがとうございます!!質問させていただいて本当に良かった…と感謝です。ワンのことを軽く考える訳ではありませんが『うちの犬だから…』とよ~く調べたりていねいに聞いてみたり努力をしないで結果ばかりを夢見ていた気がして反省しております。犬に訊いてみた訳でもなし…。毎晩玄関片隅のケージの中で両足全開でガーガーと気持ち良さそうに安眠するワンをながめて思い直しました。わたしはこのワンに愛情一杯注いで最期まで寄り添って行きたいのが願い。わたし、とても愛されている気がしますし…。去勢はワンを連れてきた主人が『まんまでいい』と言いますが、多分に手術という事に我を重ねてしまっている気がします。ワンももう3歳過ぎましたし説明に努めて去勢を致します。長生きしてほしいから。皮膚炎だ外耳炎だワクチンだとよく病院へ通い心配している気持ちにうちの犬はよく応えてくれていると思います。飼い主の押し付けはやめて、日々ワンが幸せに満足できるよう家族みんなで愛情ふりかけて行きます。本当にありがとうございました。

投稿: neko | 2009年5月 1日 (金) 23時37分

nekoさん、こんにちは。
お返事ありがとうございました。こんなステキなお返事をいただけてとてもうれしいです。
ブログをやっていて本当によかったと思えます。

>結果ばかりを夢見ていた気がして

いえいえ。初めて犬を飼えば、一度は考えてみることだと思うんですよ。
(ワタシも何も考えずにペットショップで犬を買いましたし^^;)

本当は、犬を販売する人がちゃんとこうしたことを説明してくれたらいいなと思うんですが、現実はキビシイです。
ペットショップあたりで犬を買うと「繁殖して子犬産ませたらいいですよ。子犬売ったら元とれますよ」なんてこと言われるのも珍しくありませんから・・・orz

nekoさんのような飼い主さんと一緒に暮らせてワンちゃんは幸せですね。

これからもお互いに、良い飼い主目指してがんばりましょう^^

投稿: ワタシ | 2009年5月 2日 (土) 00時34分

第三者ですが(汗)nekoさん、とってもいい飼い主さんですね!
ワタシさんのアドバイスもすばらしい!!
より良く共存できたらいいですよね~

実はウチは多頭飼いです。
私がメスの子犬を飼い始めたところ、やむを得ず同居することになった娘は3歳のオス(去勢済み)をすでに飼っていました。
家がゴタゴタしていて、メスの避妊が遅れて初めてのヒートがきてしまいました。
すると、オカマにもかかわらず、マウントしまくりで、大変でした。
今は避妊したので大丈夫ですけどね。

二匹の相性は良いようで、仲良く?追いかけっこしたり遊んでいるときもありますが、基本的にはママの愛情を独り占めしたいのじゃないかな~と思いますね。
我先に相手を押しのけて駆け寄ったり、何かで自らをアピールしたり…けなげです。

それにしても、人の手によって安易な繁殖がおこなわれ不幸なワンコたちが生まれるのを、少しでもくい止めたいですね。
いま元気なワンコは、たまたまそう見えるだけかもしれないと思うと、こわくなります。
色々なリスクのある遺伝子を持っているワンコは相当数いると思うからです。

投稿: のえ | 2009年5月 2日 (土) 00時51分

のえさん、こんにちは。

お久しぶりです(笑)
「わんこの話」みましたよ。にやり。

お褒めいただいてうれしいです。
また、のえさん宅の赤裸々な事情(笑)まで、わかりやすくありがとうございます。

ホント、みんなnekoさんみたいな飼い主さんだったらいいですよね。
実際は、なかなか理解いただけない、人間的に解釈してしまう方のほうが多いですものね。

また、病気の犬を抱える大変さは体験してみないとなかなかわからないのかもしれませんしね。

>我先に相手を押しのけて駆け寄ったり、何かで自らをアピールしたり…けなげです。

うんうん、そーですよね。
うちの実家の犬たちも1匹を構っていると、横から他の犬たちが無理やり割り込んで「私が!私が!」って前に入ってきます。
(ときどきそれで諍いも起こります)
犬って相当なやきもちヤキですよね~。

ところがうちのコは全然なんです。
飼い主的にはちょっと寂しいんですけど、そのほうが犬としては幸せですよね!

投稿: ワタシ | 2009年5月 2日 (土) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 欧米では | トップページ | アニマルコミュニケーション »