« AERA「TALK」の「ペットビジネスの闇」 | トップページ | コーギー »

2009年2月 3日 (火)

繁殖屋の放棄犬

ブリーダーに放棄された犬を見るたび
怒りがこみあげます。

そういう犬は見たことがない、でも
刺激の強い、可哀相な画像は見たくないという方はぜひこちらを。

みなさんおなじみの、あいがん動物を守るHOKKAIDOしっぽの会

トップページの、左のメニューから「犬の飼い主募集」をみてください。

岩見沢保健所から保護された、
メスのイタリアングレートハウンドが3匹います。

おそらく繁殖屋の放棄だろう、と言われています。
みんな小さくてやせて、ぺらっぺらで、
筋肉もほとんどありませんでしたが、
会で少しずつ元気を取り戻しています。



繁殖リタイア犬は人に慣れていない・・・と思う方もいるかもしれませんが、
ワタシの知っているコたちは、たいていは
人の愛情がほしくてたまらない様子で
人の姿をみると「こっちに来て!」と健気なコが多いです。
このイタグレたちも同じで、とてもいい子たちでしたした。


美味しいものを食べて、遊んでもらって、愛情を受けてすくすく育ったウチの犬と、
このコたちの何が違うというんでしょう。
同じ犬なのに。

追記:2月7日、3匹のうちの1匹が、新しい家族に巡り会いました!

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« AERA「TALK」の「ペットビジネスの闇」 | トップページ | コーギー »

コメント

はじめまして。
NORTH LAND SHIMAYA JP を検索し
こちらに辿り着きました。
メールをさせていただきますね。

投稿: りか | 2009年2月 9日 (月) 09時26分

りかさん、はじめまして。
メールお待ちしてます。

投稿: ワタシ | 2009年2月 9日 (月) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AERA「TALK」の「ペットビジネスの闇」 | トップページ | コーギー »