« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月15日 (水)

東京でブルセラ症

人畜共通感染症のブルセラ症が
今度は東京で出てしまったそうです。

ということは
ここの犬たちに感染させた誰か(犬?)がいるということですね。

ドッグランについては、犬同士の事故はもちろんですが
感染症についてもハイリスクだってことを
(もちろん、散歩もノーリスクではありませんが)
私達飼い主はもっとしっかり認識しないといけませんね。

そういえば、月寒でパルボが出たこともありました。
でも、パルボは混合ワクチンで予防できるのでまだいいです・・・。
ブルセラは予防できませんから。

気にしすぎてもキリがないですけど
自分の犬を守れるのは、自分しかいません。
後悔することのないように気をつけたいものです。

<イヌブルセラ症>レンタル犬会社の18頭集団感染
10月15日2時33分配信 毎日新聞

 小・中型犬を有料で貸し出すレンタル犬サービス会社「ジャネット」(東京都品川区)の所有する18頭が、人や家畜にも感染する「イヌブルセラ症」に集団感染したことが分かった。人への感染は現在のところ、確認されていないという。

 ジャネットの説明によると、五反田(品川区)と浦安(千葉県浦安市)の両店で所有する計59頭のうち、2日に18頭が陽性、3頭が陰性、38頭が再検査を要する疑陽性と判明したという。9月に交配した1頭が、ブルセラ症の典型的症状である流産をしたため、全頭検査をしていた。

 この結果を受け、同社は両店を閉鎖し、3日に保健所や都動物愛護相談センターに報告した。感染犬の尿や汚物に触ると感染することがあるが、通常の生活では人への感染はまれだという。

 同社はドッグカフェや犬が走り回る広場なども運営しており、会員約1600人にはメールで感染を連絡。荒木学社長は「感染ルートは分からない。感染を広めないためにも、両店に出入りした人や犬は検査をしてほしい」と話した。

 浦安店を利用していた看護師の女性(36)は「飼い犬を検査しているが、感染した犬といつも遊ばせていたので怖い」と不安を口にした。【長野宏美】

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年10月 2日 (木)

子犬を買うなら

最近は本当に収容犬が多いです。
コメントにもいただいたように、引越しというケースが多いのでしょうね。

以前も何度か書いてますけど、
収容犬のなかで、最も状態が悪くみえる犬種の一つがシーズーだと思うんです。

札幌市動物管理センターの、いま写真があがっている中にも
かわいそうな状態のコがいます。
一般家庭なら、どんな飼われ方をしていたのか・・・。
それとも、ブリーダーの放棄でしょうか。

シーズーあたりは大人しくて飼いやすい、
サイズも小さいから簡単に飼えると思うんでしょうね。

でもいざ飼ってみると、
トリミングが面倒だったり、
目や皮膚、心臓に病気が出やすかったりするのも
シーズーの特徴の一つ。

生きものですから、そうそう都合よくはいきません。

ちなみにキャバリアは大人しくて飼いやすいですけど、
高い確率で遺伝性の心臓の疾患を発症します。

犬や猫を飼う場合は、必ずマイナス面も認識した上で
可能かどうかを考えたうえで飼ってください。

そして、せっかく飼うなら
動物のことを大切に考えているブリーダーさんの元から。

今週末まで、札幌西区のペットショップで閉店セールがあるようです。
「売り尽くし」なんて書いてましたけど、
一時の感情で「この金額なら買える!」なんて軽い気持ちで買うと
あとから痛い目にあいますよ~(笑)なんて。

閉店するような店で買って、あとから何かあっても
誰も保障はしてくれませんね。
系列店は残っていても、言った・言わない、
じゃあ返品・交換!がせきの山です。

もちろん生きものですから、ブリーダーから買ったといって
病気の可能性が全く0なんてことはありません。
(そのブリーダーの質、何より親犬、そして運です)
でも、しっかり遺伝や病理のことも考えているブリーダーのほうが
病気の確率は低いと思います。

なにより、親犬が大事に飼われていることが一番ですね。
親犬が大事なら、その子犬のことも大事に考えてくれますから。

子犬を買うなら、大事にされている犬の子犬を買いましょう。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2008年10月 1日 (水)

プロジェクト・プーチ

うちはよくここからフードやオヤツを購入してます。

いまさら紹介することもないほど、有名でしょうけど
GREEN DOG

ここはちょくちょくメールマガジンを送ってくれるんですが
そのなかに気になったお話が載っていたので、勝手に(笑)ご紹介。

今回の記事を担当されたのがGREEN DOG代表の佐久間さん。
そこで取り上げられていたのが「プロジェクト・プーチ」の話でした。

【メールマガジンから抜粋】

「プロジェクト・プーチ」はアメリカオレゴン州の少年院で取り入れらている、「少年の更生」と「シェルター犬の再出発」を同時にお こなうプログラムです。犯罪を犯した少年に、シェルターで里親を 待つ犬の世話、トレーニングをさせることで、少年、そして、犬の心のケアを実現し、それぞれに新たな人生・犬生の出発を切れるように支援するというもののようです。このプログラムが始まって15年が 経ち、プログラムをうけた少年の数は400人以上にのぼるそうですが、その誰一人として再び罪を犯す者がいないと報道されていました。

ワタシがこの話を知ったのは
「ドッグ・シェルター 犬と少年たちの再出航」という本でした。
保護は“助けてあげてる”んじゃなくて、
“互いに助け合っている”ということを実感できる内容です。

保護に限らず、なんでもそうですね。
“してあげている”なんて一方的なことは、相手がいる以上存在しないのかもしれません。


そして、この著者が児童文学作家の今西乃子さん。

そう。これまたご存知の方は多いと思いますが、
マリコさんと未来ちゃんのお話
「命のバトンタッチ―障がいを負った犬・未来」を書いた方です。

ワタシが犬の保護に関心を持つようになったきっかけの一つが、
このマリコさんのブログでした。

興味をもった方はぜひ見てみてください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »