« ペットを飼育できなくなるということ | トップページ | 動物愛護フェスティバルinえべつ その1 »

2008年9月19日 (金)

犬を買う選択肢

犬を買う場合の選択肢はいろいろあります。

そのうちの一つが、ネット販売です。
これは安易な売り買いを助長してしまうということから、反対意見も多いですが、全てがNGなわけではないと思います。

“ネットだけでの売り買い”はもちろん論外ですが、ネットで情報を集めて近所のブリーダーをみつけ、そこを見に行って環境を確認した上で購入するのであれば、どんどんネットは利用したほうがいいですね。

9月18日の記事
ペットを飼育できなくなるということに書いた
『ペットリゾートカレッジ日光』の母体-ペットリゾートカレッジ株式会社が
運営する販売システムがこちらです。

動物病院ダイレクト
東京都大田区矢口1-29-19
TEL:03-5741-2480 

登録しているブリーダーで生まれた子犬を、関東であればスタッフがお届けまたは動物病院から、地方であれば登録の動物病院から渡すというシステムだそうです。

動物病院で健康チェック&マイクロチップをいれてからのお渡しだそうです。これはいいですね。マイクロチップが最初から入っていれば安易に犬を捨てることは未然に防げますし、生体展示販売でたまに聞く「買ってきた犬がパルボに感染していた!」なんて最悪なことはなさそうです。

Webサイトには「獣医師が管理するブリーダー」とかかれています。
「予防プログラム」という独自基準を設け、主に母犬の健康管理や、感染症の予防などを行っているそうです。(そうした独自基準をクリアしたという意味だと思いますが)「優良ブリーダー」なんだそうです。

ちなみに、多犬種を扱っていたり、あまりにもたくさんの犬を繁殖させていると、ワタシにとってはそれだけで「優良ブリーダー」ではなくなります。

犬を繁殖させるために必要な知識(血統や遺伝や病理)は犬種ごとに違うので、
多犬種を扱っている=真剣に「繁殖」を考えていない
たくさんの犬を繁殖させている=犬1匹1匹を大切にしていない

という偏見(?笑)をもっているので。

また、母犬は終生飼養しているのでしょうか。ブリーダーの見学は可能なんでしょうか。

Webサイトだけではわからない部分はたくさんありますので、興味をもった方はぜひ問い合わせてみてください。

生体展示販売のペットショップをなくすためには、こうした販売方法をちゃんとしたものにしていくという方法もありますよね。

一生涯付き合うパートナー探しです。一時の感情でペットショップで決めずに、しっかり情報収集して考えることをオススメします。

ペットショップの安売りで5万で買っても、その後の病院代であっという間に10万円!なんてこともあるんですから。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ペットを飼育できなくなるということ | トップページ | 動物愛護フェスティバルinえべつ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットを飼育できなくなるということ | トップページ | 動物愛護フェスティバルinえべつ その1 »