« 犬を買う選択肢 | トップページ | 動物愛護フェスティバルinえべつ その2 »

2008年9月21日 (日)

動物愛護フェスティバルinえべつ その1

動物愛護週間ですねー。

日曜に、酪農学園大学で開催された
江別市小動物開業獣医師会主催の動物愛護イベントに行ってきました。

2008動物愛護フェスティバルinえべつ

ばんけいのイベントよりは小規模な感じでしたが、
たくさんの人たちが犬(猫もちらほら)連れで訪れていました。

ブースには北海道盲導犬協会、
北海道ボランティアドッグの会を始め、
アニコムやアイペットなどペット保険会社や、製薬会社、
ペットビジネス系の専門学校に、
おなじみのしっぽの会&MOBBYも参加していました。

各ブースでは
物販をしていたのは、しっぽの会くらいでしょうか。
サンプリングやアンケート&プレゼントが多かったです。

酪農大の学生サークル「幸せなしっぽ」では
動物たちの虐待に関するパネルを展示していました。
(というか、展示してるだけだったのが残念・・・)
気持ちはわかるんですけど、
大部分はあまり知識のない一般の飼い主なので、
あれだけ見せてどこまで伝わるかなー?というのが正直な感想。

一番人気のブースは、専門学校生によるツメきり!
時折聞こえてくる“キャンキャンキャン・・・・”という
悲痛な叫び声が痛々しかったです(笑)

しっぽの会では会の活動資金集めとして、
いろいろなグッズが売られていました。
ワタシはpeepeeちゃん用の足拭きタオルと、アミぐるみストラップなどなど購入。
かわいい商品を買ってそれが寄付になるなら、
買い物も二倍楽しいですね。

中央のステージ(といっても芝生ですが)では
警察犬や、盲導犬、ボランティアドッグのデモンストレーションなど。
おりこうなワンコたちがたくさんいました。

と、だけ書くと楽しそうなイベントですが、
ちょっとオカシイのでは?と思うことや、
考えさせられることもありましたよ。

つづきは次で。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 犬を買う選択肢 | トップページ | 動物愛護フェスティバルinえべつ その2 »

コメント

ワタシさんも行ってらしたんですね。
私も、車酔いしないタバサと夫と、お昼頃行ってきました。

動物問題研究(?)のルーキーの私は
取り敢えずKY(空気を読むこと)に専念が精一杯でした。(汗)
いつもコチラで勉強をさせて頂いています。

口を開けば開くほど、時間がかかる問題だと
痛感させられます。(涙)

すべての動物達が幸せに暮らせる日が、早く来るとイイですね。
私も試行錯誤しながら、頑張ります。

投稿: martha | 2008年9月23日 (火) 02時37分

marthaさん、こんにちは。
marthaさんも行かれていたんですねー。
ワタシもお昼前からウロウロしていたので、すれ違っていたかもしれませんね。ハイカラ酒場に続いて。

飼い主さんと一緒に歩く“幸せなワンコ”がいっぱいでしたね。
ほんの一握りのあのコたちの陰で、どれだけのコたちの命が失われているのか考えると胸が痛いですね。

お祖母さんがお孫さん(?)に、しっぽの会のブースの前を通りながら「捨て犬でしょ」と、 “何がめずらしいの?”くらいのニュアンスで話していたのが聞こえて、複雑な気持ちになりました。

こういうイベントに来ている人でさえそうなんですよね。動物だから仕方ない、と思っている人多いです。

ワタシもまだまだ頑張りますー。

投稿: ワタシ | 2008年9月24日 (水) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬を買う選択肢 | トップページ | 動物愛護フェスティバルinえべつ その2 »