« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

ペットショップで犬を買う前に

『ワンちゃんの里親ホーム』
北広島市大曲

個人が飼えなくなった犬や、
ブリーダーが繁殖犬として使っていた犬を
お金をもらって引き取っています。

里親希望者には
一律20,000円の登録料(この企業に対する登録料だそうです?)と
引きかえに犬を渡すそうです。

ワタシが見てきたときには小型犬は50匹以上いました。
ペットショップで見る人気犬種ばかり。
ダックス、ポメラニアンが特に多く、その他も
シュナウザー、チワワ、キャバリア、イタグレ、プードル、テリアなど。

大型犬はゴールデンやボーダーコリーのミックスなど
20匹くらいでしょうか。

一見愛護を感じさせる広告をフリーペーパー等に出していますが
保護目的ではなく、
あくまでもビジネスとして運営している企業です。
また繁殖もしています。
(本当の愛護目的なら・・・犬を増やすことはしないはずです)

こちらのことを書くことについては迷いましたが、
こうした存在があるのは事実。
これからペットショップで犬を飼おうという人に知ってほしいと思い、
書くことにしました。
(とはいっても、見に行く人はいないと思いますが・・・)

乱繁殖ブリーダーの元で不要になる繁殖犬というのは
どんどん増え、処分されています。
こうした会社があってもなくても、現状は変わらないでしょう。

問題は、こうした会社以前に
大量に犬を展示販売するペットショップ、
そしてそこに犬を卸す乱繁殖ブリーダーにあります。

ここにいるのは生体展示販売のペットショップの犠牲犬たちです。

50匹以上の、手入れされていない純血種の犬たちが
自分をみるなりいっせいに「ここから出して」と
なきさけぶ姿は異様な感じがしました。

みんな、子犬であれば10万円以上の値がついていた、
そんな犬ばかりですから。

ビジネスとして成り立たせるために
連れてこられた犬たちの中には処分されるコもいるでしょう。

一度一緒に暮らした家族を
こうしたところに捨てにくる人の気がしれません。

自分の生計を立ててくれている繁殖犬に
こんな最後の仕打ちができるのはいったいどんな人でしょう。

きちっとした理由があれば、
「長期預かり」や「里親探し」の相談にのってくれるところはあります。

簡単に手放さないでください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (14)

2008年8月27日 (水)

Mさんのブログから

クキオの赤裸々な日々

友人Mさん(笑)のブログです。


Mさん、縁あってパグちゃんの引き出しに関わることになり、
小樽保健所を訪れたときのことをアップしています。
コチラ→パパァ~~~

近郊の方で興味ある方は
ぜひ小樽保健所からの引き取りもご検討ください。
明るい雰囲気だったそうです。

落ち着いた成犬・老犬もいいものですよ^ ^


Welcome to DOG Web

「人間の良き伴侶である すべての犬達の幸福と
豊かな未来に貢献する ために、
愛犬家の皆様により良い情報を発信する ことを主目的とした
非営利のサイト」だそうです。

こちらの左のコンテンツの「成犬を迎える」というメニューに
成犬を迎えるメリットがかかれています。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

Mさん

このブログのタイトルをみて、
「もしや自分のこと?」と思った人はどのくらいいるのやら・・・。

ワタシの周りには本当に「Mさん」が多いのです。

会社の同僚にもワラワラ、会社で一番仲がいい友だちも、
学生時代からの親友も、犬友だちもM。
ちなみにお世話になっている動物病院も2軒ともM。いい先生です。

とにかく、重要なとき・ことには
必ずと言っていいほど「Mさん」が関わってきます。

一般的に多いイニシャルではありますが、ワタシの場合は
本当に気持ち悪いくらい多いのです。

あ、気持ち悪いとか言っちゃった・・・「Mさん」、ごめん(笑)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月26日 (火)

みづきさん

みづきさんが旅立ってしまいました。

みづきの末期直腸ガンからの復活の記録
新聞で取り上げられたりもしていたので
ご存知の方もいるかもしれませんが、
ワタシは身内のガンについて調べているとき
このブログに出会いました。

有名大学を出て米国のIT企業でCFOなどを務める才媛は
自分が病気になってもタダモノではありません。

彼女自身が調べたりことや経験したこと、
服用した薬のことなどいろんな情報がこのブログには
詰め込まれています。

ワタシは、いろんな知識を得たのはもちろん、
何より、彼女自身の病気に負けない姿勢から
大切なことを教えてもらいました。

彼女がブログを始めた理由が
ここに記されています。
彼女のお父様からの提案だったそうです。
いったいどれほど辛い気持ちだったことか。

もし直腸がんの情報がほしいという方がいらっしゃったら、
ぜひ、このブログを読んでみてください。
そうして人の役に立つことが、彼女の望みですから。

昨日たまたま
プロフェッショナル(がん看護専門看護師の方)を見たことも
偶然ではないのかもしれません。

「心残さず、生ききる」
これが大切だと、看護師の方はおっしゃっていました。

これができるのは
余命宣告されるガンの、唯一の特権と言えるのかもしれません。
みづきさんは生ききることができたかな・・・。

ご冥福をお祈りします。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年8月25日 (月)

ペットショップから買わないでと言えない

いろいろなブログを徘徊すると、ときどき見かけるのが
「自分がペットショップから買ったから
ペットショップから買わないでとは言えないです」
という記述。

そうですか・・・?そんなことないですよ。

ワタシは自分が買ったからこそ問題に気がついて
「ペットショップからは買わないでと言わなければ!」
と思ったんですけどね・・・ツラの皮が厚すぎます?(笑)

今、“これは良くない”とわかっているなら
今の自分を実行していきましょーよ。
いつまでも過去しがみついてるくらい損なことはありません。



たとえば。
昔は「しつけ」と称して子どもを殴ることは一般的でしたが
今ではどうでしょう?

もちろん程度にもよりますけど、
「児童虐待」という言葉を知らない人はいないでしょう。
私達一般市民が児童虐待に気づいたときには
通報義務が課せられているほどです。

教育水準があがり、文化レベルがあがると
“してはいけないこと”のハードルもあがっていきます。
そして、今の基準では解決できない新たな問題も生まれ続ける。

“全てが法によって解決されているとき”はないのでしょう。
法律というのは常に後からついてくるものです。

だから、自分の考えで
「これは間違っていない」と胸をはって言えることを実行していくべきです。
個人レベルで十分だから。
状況に流されず、多くの人が自分の意志で行動することが
今を変えることにつながるんです。

って、変な自己啓発本みたいでやや怪しい?そんなことないですよ(笑)

不幸な犬猫を減らすために、生体展示販売には反対。
パピーミル(子犬繁殖場)は姿を消してほしいです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2008年8月24日 (日)

迷い犬をみつけたら2

迷い犬をみつけ、運良く捕獲できたが
元の飼い主をみつけることができなかった、としたら・・・

もし自分で預かる(引き取る)ことができなければ
基本的には、保健所(札幌は管理センター)に引き渡すしかありません。

「であれば、捕獲しないほうがいい」と考える人もいるかもしれませんが
交通事故にあうなどの怪我をして(もしくは死んでしまって)
センターに持ち込まれるくらいなら、
無事なままセンターに持ち込まれるほうが
引き取られ、命が助かる可能性も高い、とワタシは思います。

「殺されるのがわかっているんだから、
保健所には絶対に持ち込むべきでない」
という意見もあります。
でも、保護した人が預かれない状況であればそれも仕方がない、と
ワタシは思います。
冷たい言い方ですが、助けられないコはまだまだたくさんいるのです。

自分が保護した犬を、ボランティア団体などに
「保護してほしい」と頼む人も多いです。

ワタシも考えたことはあります。でも、それは正しいことでしょうか?

ボランティア団体だって、無限に犬を収容できるわけではありません。
命を預かるということは、お金も手間もかかること。

気持ちはわかりますが、それは基本的には間違いだと思います。

どうしてもそうしたいのなら。
せめて預かってもらっている間は費用を負担し、
その間に里親探しをするべきでしょう。
(それにも大きな責任と費用がともないます)

人に預けて「あー、いいことをした」と勘違いするのは絶対にダメです。



ワタシがこのブログを始める前に出会い、
その考えに影響を受けたサイトの一つです。

篠原ドッグスクール
「天使になった犬たち」の著者・篠原 淳美さんです。

動物を保護したい、と思う方にはぜひ
このサイトにある「保護したいと思ったら」というコンテンツを
読んでほしいのです。


篠原さんの
“反対意見は書き込み禁止。そういう人は、自分でその方法を実践して”
というわかりやすいスタンスが、ワタシ的には気に入っています(笑)

自分でも行動していて、考えの違う人との意見交換は意味があるけど
ネットやメールで上から目線の口出しばかり、
自分では何もしない人は“だいっきら〜いっ”です(毒)

このブログでもそうした人はお断りです。って、過去ほぼいませんけどねw

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

命の期限

当blogを定期的に訪れていただいているような方たちは
犬猫たちのおかれている現状に詳しい方が多いので必要のないことですが、
ご存知ない方のために触れておきます。

8月22日現在、札幌市動物管理センターのWEBサイトには
現在8匹の収容犬情報が掲載されています。

でも、センターにいる動物はこれが全てではありません。

捕獲され収容された末に収容期限がきれた犬たち、
無責任な飼い主による飼育放棄された犬たち、
そして捕獲または飼育放棄された猫たち。

命の期限が迫っているコたちです。

このコたちの情報はセンターに足を運ぶか
問い合わせを入れれば教えてもらうことができますが、
こちらでも知ることができます。

しっぽの会
トップページの左上の、シルエットのイラスト部分をクリックしてください。
放棄犬と期限切れ犬、猫情報が表示されます。

若いヨークシャテリアやヨーキーのミックスは若いですし、
貰われやすそうな気もしますがどうでしょうね。
子ねこもいるようです。

なお、会ではこの仲介は行っていませんので、
興味のある方は直接、
札幌市動物管理センターまでお問い合わせください。

いい出会いがありますように。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

問題行動とトレーニング

昔々の話です。

ワタシがpeepeeちゃんをペットショップから購入したとき、
目にとまったのが「パピーのためのしつけ教室」。

どんな犬でも大丈夫!と
意味不明な自信をもっていたワタシですが(笑)
実家の家族と離れて犬を飼うのは初めてのこと。
マンションで生活することや、「しつけ教室」自体に興味もあったので
申し込みをしてしまいました。
(ペットショップにお金払いすぎ・・・汗)

もちろんうちのペットショップはアチラなので
しつけ教室は現在アリオにあるアチラですw

ちょっと余談ですけど。
「子犬の社会化」にとって相反した生体展示を行っているペットショップが
「しつけ教室」を紹介するのって笑っちゃいます。
一貫性がなさすぎだと思うんですけどね・・・。
それにマンマと乗ってしまうワタシもワタシですが。


で、話を戻して。
その「しつけ教室」の初回。面食らったのが
先生から「どんな問題行動がありますか?」と聞かれたことでした。

まだまだようやくオスワリ、マテができるようになったばかりの子犬に
「問題行動」として思い当たることはなかったのでびっくりしました(笑)
しばらくの間、
「しつけ教室(トレーニング)」と「問題行動」は同じなのかーと思ってました。

でも、本を読んだり調べていくうちに
この2つは全然違うってことがわかったんです。

ワタシのような、こんな勘違いをしている飼い主さんは
ぜひコチラでお勉強してみてください。

ペットビヘイビアリストの菊地先生のブログ
8月21日の記事(直接記事にリンクさせてもらっています)

菊地先生は動物愛護についてもしっかりとしたお考えをお持ちの方。
ペットショップとはパイプはないそうです。

どちらが信頼できるか、は簡単ですね。
せっかくお金を払うなら、本当に動物のことを考えている人・お店にどうぞ。

みなさん、良き飼い主となれるように
勉強していきましょう。はい、もちろんワタシもです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

ゴンゾウ

最近好んで見るのは
ノンフィクションのドキュメンタリーばかり。って、これ年のせい?(苦)
ドラマやゴールデンのバラエティは
時間のムダ~みたいに思えてしまって・・・
やっぱり年ですねぇ・・・

しかし、そんな冷めたワタシが
久々にはまっているドラマが!!!

「ゴンゾウ・伝説の刑事」
テレビ朝日系列で毎週水曜
21:00~オンエア

1回目の放送から目の離せない展開で、裏切られっぱなし。
久々に「早く次が見たいー!」とワタシの鼻息を荒くさせるドラマです。

しかし。
なんとも残念なことに、これを見ている人が本当に少ない。

8月第1週の視聴率も札幌地区はたったの6%。
(ちなみにトップは同じ時間にオンエアされているザ・ベストハウス123で15%)

そんなバカな!!!(笑) あんな面白いドラマが!

ワタシも前クールは何となくベストハウスを見てたんですけど
今ではゴンゾウー!絶対ゴンゾウー!
「犬」の次に好きなのはゴンゾウー!(うそ)

エンディングテーマがあの小谷美紗子というのも
ワタシ的にはたまりません。

関東エリアでは今週末に再放送があるらしいんですけど、
北海道はどうでしょうね・・・

見たらはまりますよ。くくく・・・(小笑)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年8月21日 (木)

迷い犬をみつけたら

管理センターの収容犬情報には
今日も7匹の犬たちの情報が掲示されています。

ダックスに、シェルティに、フレブルに・・・人気犬種もいますね。
どうして探してもらえないのか、不思議で仕方ありません。

ただ、たとえば飼い主がお年よりの場合、
探してもらえないことがあるようです。

それは、大切にされていない、ということではなく
「探してもみつからないだろう」という“あきらめの良さ”が
災いしていることも多いようです。

ですから、例えば万が一迷い犬をみつけたら。
警察や保健所への連絡とあわせて、周辺の聞き込みをしてください。

迷い犬の場合、案外近くに家があるものです。

ちなみにワタシも友だちと車で移動中に
迷い犬を発見したことがあります。

そこは国道沿い。「これはあぶない」と
友だちがもっていたリードと、オヤツで犬をつって無事捕獲(笑)

犬を連れて、ウロウロと
周囲のお店や歩いている人に聞いてまわっていたそのとき、
車で通りかかった人が「○○さんちの犬じゃない?」と
声をかけてくれ、無事に家まで届けることができました。

ほかにも、迷い犬をみつけ、
周囲に聞き込みをしたら飼い主がみつかった、という
同じような経験をした友人がいます。

みつかったときはウレシイものですよ。

もちろん、捕まえるときは慎重に。
神経質なコが不安になっているときに捕まえると
噛まれる可能性もあります。

様子をみて、場合によっては無理をしないほうがいいです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

酵素

ワタシが酵素に興味をもつようになったのは
この本がきっかけでした。

「病気にならない生き方 ~ミラクルエンザイムが寿命を決める~」
新谷 弘実

著者は世界で初めて開腹手術することなく
大腸内視鏡によるポリープ切除(コロノスコピー)に成功した
胃腸内視鏡分野の世界的権威の先生です。

エンザイムとは酵素のこと。
ちなみに、すっかり一般的に浸透したQ10も酵素の一つですね。

この本では体内の酵素を無駄遣いせず、
腸をきれいにすることが
健康で長生きすることへ繋がると説明しています。

そういえば著者は
玄米(雑穀米だったか・・・?)を食べていて、
愛犬もそれを食べているーと書いていました。

うちではまだ試していません(笑)

そういえば
“牛乳は酸化しているから飲まないほうがいい”
“ヨーグルトはちっとも腸によくない”のようなことが書かれていることで
ちょっとした物議をかもしました。

知り合いの医師も「こんなの信じてもねー(苦)」と言っていましたが。

本も、知り合いの医師の言うことも、どっちもあると思うんですよ。
どちらも鵜呑みにせず、自分で納得できればこそです。

だからヨーグルトは食べてます。
ウチのpeepeeちゃんも大好きです。もちろん無糖で。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

犬は雑食

犬は肉食だという人もいますが、実は雑食なんだそうです。

少量の野菜を与えたほうが便秘も予防できますし
何より喜んで食べてくれますよね。

でも、野菜を多くあげすぎると腸内にガスが溜まるので要注意。
何事も適量が大切です。(それが難しいですが・・・汗)

【参考】
gooペット
犬に野菜は不必要?

与えてはいけない野菜や、
こういうワンコにはあげないほうがいい、といったことも
かかれていますので、ご参考までにどうぞ。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

生食のススメ

「食」には無頓着だったワタシですが
家族の病気のことがあって以来、いろいろと考えるようになりました。

特に、peepeeちゃんの食事(笑)

peepeeちゃんには生後半年くらいでアカラスを発症してから
ドライフードと手作り食の両方をあげるようにしています。

免疫力をあげて、抵抗力をつけるためです。

チキンや馬肉を野菜と煮たものがメインですが
生野菜や果物(ブドウはNGです)もあげています。

最近買って、気に入ったのはこれ。
ネイチャースバラエティ フローズンフード
参考:green dog

peepeeさん、大絶賛です。(ドライフード以外は何をあげても喜ぶんですけどね・・・)

なぜ「生」にこだわるのか、というとそれは
「生」のものからしか得られない「酵素」を補うため。

私達人間もそうですが、体の中では「酵素」が重要な役割を果たしています。

「酵素」は年齢とともに減少します。
また、「酵素」を含んでいない加工食品※ばかりを食べていると
自分の体内の「酵素」が無駄遣いされるそうです。
※酵素は熱で死んでしまうので、加工食品には酵素は含まれません

だから「酵素」を摂取できる「生食」が大切なんですね。

朝ご飯をしっかり食べると「酵素」をムダ使いするから
朝は野菜ジュースや果物程度に軽くしたほうがいい、と言う
医学博士もいるほどです。

犬の寿命が延びたのは
ドッグフード(ドライ)の普及も理由の一つ、と言われていますが、
犬の「ガン」が増えたのも、
同じ理由ではないか、とワタシは勝手に思っています。
(それ以外も、寿命が伸びたから、動物病院が普及して
 今までみつからなかったものもみつかるようになったから、
 急激に犬が増えたー繁殖させられたーから、など
 いろいろ勝手に思っていますが)

ちなみに、ドライフードでも酵素を含んだ商品があります。
フレッシュドライフード「NOW」
参考:green dog

ただ、疑問が残るのは「低温調理(90度)」という表記。
たしか酵素は40度で死滅するはずでは??

ま、疑問もありますが
peepeeちゃんは美味しそうに食べるのでドライは最近コレです(笑)

同じものばかりを食べさせつづけるのはカラダによくないので
フードも定期的に変えたほうがいい、とワタシは思います。

人間だって同じですよね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2008年8月15日 (金)

東京【問題行動の専門家】

先日ノラさんからいただいたコメントについて。

東京周辺で、問題行動について相談できる専門家の方を、
ペットビヘイビアリストの菊地先生から教えていただきました。

もし同じ様な悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご参考にしてください。

以下、菊地先生からいただいたコメントです。

ご友人のM.ダックスのワンちゃんは もともと繊細で、子犬の時の社会化があまりできていないことが一つの原因かもしれませんね。

問題行動に困った場合はトレーナーさんよりも、行動学を熟知して 行動治療をしている専門家(行動カウンセラー)にお願いした方がいいと思います。

問題行動を治療するには原因に適したアドバイスが必要になるため、 その原因を明確にできる学問的知識がないと、改善はおろか 問題を悪化させてしまうこともあります。

東京周辺ですと、水越美奈さんをお勧めします。 日本のペットの行動治療では第一線をいっている方です。

現在は日本獣医生命科学大学獣医学部 助教/ 付属動物医療センター行動治療科で非常勤をされていますので、 そちらで行動治療が受けられると思います。

ご友人のワンちゃんは深刻な様子ですので、それ以上悪化させないためにも 早めにご相談されたほうがいいと思います。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年8月14日 (木)

子犬を選ぶ方法

犬というのは、人間と生きてきた長い歴史のなかで、
人間の目的に合わせたさまざまな「種」が作られてきました。

従来、狩猟犬として生きてきた犬と、愛玩犬では全くその性質は違います。

ですから「自分の求める犬像」を明確にした上で
犬種を選ぶことはとっても重要なんです。

そして、それと同じくらい重要なことがもう一つ。
どんなところ(誰)から犬を譲り受けるか、です。

例えば、こういうペットショップもあります。

FATTY LAND
生体展示販売は行っていません。
店主の方と十分に話し合った上で、
質の良いブリーダーさんから子犬を迎えることができるようです。

でも、もっとも理想的なのは、
自分でしっかり犬について調べて、勉強した上で
信頼できるブリーダーさんを探すこと。

とはいっても、
「どういう基準で、ブリーダーさんや子犬を選んでいいのかわからない」
という方も実際、多いと思います。

そこで、ペットビヘイビアリストで問題行動カウンセラーの
菊地三恵先生(アニマル・ベストフレンズ)から
下記のアドバイスをいただきましたので、
ぜひ子犬を飼うときの参考にしていただけたらと思います。

子犬を飼うなら

犬と楽しく快適に暮らしていくためには、
まず私たち人間が犬の本能を満たす環境を
提供してあげることから始まります。
それを無理なく行うためにまず犬はどういう生き物かを勉強し、
自分の生活に合った子犬を選ぶことが大切です。

犬と交流できる時間がどれくらいあるか、
飼育環境はマンションか一軒家か、経済的な余裕、
飼い主さんの性格などを考えた上で、犬種を選びましょう。


子犬を選ぶ時のポイント

自分が共に暮らす犬は、自分でブリーダーを探し、
自分の目で確かめることが何よりも大切です。
したがって、母犬や兄弟を飼育環境で見せてくれる
ブリーダーさんから購入することが好ましいと言えるでしょう。
そういうブリーダーさんが見つかったら、
自分で足を運び、下記のポイントで子犬を観察してみましょう。

●飼育環境を見る 
・ 不衛生にしていないかどうか (清潔さ、食餌、水は与えられているか)
・ 兄弟、母犬と一緒に過ごしているか
・ 十分に遊びまわれるスペースがあるか
・ おもちゃなど遊ぶものを置いているか

● 子犬を観察する(個性を見分ける)
・ 人に対して友好的か神経質か
・ 兄弟と活発に遊べているか
・ 攻撃的な行動はないか
・ 健康状態は良好か(やせ過ぎたり、太りすぎたりしていないか、疾患、皮膚病などはないか)

● 母犬を見る
・ 友好的か神経質、臆病か
・ 攻撃的な行動はないか
・ 健康状態(上記と同じ)

上記を観察し、元気で人には友好的、
兄弟とも活発に遊べる犬を選ぶのが適切です。
そういう子犬のほうが人間社会に順応しやすく、
のちに問題行動になりにくいと言われています。

また母犬が臆病だったり、攻撃的だったりすると
子犬も兆候にあるので、
そのブリーダーさんから購入するのは控えたほうがいいでしょう。

子犬はこれからいっしょに生活を共にするパートナー。
だからこそ慎重に選ぶことが大切です。

「これで解決!愛犬の問題行動」NHK出版より)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

フェス


といっても、明日から開催されるRISING SUN ROCK FESTIVAではありませんー(笑)

こっちのフェスは今日明日の2日間開催中!
MOBBY
札幌市中央区南2条西8丁目 DAIKO BLD 1F
TEL 011-281-7550 

ワタシが生体展示販売のペットショップでは何も買わない!と決めてから
お世話になっているお店です。

今さら説明する必要もないほど有名なお店ですが
動物愛護にも熱心で、とてもすばらしいです。
(信用できないのは、webにサイトのお店紹介ページにのっている
オーナーの年齢詐称くらいでしょうか・・・)

しかーし。
残念なことに、今月末をもって年内はお店を閉めることに。
新しい店舗を探してまたオープンするそうですので、少し待つしかないですね。

ということで、ぜひこの機会にmobbyさんに足をお運びくださいませ。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

これから犬を飼おうという方に

さぁいよいよお盆休み。

帰省したり、出かけたりと予定満載の人もいれば、
お墓参り以外はのんびり~という人もいるでしょう。

そして、意外と多いのが
「仕事も休みだし、そーだ!ペットショップに犬を見に行こう」
という人たち。(はい、ワタシもその一人でした。苦)

犬との生活は素晴らしいですが、
素晴らしい・楽しいばかりでは済まされないことも山ほどあります。

一時の感情で犬を飼ってしまうことは、とても危険です。
犬と暮らしたことのない方は特に
落ち着いて、考えてみることをオススメします。

言うまでもなく、犬は生きもの。
犬種、個体にもよりますが10年~は生きます。
登録代から始まり、日々のえさ代、ワクチン代がかかります。

このほかゲージやリード、ブラシなどの小物にペットシーツ代、
トリミングだって犬種によっては必要です。
様子がおかしければ病院に連れていかなければいけませんし、
フィラリアなどの予防薬も欠かせません。
家がマンションの場合、
ペット飼育OKでなければ引越しが必要です。


それから、欠かせないのが日々の散歩。
(たまに、ペットショップの店員が
「小型犬は散歩はしなくても大丈夫です」と言ったという
話を聞きますが、これは大間違い。
健康な犬が散歩をしないと、問題行動につながる可能性が
高くなると思います)

しつけだって重要です。
病気になれば、容態にもよりますが、
病院に行く以外に飼い主が見ていてあげることも必要でしょう。

そう。犬を飼うということは、
お金も時間もかかる=生活スタイルが一変するほどの
一大事なのです。

ワタシもすっかり飲みに行く回数が減りました・・・(笑)

また、犬を「飼えなくなった」と保健所に連れてくる人たちの
多くの理由は「引越し」。
(「引越し」くらいで飼えなくなるなら
最初から犬は飼うべきではないと思うのですが・・・)
官舎とか社宅は犬猫禁止が多いようです。

次あたりに多いのが「入院・病気(本人or身内)」
「結婚」「出産」です。
(出産のために犬を捨てるような方のお子さんは
どんな人間になるのでしょうね。恐ろし・・・)

あなたに万が一のことがあったとき、
長期でも預かってくれる人は周りにいますか?

その覚悟と準備ができている人は
「犬を選ぶ」という次のステップにすすみましょう。

犬を飼うときにみんなで「犬に対するアレルギー検査」をしたという
家族の話も聞いたことがあります。
すごいですねー。
ワタシの家にはずっと犬がいたので
そんなことは考えたこともありませんでしたが、
みんなが初めてなら必要かもしれませんね。

一時の感情で飼ってもいいことはありません。
不幸な命を増やさないためにも、慎重にお願いします。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年8月12日 (火)

札幌【さとづかの湯】

うちのpeepeeちゃんが
コチラ(POCOPERRO POOL&SPA 里塚店)で「お預かり」されている間・・・

飼い主がいたのは、もちろんココでした。

さとづかの湯
札幌市清田区美しが丘5条9丁目9-1
TEL:011-882-1717
営業時間 9:00~翌8:00
入泉料 大人 1,050円


新しくなった、という話を聞いたこともあって(ずいぶん前だけど)、
久々に行ってみました。

具体的には、大浴場も内容が変わっていましたが、
何よりも「お湯」が変わっていました。
ナトリウムー塩化物泉の新しい温泉を引いたそうです。

褐色のお湯はしっとりしていて、湯の花もたくさん出ています。
ジャグジーや寝湯、ヒノキ風呂などいろいろある上、
別料金ですが岩盤浴もあります。
長時間楽しめる作りですね。

残念なのは・・・
やっぱり全体的に薄暗くて、清潔感が足りないというか・・・。
施設は古いまま。さほど手を加えていないようです。
料金が1,050円とおさえられていますから、仕方ないですね。
常連になってくれる近隣の方にとっては利用しやすいのが一番でしょうし。

ただ!
驚いたのは休憩所のブランケットが、普通の毛布を
半分に切ったものだったこと(笑)

いまどきめずらしい・・・

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

お預かり

最近いい天気が続いてますね。

昨日peepeeちゃんを車に乗せたのですが、
あっという間に「ハァハァ」し始めたので慌ててクーラーをつけました^^;
(クーラー苦手なんですよね、ワタシ)

キャバリアやボステリなどの短吻種はとくに
暑さに弱いですから、まだまだ注意が必要ですね。

お盆の帰省やお墓参りでは
たとえ5分であっても、クーラーを切って締め切った車内に
ワンコを残すのは厳禁。

かといって軒先に繋いでおくのも危険です。
(フレブルの百代ちゃんの事件を忘れずに…)

例えば、里塚であればこちらで「お預かり」をお願いするのも手ですね~。
先日うちのpeepeeちゃんもお世話になりました。

POCOPERRO POOL&SPA 里塚店(ポコペロ プールアンドスパ)
札幌市清田区美しが丘5条9丁目9-1
さとづかの湯 敷地内
営業時間 10:00~19:00 年中無休

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

犬の専門家

昨日の記事に「犬のしつけ」について書きましたが。

ワタシ的には、菊地先生をオススメしたいです。あ…、最近コメントいただいたからではないんですよ(苦笑)

理由は単純。

問題行動の専門家の方は、たいていみなさん
1匹でも動物たちを救おうと考えていると思います。

ただ、専門家の方がお金を支払ってくれる飼い主さんの
ワンコをサポートするのは商売としては当然のことで。

貴重な時間を割いて、
飼い主のいない犬のために動く専門家は多くはないですよね。


菊地先生は、
6月に行われた「しっぽの会」のイベントでも講演をしていましたし
札幌を中心とした犬のボランティアネットワーク「SAVE THE DOG」 にも関わっています。

こうした専門家の方が札幌の愛護に取り組んでいること、
信用できるというのはもちろんですが
単なる一愛犬家(犬ばか・笑)としても応援したいですね。

せっかくお金を払うなら、犬全体のことを考えている人・店で!

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2008年8月 9日 (土)

犬の問題行動としつけ

「問題行動」「犬」と検索(google)をかけると897,000件もヒットしました。

上位表示されている多くは、しつけ教室のサイトのようですが
ブログや掲示板も目に付きますし、
mixiあたりではよく「ウチの犬が噛んで困る」とか、
「トイレをなかなか覚えてくれない」というトピがたっているのもみかけます。

問題行動に限った話ではありませんが、
そのトピをたてている人の本気度合いにもよりますけど
素人にアドバイスを求めてそれを間に受けるのはとても危険ですね。

同じ犬でも、その行動の原因は1種類ではなくて
いろんな要因が考えられるわけですから。

札幌にも最近はたくさんのしつけ教室がありますね。

ワタシが問題行動の専門家として認識している先生は3人。

アニマル・ベストフレンズ
Pet Behaviourist 菊地三恵先生
札幌市白石区菊水2-1-2-11 高橋動物病院4F
TEL:011-573-3317

札幌問題行動クリニック
獣医師 小田健郎先生
札幌市西区西野4条9丁目1-1
TEL :011-665-6840

Aki&Ash犬の保育園プライマリースクール
Pet Behaviourist 米澤亜樹先生
札幌市東区北7条東9丁目2-20
TEL:011-752-1455

アニマルベストフレンズの菊地さんとAki&Ashの米澤さんは
問題行動に限らず、パピートレーニングも行っています。
(だいたい3,000円くらいからのようです)

問題行動で頭を悩ませる、なんてことにならないためにも
子犬のうちからトレーニングを受けることは大事。

でもそれ以上に、こうしたトレーニングは
飼い主と愛犬の最高の遊び。コミュニケーションをとる楽しい時間ですよね。

正しい方法を教えてもらって、遊ぶことが「しつけ」になるなんて
一石二鳥ですね。

JKC派と好みが分かれるところでもあると思いますが(笑)
どうぞそれぞれの飼い主さんとワンコに合う先生を探してください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

子犬を買うなら

ワタシの願いは、日本中にいる飼い主のいない犬猫を
少しでも減らすこと=引き取ってもらうことではありますが、
それは誰にでもできることではありません。

犬を飼ったことのない友人が言っていました。
「いきなり成犬のウンコはとれない」と(笑)

「子犬を育ててみたい」
そうした気持ちもよくわかります。
人によっては、子犬からでなければ育てられない事情もあるでしょう。

そういう方たちに、ぜひお願いしたいことがあります。

どこから子犬を迎えるかを慎重に考えてほしいということです。

そのコとの運命的な出会いをよりよいものにするために、
ぜひ、「犬」の幸せのことをしっかり考えているブリーダーや
お店から子犬を向かえてください。

たとえば、東京にはこんなお店があります。

オンラインペットショップ&ドッグスパ「犬kura」

ホームレスドッグ0を目指して、
生体展示販売はもちろん、オークション販売にも反対している
日本ペットショップ協会の直営店だそうです。

確認したところ、ブリーダーさんの犬舎を見せてもらうこともできるそうです。
こうした対応をしてくれるところであれば、母犬や兄弟犬を見ることもできますね。
(詳しく知りたい方は直接お問い合わせください)

そして、この日本ペットショップ協会が運営しているのが
NPO法人日本ヒューマン&ペット協会
(ボランティア団体への支援や
飼い主をなくした犬猫たちの里親探しをしているようです)
※シェルターではないようです



自分のお店の利益しか考えない生体展示販売のお店よりは
犬猫のことを考えた環境で、
極力問題の少ない条件を整える努力をして
動物愛護についても可能な支援をしている店から購入することが、
オーナーさんにとってもよほど安心だと思います。

またそうしたことが、不幸なペットたちを減らすことにも繋がります。
こうした、「自分なりにできる動物愛護活動」もあると思います。


業界自体の質の向上のためにも、
いい加減な店にはみなさんの大事なお金を払わないでください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

こんなペットショップも

直接行ったことはないですが、こんなペットショップもあります。

ご存知の方も多いと思いますが。

fatty land
ファティーランド
札幌市厚別区厚別西5条5丁目3-10

ドッグハンドラーであるオーナーさんが経営しているショップです。
ここは子犬の生体展示販売をしていません。

飼い主さんの好みや、生活環境などから
それぞれに合う犬種を特定し、
全国にいるブリーダーから子犬を仕入れてお渡しするそうです。

「子犬情報」というコンテンツの下に、
「子犬販売への考え方」という記述があります。

ちょっと長いですが、とても勉強になると思います。
これから子犬を迎えようという方は、ぜひ読んでみてください。

ちなみに。
ここから犬を購入した方の話を聞いたことがあります。

住環境のこと、生活パターンについてヒアリングを受けた後に
「この犬種がいいでしょう」と決定したそうです。

ペットショップというよりは、カウンセリングみたいですね(笑)
でも、冷静に今後のことを考えるためにも
とても大事なことだと思います。

生体展示をしているペットショップよりは高いようですが、
まともなブリーダーから犬を購入するのですから、
それも当然ですね。

個人的には、生体展示のペットショップから
社会化されていない犬を購入して大変な思いをしたり、
病気で苦労するよりは余程いいと思います。
※もちろん、ブリーダーから購入する犬が必ずしも生涯健康という意味ではありません

というのは、あくまでもワタシの感想ですので、
購入の際は必ず自分の目で耳で十分確かめて(母犬や兄弟犬を見て)納得の上で決めてください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2008年8月 3日 (日)

ペットショップで犬を買うってこと

「ペットショップで犬を買う人は、
犬が病気になることを容認しているようなもの」

犬に詳しい人から、そう言われたことがあります。

私のように、それほど「犬種」にこだわりのない人は
ピンとこないかもしれませんが、犬業界のことを少しだけ知った今は
その言葉の意味が痛いほどよく理解できます。

以下、ワタシが見聞きしていることですが。

きちんとしたブリーダーは血統や遺伝についての知識をもち
繁殖させるべき犬を選んで出産させますが、
ペットショップで扱われている子犬は
子犬繁殖工場や自家繁殖がほとんどです。

多くの純血種はその犬種としての特性を確立させるために
計画的にインブリード(近親交配)などを繰り返し、
繁殖させられてきました。

簡単にいうと“血が濃い”わけですから
そもそも純血種であるというだけで
遺伝による病気を発症しやすいと言えます。
(ヒトが近親者の婚姻を禁止しているのもこれを避けるためですね)

それを、何の知識もない一般の飼い主や
犬を効率よく売ることを目的とする繁殖場が、
モラルも目的もなく、営利目的で繁殖させるとどうなるでしょう?

病気の犬が出ようが、母犬の状態がどうであろうが
関係ありません。

極端に言えば、ペットショップに卸してさえしまえば
何の責任もとる必要はないのですから。

一方で、しっかりとしたブリーダーは
直接犬を売るわけですから責任も重大です。
繁殖犬やその子犬から病気が見つかれば、
それ以後の繁殖を断念します。
それも「優秀な犬※をつくる」という目的があればこそ。
「優秀な犬」という言葉には「健康で丈夫な犬」という意味が
含まれています。
※「優秀な犬」という言葉は難しいですが、適切な表現が浮かばなかったのでそう表記しました

自家繁殖や、子犬生産工場的ブリーダーには
その考えはありません。
そもそも「繁殖タイプ」と「ペットタイプ」の違いすらないでしょう。

また、子犬は大部分が母犬の体質・気質を受け継ぎます。
よく「母犬を見てから、子犬を決めましょう」というのは
こうした理由からです。

母犬が繁殖に適しているかどうかは、非常に重要なのです。

こうした理由からワタシは、ペットショップで子犬を買うことは
しっかりしたブリーダーから子犬を買うよりも
病気を発症する確率が高い、と考えています。

言うまでもなく
「きちんとしたブリーダーから買う犬全てが健康である」という
保障は全くありません。
病気に“絶対”はありませんし、一言でブリーダーと言っても
そのレベルは雲泥の差があります。
それを見抜くにも勉強が必要です。

そこで、ワタシなりの「信頼できる基準」ですが・・・

・取扱い犬種はせいぜい2~3種類
・病理や遺伝についての知識をもっている(説明してくれる)
・親犬・犬舎を見せてくれる 


などなど、上げればキリがありません。

こうしたことはちょっと検索しただけでも出てきます。

アフターの相談にのってくれる、なども大事ですが、何より
私達飼い主自身が勉強することが必要ですね。

「遺伝病とわかった繁殖犬を不妊手術しました」などの
説明をしているブリーダーさんのサイトも出てきました。
こういう人も信用できると思います。

もう一言付け加えれば、
犬を大事に思っている人のお金は、
不幸な犬を増やすことに利用されてほしくはありません。
ぜひ、犬を大事にしてくれる人に支払ってほしいです。

ぜひこれから犬を飼おうと思っている方には
一時の盛り上がりでペットショップで決めてしまわずに、
冷静に犬のことを調べてほしいと思います。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

動物病院で

先日、うちのpeepeeちゃんを大学の附属動物病院へ連れていったときのこと。

待合室に、生体展示販売しているペットショップで犬猫を入れる箱に
ワンコを入れて、検査の結果を待っている飼い主さんがいました。

手術をどうするか・・・そうした話が聞こえてきただけなので
詳細はわかりませんが、かなり深刻そうな様子でした。

そのコとペットショップで出会ったときには
まさかこんなことになるなんて想像もしなかったでしょう。
あんな小さなコに手術が必要なんて可哀相です・・・。

でも。
飼い主さんが気の毒なのはもちろんですが、
もう少し勉強してから買えばこんなことにならなかったかもしれないのに、と残念にも思いました。

広く考えれば、
生体展示販売のペットショップから子犬を買う人がいなくなれば
ペットショップはなくなり、病気の犬は減るでしょう。
捨てられる犬も減るにちがいありません。
多くの犬たちにとってはそのほうが幸せですから。

「ペットショップだろうと自分の犬は大丈夫、自分とは関係ない」

自分がその立場にたたされてみないと、その大変さはわからないものです。
多くの人がそう考えるのも無理はありませんが、
病気の犬と生活をすることは本当に大変なのです。

あとから後悔しないためにも
よく考えてから購入してほしいと思います。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

それでもペットショップ?

処分されても処分されても、飼い主から見捨てられて
保健所にやってくる犬猫はあとをたちません。

これを全て生かしておくことは、不可能に近いことだと思います。

必要な経費は、わいて出るわけではありませんよね。
全て私達の税金から成り立っているわけで。
また私設のシェルターにだって限界があります。
自分たちの私財やわずかな寄付によって、ギリギリのところで
運営しているところが大部分です。

殺処分をなくすには、まずは
捨てられる犬猫を減らすこと=犬猫を過剰に増やさないことが第一なのです。

保健所にいる、処分される運命の犬猫が可哀相と
感じたことがあるなら、ぜひ考えてほしいことがあります。

週末はたくさんの人でにぎわっているペットショップですが、
このペットショップ(生体展示販売)は本当に必要なんでしょうか。

売りたいがために、常に犬猫は供給過剰。
客がどんなに無責任な人であってもお金さえあれば売ります。
売れなければ値段を下げて投げ売りします。
客集めのために「抽選でプレゼント」なんてのもあります。

繁殖に対して何の知識もない、
無責任な飼い主が繁殖させた子犬猫を安価で買い入れます。
繁殖の手助けもします。
ブームがきた犬猫を、乱繁殖ブリーダーはどんどん増やします。

こうした繁殖・販売に制限をかけない限り捨てられる犬猫は増える一方。
捨てられた犬猫の再飼養のチャンスも減るでしょう。
犬猫を飼える人には限界がありますから。

こんな状況が野放しにしたまま、殺処分を中止すればどうなるでしょう?

いったい誰が面倒をみるのでしょうか。
保健所はパンクし、シェルターはたちゆかなくなります。

当然、再飼養可能な救えるコたちは救ってほしい。
できるかぎり、殺処分なんてしてほしくはないです。

そのためにはまず、
「出元」に歯止めをかけて現状を変える必要があります。
悪循環をとめるのです。

殺処分される運命にある犬猫たちを、直接救える人は
それほど多くないのかもしれません。

でも、生体展示販売しているペットショップでは何も買わない。
周囲の人にもそれを呼びかける。

これなら誰にでもできますよね。

自分ひとりくらい、と考えず、みんなが実践したら
ペットショップは確実に減らせる。殺処分も絶対に減らせる。

ワタシは信じてます。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (10)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »