« リスタート | トップページ | これもサミットの影響? »

2008年7月 4日 (金)

カモの親子

サミット直前のモノモノしい雰囲気の札幌ですが、
大きな道路からの脇道で、カモの親子の引越しに遭遇しました。

打ち合わせ先に向かって歩いているところだったので、
ずっと見ていることはできなかったんですけどね。

カモの親子は道路を渡ろうとしているんだけど、
渡った先にはあるのは、コンクリートの塀に囲まれたホテル。
オジサンが、車も頻繁に通るその道路を渡らせないように
カモの前に立ちはだかって邪魔してるんですけど、
もちろんカモにはそんなことわかるわけもなく・・・。

20人くらいの人たちが足を止めて、
その光景を見守っていました。微笑ましさと、
不安の入り混じった、微妙な表情で。

みんな“なんとかしてあげたい”と思っているのでしょう。

でも、みんなきっと、カモ南蛮蕎麦とか食べるんですよ(笑)
ワタシもたまに食べます。合鴨のスモークとかも美味しい。

その一方で、目の前にいる「生きているもの」を
大事にしたいと思うのも事実。

自分の、もうちょっと先で「生きてるもの」のことも、
大事にできればもっといいなぁと思うんです。

たとえば、せっかく鶏肉を食べるなら、
ワタシは大事に育てられた鳥のお肉が食べたい。
ぎゅうぎゅうづめの鳥小屋でがんじがらめにされて、
無理やり、エサと成長促進剤を詰めこめられた鳥は食べたくないです。

「どうせ食べるんだから」と考える人もいるでしょうけど、
ワタシにはそうは思えないですね。
最終的に「食べる」からと言って、
生きている間もずっと苦しい生活を強いて当然」という考えは
賛成できません。

強いストレスにさらされつづければ、動物は病気になる。
人間と同じです。
ストレスだらけで生きてきた病気(手前の)鳥と、
自由に運動できて、カラダにいいエサをもらって
ストレスなく成長した健康な鳥。
私達人間が食べたとき、体にいいのはどちらか…簡単なことですね。

大事に育てたものを、大事にいただく。
そうすれば、ムダに失われるものは最低限になるはず。
もちろん理想はゼロですが。

で。
カモの親子は大丈夫だったのかな…気になります(笑)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« リスタート | トップページ | これもサミットの影響? »

コメント

牛肉・豚肉・鶏肉・魚・貝

若い頃は考えもしないで口にしていたけれど
今はいつも「食と命」について、悩みつつも頂いてしまっています。
せめて残すことの無いようにはしていますけれど。

最近の北海道においては、エゾシカの肉についても悩んでしまいます。
道東への出張時に、道路際でよく見かける、可愛い顔をした鹿。
でも、農民の被害を考えると・・・・・。
永遠に悩むのでしょうネ。

投稿: martha | 2008年7月 4日 (金) 11時55分

martha さん、私の信頼する獣医さんへの書き込み、ありがとうございました♪

ワタシさん、全くそうですよね。
私もお肉や卵は食べますが、ワタシさんと同じ理由で“幸せ農場”の物を選んでいます。
オーストリア国内なら、運送方法も兼ねて審査が厳しいので、その点安心していられます。
動物への尊重心から、菜食主義を唱える人達も増えていますが、それも何だか自然ではありませんよね。
私の友人の一人に、飼い猫にお肉を与えないで病気にさせた人がいます。
その人は、そのネコには最後まで菜食主義で通して、結局安楽死させました。
私の脳内は、大きな疑問符で一杯になったことです。
『これからは、肉食の動物は飼わないで、どうか菜食の動物だけ飼ってください』と言ったら、私達の仲は壊れました…
もしも、人類が菜食主義になったとしたら、私達の愛犬や愛猫たちはどうなるのでしょうか?
だれもが家畜の世話をしなくなり、肉の値段が暴騰して…億万長者だけがペットを飼える社会になるのかな…なんて、サイエンスフィクションなみのストーリーを想像して、鳥肌立ったことでした。


投稿: Eggi | 2008年7月 4日 (金) 17時59分

marthaさん、こんにちは。
葛藤することがたくさんありますよね。
人間が生態系を壊したうえ、住むところまで奪っているんですから。
でも、鹿が増えすぎれば森が荒れて、他の動物や生物が困ることにもなるでしょうし。外来種の駆除だって同じこと。
人間が壊してしまったもの、大きすぎですよね。

投稿: ワタシ | 2008年7月 4日 (金) 19時46分

Eggiさん、こんにちは。
本当にオーストラリアがうらやましいです。
日本でもようやく「トレーサビリティ」が浸透してきたところですが、そこに関心を持っている人は、まだごく一部のような気がします。
ぱっと見、同じような商品なら、安い方を選んでしまう。それも、仕方ないのかもしれません。いい商品には、もっとわかりやすい目印があるといいな、と思います。「幸せ農場」!いい言葉ですね。
それにしても・・・。自分の主義を、自分以外に押し付けるのなんて、もってのほかですね。

投稿: ワタシ | 2008年7月 4日 (金) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リスタート | トップページ | これもサミットの影響? »