« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月26日 (火)

台所事情

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

札幌駅周辺で働くようになって10年ちょっと(?笑)くらい経つけど、最近は700円以下・飲み物付きでランチを食べられるところはほとんどなくなりました。

おまけに。

よく行くスープカレー屋さん。スープカレー専門店hirihiri
ついこの間までランチにはソフトドリンクがついていたのに、気づけば別料金になっていた。。。

そういえば、近所のおそば屋さんもどんぶり物の具材が減った気がする。

2ヵ月ぶりくらいで味噌ラーメンで有名な「すみれ」に行ったら、メニューが変わっていて、ラーメンもちょっと変わっていた。ひょっとして料金も変わった?

みなさん台所事情が苦しいのもわかるけど、ウチのお財布も大変です。

ペットフードも値上がりしてるのかなぁ・・・。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年2月25日 (月)

バーライズプラン

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

昨年11月から12月までの間、北海道が「北海道動物愛護管理推進計画(仮称)に関する道民意見の募集」というのをやっていたのはご存知の方も多いと思います。

その結果が公開され(パブコメの結果)、ようやく最近「北海道動物愛護管理推進計画」は形になったようです。

リンクはこちら。

バーライズ プラン (北海道動物愛護管理推進計画)  について

ちなみに、このバーライズ プラン(Ber-Rise Plan)という名称ですが、

この計画が目指す2つの目標のキーワードを示したもの
BeR:Better Relation (between human and animals)  (人と動物との)より良い関係
RiSe:Rich Sentiment豊かな情操

なんだそうです。わかりにくくないですか?(笑)

内容は・・・これから読みます。でも、Eggiさんのいらっしゃるオーストリアの動物に関する法律や条令の足元にも及ばないような内容であることは確かです。

オーストリア在住のEggiさんのblog
「おしゃべりワンコの物思い」
2008年1月31日「犬、11万8000匹、猫、23万5000匹…

ぜひ、興味をもたれた方は見てみてください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年2月17日 (日)

ブルータスその2

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

先日発売されたブルータスの犬大特集号でもう一つ気になったのは、電通の澤本嘉光さんという有名なクリエーティブディレクターへの取材記事でした。

電通のCDなんてちょっと怖そうな人を想像しますよね。でも、2回ほど講演で澤本さんのお話を聞いたことがありますが、すごく感じのいい方です。参考(何の?):読売ADリポートojo

その澤本さんは、今月15日から公開されている「犬と私の10の約束」の原作・脚本を川口晴さんと手がけています。(ので、発売日を同じくするこのブルータスの特集も、映画と無関係ではないのでしょうね・・・w) 

記事には「犬と私の10の約束」とひっかけて、こんなコメントが掲載されていました。とても面白いので、ご紹介してしまいます。

澤本嘉光が考える、
犬にまつわる10の違和感。

1 都会で暮らす犬は幸福か。

2 犬の気持ちがわかるという言い方。

3 ペットショップで犬を買うこと。

4 飼われているのはほとんど洋犬。

5 室内で犬を飼うこと。

6 犬に服を着せるということ。

7 年間118,000匹の犬が殺処分されている。

8 犬は家族であるということ。

9 犬を飼うことを否定すること。

10 犬を猫可愛がりすること。

このブログにコメントしてくれるような、犬(動物)と人の幸せについて考えている人にとっては新鮮な言葉じゃないけれど、これがブルータスに載ってることにすごく意味がありますよね。

一人でも多くの人が、こうしたことについて考えてみてくれるといいな、と思いました。

ちなみに、今をときめく(笑)ソフトバンクモバイルの犬のお父さんのCM、あれも澤本さんの作品です。

*.*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2008年2月16日 (土)

ブルータスその1

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

おまえもか・・・ぢゃなくて、雑誌の「BRUTUS(ブルータス)」のほうです。

先日発売されたブルータス634号(3月1日号)の特集は「犬のこと」。そう犬の大特集号なんです。

ちょっと感動したのは、表紙が和犬(秋田犬?ごめんなさい、和犬に弱いです)だということ。普通、犬の特集の場合クローズアップされるのはトイプーとか、チワワとか、たいてい人気の洋犬純血種が多いですよね。それが和犬。さすがはBRUTUSです!目の付け所がちがいます。

「ニッポンの犬たち。」という綴じ込みのページがまたいいです。とても写真がやさしい。子どもの頃のワタシのように、「和犬はちょっと苦手」と思っている方がいたら、ぜひ見てみてほいしです。みんないい目をしてますから。

ブルータス版「犬検定」という、コシャクな企画もあります(笑)ちなみに、ワタシはオスを飼った経験がないので、マウンティングや交尾に関する問題はけっこうはずしましたー。あー、くやしい!

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

自殺防止犬?

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

今朝の「とくダネ!」で、人命を救助し、警察から感謝状をもらった黒のラブラドールリトリバーの話が紹介されていました。(感謝状をもらったのは飼い主さんですけど)

飼い主さんと散歩中に吠え、強く引っ張り出したために飼い主さんが犬の行く方向に進むと、そこには溝に落ちて動けなくなっていた老人がいた、という話。(それ以前にも、車の中にいた人の自殺を防いだらしいです)

すごいですね。捜査に関わる救助犬や警察犬は、捜査の対象となる人の匂いを覚えさせて捜させるわけですから、今回のラブちゃんのケースとはちょっと違いますよね?

普通に歩いている人には反応しないのに、不思議ですね。究極に追い込まれた精神状態の人が放つ匂いに共通点があるんでしょうか。犬を怖がる人の匂いがあるように。

だとしたら、救助犬はもちろんですけど、自殺防止犬になれるかも。

でもタイムリーとうか、なんというか。
今、札幌の動物管理センターには2匹もラブラドールレトリバーの迷い犬が収容されています。

一方では感謝状をもらってTVの取材まで受けて、一方では迎えに来てくれない飼い主を待ちつづける。

センターにいる2匹の(元)飼い主は、感謝状をもらった黒ラブのニュースを知っても何とも思わないのかなぁ・・・。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年2月14日 (木)

泣き言

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

すみません。公私共に多忙をきわめており(キャパが小さいため・・・汗)、すっかり更新はおろか、友人のみなさんへのメール返信ですら滞っております。

ごめんなさいーーー!

頑張ります!(笑) もう少し待っててください。

この場をかりてお詫びします。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2008年2月 7日 (木)

今日もびっくり

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

札幌市動物管理センターの収容犬情報、見てびっくり。

中央区で捕獲された雑種のワンコ、あれじゃ虐待ですよ。あそこまで放置した挙句に捨てるくらいなら、もっと早く捨ててあげてほしかった・・・とは言いすぎでしょうか。捨てるだけでもどうかしてる、と思うのに、本当に信じられないことをする人がいるものです。

おまけに、信じられないことをするのがもう一人。

7匹もの子犬を捨てていったんでしょう。それも管理センターに。(捕獲場所が管理センターの住所になっています)

子犬がみんなで歩いてセンターにたどり着くわけないし、持ち込みの場合だと情報はサイトにはあがらないので、管理センターに捨てられていたのでしょう・・・。

別に世の中の人すべてが動物愛護に関心をもつ必要はないと思います。でも、せめて自分の犬くらいはちゃんとしましょうよ、ね。

終生面倒をみる、子犬が産まれても飼えないなら避妊・去勢手術をする。(避妊手術は義務化してほしいくらいです)それが、そんなに難しいことなんでしょうか。

難しい人は、最初から飼うべきじゃないんです。相手は小さくても命で、その命を奪う権利は誰にもありませんから。

犬・猫がほしい、絶対に終生大事にできる!という方はぜひ管理センターものぞいてみてください。いい出会いがあるかもしれません。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (16)

2008年2月 6日 (水)

さっぽろ雪まつり

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

今日からいよいよ第59回さっぽろ雪まつり開催です。

今年はなんと、足湯に、スケートリンクまで登場したらしいじゃないですか。今なら、足湯でプリン(有料)まで持ち込んで食べられちゃうみたいですよ。

うーん、ちょっと気になります。久々に行ってみようかな~。

って、そうなんです。ワタシ、さっぽろ雪まつりっていうイベントには10年以上行ったことがありません。別に遠いわけじゃないんですよ。家から歩いてだって行けます。たぶん20分くらいでしょう。

でも普通、地元の人は子どもでもいない限り行かないです。なぜわざわざ、寒い外へ出る?みたいな(笑) 観光地なんてそんなもんですね。いまだ、テレビ塔にも登ったことはありません。

去年は1月下旬くらいから気温があがり、雨続きでどうなることかと思いましたが、今年は寒い!雪もたっぷり降ったし、心配なしです。

ものすごく楽しいイベント(のはず)です!!!(無責任)。みなさん、ぜひ観光にいらしてください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年2月 2日 (土)

仕方がない?

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

犬は118,000匹。

猫は235,000匹。

身勝手な飼い主の飼育放棄により、日本の保健所等で2006年に殺処分された数字です。(2006年1月26日asahi.comより)

ワタシ、以前はずっとペットショップで犬が売られることも、保健所で処分されることも「仕方がないこと」だと思って、なるべく直視しないようにしていた気がします。

今も、動物好きの人で、そう考えている人は少なくないでしょう。

でも、本当に「仕方がないこと」でしょうか。ワタシは今は、全く「仕方がない」とは思っていません。

オーストリアでは、一年間の犬の安楽死はたった127匹だそうです。

オーストリアのVGT(反繁殖工場協会)の調べでは、保護施設(殺処分のある保健所は存在しません!)での安楽死の統計は以下の通りでした。

1.病気によるもの・・・・・・・・・112匹
2.事故(咬む)によるもの・・・・・・・7匹
3.高齢に寄る障害・・・・・・・・・・・6匹
4.精神障害によるもの・・・・・・・・・1匹
5.新生児(障害)によるもの・・・・・・1匹
6.長期滞在・・・・・・・・・・・・・・・0
7.場所が無い・・・・・・・・・・・・・・0


殆どの保護施設がとる安楽死の措置は、不治の病や高齢による完治の見込みがない病気が理由です。

精神障害に寄るものも、3ヶ月に渡っての矯正トレーニングなどの観測期間を置いてから判定されます。

管理する場所不足とか滞在期間の長すぎる犬を処分して、場所不足に対処することはありません。


オーストリア在住・Eggiさんのブログから引用させていただいています。ぜひ訪問してみてください。もっと詳しいことが書かれています。

コチラ→おしゃべりワンコの物思い



自由な自家繁殖、モラルのないパピー工場、生体展示販売のペットショップ、そして避妊・去勢手術を行わない飼い主。

こうした人間の勝手や都合の積み重ねで犬や猫が殺されるのは、全く「仕方がないこと」ではないのです。

現にオーストリアのように、取り組み成果をあげている国があるのですから。オーストリアにできて日本にできないことはありません。いいことはどんどん見習って、取り入れたらいいんです。改革に必要なのは、文化や歴史が違うなどのいい訳ではありませんから。

ペットに限った話ではないですが、自分がそういう境遇に身を置いていると、それが当たり前になってしまいます。

でも。広い視野を持ち、ちょっと調べるだけで、その当たり前はくずれるのです。

今の日本のペット業界がいかにおかしなことになっているか、もっと多くの人に知ってほしいです。

おかしなのは、ペット業界だけではありませんけどね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年2月 1日 (金)

パブコメの結果

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

2007年11月9日~12月9日まで募集されていた「北海道動物愛護管理推進計画(素案)に関する意見募集」の結果が出ました。道内外から132名、述べ1,168件の意見があったそうです。

下記から、道のHPへリンクします。
北海道動物愛護管理推進計画(素案)に関する道民意見の募集について(結果)

意見の大半が案に取り入れられない結果になっています。今回の素案の意見募集の範疇ではないという理由ですね。

ワタシ的には、
1.実際に取り入れてもらえそうな意見
2.意見しても「今回の募集対象ではありません」ってハネられるの覚悟の意見
の両方向を提出。

結果を見ると案の定、
1のつもりで送った意見はA(意見を受けて案を修正)とC(今後の進め方の参考とする)に、
2のつもりで送った意見は D(案に取り入れない)と記載されていました。

この素案を読んだ人はわかると思うんですけど、結局、根本的な問題についての意見を求められているのではなく、あくまでも、この「推進計画の素案」についてなのです。

でも。ワタシたちのような愛犬家が本当に願っているのは、根本的な問題に対する改善。

そういうのは、やっぱり国じゃないと難しいですね。
力のある政治家か、よほど大きな民意じゃないと、国は動かせません。
ペット小売業界を押さえつけることはできません。

どなたか、政治家のお孫さんや、大財閥のご子息はいらっしゃいませんかー?

話がずれました(笑)

というわけで、今回のパブコメ、ワタシ的には「やっぱりこの程度のものね・・・」という感想。

ハネられるのを覚悟で送った意見は、道民だってこのくらいのことは考えてるんだ!っていう自己主張と、役所の担当の方に道民の熱意を感じ取っていただいて、将来的に何か役立ててもらえたら~と思ったものなので、まぁ予想していたとおりの結果でした。

※ハネられた意見の多くは、環境省あたりに送ったほうがいいかもしれませんね。


お役所で働く方たちには企業や業界団体の言うことに左右されず、本当はどうあるのがいいのかを考え、信念を貫いてほしいなぁ。(願望)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (10)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »