« コンビニごっこ | トップページ | 札幌駅直結 »

2008年1月22日 (火)

命の大切さ

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

「よく命の大切さって言うけど、それで子ども達にわかるのかなー」というようなことを友人が言いました(そう、アナタです、アナタ!笑) 

たしかに。「命は一つで、みんな大事だ」と言ったところで、理解できる子どもなんてどのくらいいるでしょう。

ワタシはとっさに「以前テレビでみた豚をクラスで飼育して、大きくなったらお肉屋さんに持っていって食べる、というのをみんなやってみたらいい」と思いました。

参考 農文協の主張

残酷だ、と思う人もたくさんいるでしょうけど、それが現実。「命あるモノを犠牲にして、人間はご飯を食べているんだよ」と口で説明したところで、それを理解できる子どもは少ないです。

自分たちが可愛がって、愛情をかけた豚が、実は自分たちの口に入っているお肉と同じだった、とわかったら・・・。

そこで傷つくこともたくさんあるけど、気づけることもたくさんあるでしょう。今の子どもたちは実際に体験できることが少なすぎる気がするのです。ゲームなんかする時間があったら、もっとできることたくさんあるのにね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« コンビニごっこ | トップページ | 札幌駅直結 »

コメント

以前、幼稚園生にお魚の絵をかかせたら
切り身を書いたって言う事ありましたね・・・・。

後は、人を書かせると顔から手や足が生えてる絵。
これは幼児期は分かるのですが、小学生に上がって3~4年生にまでなってもまだ・・・と言ったケース。

年齢に合わず幼稚性が残ってるみたいですね。
それだけ自分の事も他人の事も周りに無関心な子が増えたのかな。

ゲームの映像や漫画なんかは今はとってもリアルに描かれているのにね。なんか反比例してますね。

植物なんかでは自分達でジャガイモや稲を植えて育てて食べると言う学習は取り入れてるみたいですが、動物に関しては無いですものね。
学校だけでは無くて、家庭でも体験とまでは行かなくてもなにかしらそう言う会話を展開して、子供らに考えさせる事も大切な事かと思います。
いくら算数が出来ても、命の繋がりや大切さを理解できないのは人としてどうなのかな・・・・・・・と思いますね。

投稿: 通りすがりの陽子 | 2008年1月24日 (木) 02時56分

通りすがりの陽子さん、こんにちは~。

そういえばタレントさんでもいましたね、
「子どものころは、切り身が泳いでるのかと思ってました」って人。
(ネタかと思いましたよー)

核家族であるうえ高齢化が進んでいるから、子どもによっては
曾祖父・曾祖母が亡くなってもあまり何も感じないのかもしれませんし、
近所づきあいがない分、近所の人が亡くなった、という経験も
ないでしょうし。

あきらかに、子どもが命について考える機会が少ないですよね。
せめて親御さんが何かにつけて、いろんなお話してほしいです。

将来、日本からは哲学者が減るかもしれませんね(苦笑)

投稿: ワタシ | 2008年1月24日 (木) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンビニごっこ | トップページ | 札幌駅直結 »