« 犬も猫も | トップページ | ペットの肥満 »

2008年1月26日 (土)

収容即処分を防止

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

また少し進展がありましたね。

こうしたことがもっともっと話題になって、みんながこんな世の中に疑問をもってくれるといいですねー。

早く根本を解決できるところにまで到達してほしいものです。

記録しておきたいのでアップします。

施設の犬猫に3日分のえさ代補助 国、収容即処分を防止
2008年01月26日15時07分

 自治体の施設に収容された犬猫に新しい飼い主が見つかった場合、国は犬ジステンパーや猫伝染性腸炎などを予防するワクチン代を負担することを決めた。また施設ですぐに殺処分されないよう3日分のえさ代も出す。新年度から初めて実施する。殺処分数が年間30万匹を超える犬猫に生きるチャンスを与え、殺される数を大幅に減らすのが目的だ。


犬猫の殺処分の推移

 全国の自治体では06年度、11万8000匹の犬と23万5000匹の猫が、殺処分された。飼い主の都合で保健所に引き取られたり、捨てられたりした犬猫が大半だ。

 これまで動物保護団体と協力して、新たな飼い主を探す譲渡会を開く自治体もあったが、対応はバラバラで譲渡数は伸び悩んできた。06年度、新たな飼い主が見つかった犬は1万4000匹、猫は4800匹にすぎなかった。収容された犬猫は飼い主が名乗り出なければ、2~3日以内に殺される例が少なくない。

 このため環境省と厚生労働省は昨年、全国の自治体に収容の期間を延ばすなどして「できるだけ、(殺さずに)生存の機会を与えるよう」要請、指導する文書を出した。さらに政府は25日、地方交付税法を改正して、新年度、3億5000万円を確保することを閣議決定した。

 これにより国は、引き取り先が決まった犬猫に1匹あたり、2300円の混合ワクチン代を負担する。引き取り先で、健康に生きられるようにするためだ。また、新たな飼い主に出会う機会を広げるため、収容施設に来てから3日分のえさ代も負担する。

 これらの施策は、愛犬家の松野頼久衆院議員(民主)が環境委員会でたびたび提案してきた。今後10年間で、犬猫の殺処分数の半減目標を掲げる政府も、新たな発想と対策が必要と判断し、導入を決めた。

(asahi.comより)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 犬も猫も | トップページ | ペットの肥満 »

コメント

ワタシさん、物凄く悲惨ですねェ…
これって、良かったですねって言ったらいいのか、酷いものですねって言ったら良いのか…

如何にせよ、これでは、まだ焼き石に“一粒の水滴”ですねェ…

日本の自称愛犬家さんたちの、本来有るべき動物愛への認識を、どうしたらもっと高めるお手伝いが出来るのでしょうか???

愛犬猫の避妊手術は可哀想で、誕生した生命の殺処分は、自分の関知しないことだから、ちっとも可哀想ではないんでしょうか???
愛犬猫に産ませた愛らしいチビたちの行末が、心配ではないのでしょうか???

>11万8000匹の犬と23万5000匹の猫…
これは、並大抵の数ではありません!!!

私は泣いても泣ききれません…


投稿: Eggi | 2008年1月28日 (月) 19時00分

こんにちは。

冬、札幌で収容犬(放浪犬)が多いのは、散歩が面倒で放してる飼主が増えるせいじゃないかな~と思ってます。
というのも放置ウンも冬場の方が多い気がするので、冬以外に拾ってた飼主が冬だけ拾わないのも考えにくいから。
吹雪とか台風の後に収容犬が増えるのも偶然じゃない気が。。

それと↑の話
>犬猫に新しい飼い主が見つかった場合、国は犬ジステンパーや猫伝染性腸炎などを予防するワクチン代を負担することを決めた。

うーん。。
新しい飼主が見つかった場合ってのが微妙ですね。(もちろんしないよりはいいけど、むしろワクチンより不妊手術の補助を優先させて欲しい)
それに地域にもよるんですけど、センターに入っただけで感染のリスクが異常に高まる場所も少なくないので、新しい飼主が見つかってからでは遅い気がします。
そもそも本来は新しい飼主が負担すればいいことだし。
収容動物減少のためにはワクチン補助よりも、不妊手術やマイクロチップの補助の方が効果があると思うんですけど、ワタシさんはどう思われます?

投稿: ふみママ | 2008年1月29日 (火) 12時55分

千葉県の場合、即日処分は引き取り犬でも少ないのですが、有りますね、捕獲保護の場合でも、7日間の収容が決まっていますし。でもやはり余りにも数が多いために、殺処分になってしまう子がほとんどです。
少しくらいの、補助では焼け石に水!。考えてしまいますね....
センター等から引き渡す際避妊去勢をして、マイクロチップを装着!!これ良いです!!。

ぶんたの家では、里親さんに渡す前に愛護センターから来た子はマイクロチップ入れてますし、不妊手術を行っていますし!

国レベルで、マイクロチップの必要性を考えて欲しいですね。
原価はいくら(金額は書けませんが)でもないのだから!、補助を付けてセンターでの引き渡しの際すべての方に装着したらよいのでは!。

投稿: ぶんた | 2008年1月29日 (火) 17時51分

ワタシさん、もう一度失礼します。

ぶんたさん、ふみママさん、そして、同士の皆さん、ブログやHPで、ウイーンの犬保護法を少しでも真似してくれるように、サイトのリンクではなく…文中で“保護法”を紹介するなり、意見を述べるなりして伝達してください。
私一人で、ウイーンのこと書いていても、訪問者の数はたかが知れてますから、ワンコ(同ニャンコ)の輪を広げるのはとても無理です。
これから、日本にもウイーン思想がネズミ算式に広がっ行ってくれると嬉しいです。
夢物語を語っているのではなく、現実のウイーンでの話をしています。
ヨーロッパ内でも、ウイーンの法律は、動物愛護施設から注目されています。
まだまだ、立派とまでは言えませんが、それでも、なかなかの物です。
たまたま、犬好きの私が、ウイーンに住んで犬関係の仕事に付いたのも、犬が成せる何かの機縁でしょうか???
不思議です。

因みに、愛護施設に保護された子たちは、健康管理とチップの挿入、避妊手術を済ませてから、里子に行きます。
そして、里親さんは、受け渡しの時に、ある程度の料金(維持費、寄付金)を施設に支払っています。

投稿: Eggi | 2008年1月29日 (火) 20時25分

Eggiさん、こんにちは。

日本の現状がこういう状態だということは事実ですね。
まずはその事実を、あまり動物愛護に関心のない人たちにも
知ってもらう、という意味では今回の件は意味があると思うのです。

ただ今日も、ものすごく残念な話を聞いたんですよ。
知人が自分の会社の駐車場で轢かれている猫をみつけて、
近所の病院に連れて行ってくれたそうです。
その後、会社でその話をしたところ
「あ、自分が轢いたかも!」って言った人がいたんですって・・・。
(知人は、もちろんその人に
「どうして病院に連れて行かなかった?!」と怒ったそうですが)

猫1匹の命くらい・・・と思っている人は少なくない。これが日本の現状です。
そういう人も動物を飼っていたりするのですから、理解できないです。

ウィーンの保護法の件、大賛成です。
検索率をあげるために、ぜひコピペ→Eggiさんのブログへ
誘導させてください。

「オーストリアはいい」って書いたワタシのブログを見て
mixiで「じゃあオーストリアに移住すればいい」って
馬鹿なコメントを残した大学生がいました(呆)
いいことはどんどん真似たらいいですよねー!

投稿: ワタシ | 2008年1月29日 (火) 23時52分

ふみママさん、こんにちは。

>冬、札幌で収容犬(放浪犬)が多いのは、散歩が面倒で放してる飼主が増えるせいじゃないかな~と思ってます。

正直、そう考えたことはありませんでした。
うちの近所では交通量が多いせいか見たことはないですが、
たしかに散歩の代わりに犬を放す人はいるようですね。
轢かれたらどうしよー!とか思わないんでしょうかね・・・信じられませんね。。。

>ワタシさんはどう思われます?

はい、ではワタシの正直なコメントを^^。
相変わらず、人間のことしか考えない内容しか可決しないんだなぁと思いました。

ワクチン代が補助されたところで引き取られる犬・猫が増えるとは思えませんし、逆に、このワクチン補助があるから引き取るなんて人がいたら返って心配です。

引き取ってくれる人には―乱暴な言い方かもしれませんが―「引き取ってあげた」という感覚ではなく、「このコがほしい。うちに引き取らせてくれてありがとう!」という気持ちでいてほしいので(勝手な願望)、ウィーンのようにお金を置いていってもらいたいくらいです。里親探しボラさんとは区別して、です。

新しい出会いのできた飼い主さんとワンコにプレゼントを贈る必要はないと思うんですよね・・・。ワクチンは愛犬を守るために絶対必要なものなんだから、飼い主負担が当たり前だと。

ですから個人的には、この施策自体、的がズレてる・・・?というのが正直な感想です。
里親探しよりも先に、不要犬・猫とよばれてしまうペットを増やさないための対策を計ってほしいというのが一番の願いです。

ふみママさんのおっしゃる通り、まずは避妊去勢手術やチップに予算をつけるべきだと思えてなりません。

でも、こうしたことが話題になると、少しずつだけど日本も動き出した?という期待は感じられますよね。

この次の進展に期待してます!

投稿: ワタシ | 2008年1月30日 (水) 00時00分

ぶんたさん、こんにちは。

里親に渡したはいいけど、繁殖されたのでは元も子もないですものね。
ボラさんたちがそうしているのですから、センターも真似してくれたらいいのに!

>原価はいくら(金額は書けませんが)でもないのだから!、補助を付けてセンターでの引き渡しの際すべての方に装着したらよいのでは!。

原価そんなに安いんですか(笑)
獣医師もいることですし、みんな装着してから引き渡してくれたらいいのに!

投稿: ワタシ | 2008年1月30日 (水) 00時18分

そうなんです!。言ってしまうと保護活動に影響が出てしまうといけないので(獣医師会って強いですから!?)...
獣医さんの所では、適正な報酬で(これが結構やっかいです!)処置を行っていますから、値段はまちまちです?!。
薬やこの様なマイクロチップ、器具などは仕入れ先によって値段が変わりますし、大量に買うと、バックマージンが付いて安くなる!、と言う仕組みですしね。

県や国などが一括して購入すれば、安くなるはずなのですから!。

悪得医などは、とんでもない値段を取りますからね!!。

薬ついでに、動物でもジェネリック医薬品が認可に?なっていますから、ボランテア精神の有る!!獣医師さんの元で買われると良いと思います!!。

あ~^^ 言ってしまいたい!!。

投稿: ぶんた | 2008年1月30日 (水) 08時29分

確かに医薬品など医師の取り扱うものの原価は驚くほど安いですよね。
大部分は技術料というか、名義料というか・・・^_^;

特に獣医師の場合、いろいろな薬を扱っているわけじゃないから、
病院で「ジェネリックにしてください」
(勇気を出して~、聞いてみよう~♪ by黒柳徹子・笑)と
言ったところで選択肢はないのでしょうね。

最初から良心的な先生を選ぶのは重要ですね!

投稿: ワタシ | 2008年1月30日 (水) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬も猫も | トップページ | ペットの肥満 »