« 動物愛護に関心のある方へ | トップページ | ネットでペットを買うコツ! »

2007年11月22日 (木)

ノエルちゃんのこと

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

のえさんから、コメント(10月9日の記事)をいただいたのは、今月の16日のことでした。

【のえさんからのコメント】

ライソゾーム病のトイプードルの書き込みを読んでくださって、ありがとうございました。頑張って闘病していた我が家のノエルは昨日天に召されました。1歳10ヶ月でした。

1歳すこし前から痙攣、吐くといった症状を繰り返し、とうとう寝たきりでガリガリに痩せてしまっていました。

神経を専門とされる獣医の先生に診てもらい、解剖して鹿児島大の大和教授に分析、研究していただく予定です。今後、こちら広島でノエルの血縁の調査をすることになったそうで、ノエルは仲間がこれ以上苦しまないですむようにとの使命をもって生まれてきたのかもしれません。

私の願いは、まずはこうした病気を多くの獣医、ブリーダー、飼い主に知ってほしいことです。いくつかの病院にかかったものの、最初に病気に気づいてくだっさたのはドッグトレーナーの卵である長女が指導を受けているトレーナーの方でしたから。

のえさんは、先月ワタシがmixiのトピで見た「ライソゾームの疑いのあるトイプードル」(10月9日の記事)の飼い主さんでした。

コメントを拝見して、
奇跡がおこらなかったことを残念に思う気持ちと、
ノエルちゃんとのえさん家族が、闘病の苦しみから解放されたことへの安堵と、
これからトイプードルにライソゾームが増えるだろうという不安と…

いろんな思いがありますが、
ワタシにできるのは、こうした病気を広めないために、一人でも多くの人に遺伝病のことを知ってもらうためのお手伝いです。掲載許可をいただきました。

tsunaさん(のえさんのお嬢さん)のmixiにたてたトピが、ノエルちゃんの病状をとてもわかりやすく書いていらっしゃいます。

転載の許可をいただきましたので、ぜひ周囲の方にも伝えてください。それが、この病気で苦しむ犬や飼い主を増やさないための第一歩です。

【tsunaさんの書き込み】

実家で飼っているトイプードルは2005年12月生まれ、現在1歳8ヵ月のメスで、ノエルといいます。

8ヵ月頃からブワッと噴き出すように吐くようになり、11ヵ月頃から短時間の痙攣発作も起こすようになりました。1歳をすぎた頃には、ポロポロこぼして上手く食べられなくなり、歩く時よろめくようになりました。

なかなか原因がわからなかったのですが、やっと神経を専門とする獣医に出会い、ライソゾーム病の疑いが極めて高いと診断されました。

ボーダーのCLや、柴犬で報告のあるパターンとは異なる種類のもので、世界で二例目だといわれました。

一例目のトイプーは同じ両親から生まれたコです。

ライソゾーム病というのは、何らかの酵素が欠損しているために、分解されるべき物質が老廃物として体内に蓄積してしまう先天代謝異常疾患です。細胞障害ひいては臓器障害を引き起こす全身病です。

ライソゾーム酵素は60種以上あるため、欠損する酵素によって多数の疾患がありますが、現在のところ効果的な治療法がありません。対症療法でやり過ごすのみです。
今ではノエルは、まったく歩けなくなり、大脳にも影響が出だしたみたいで、何でもない時に唸ったり吠えたりするようになりました。

おかゆのようにしたフードを抱き抱えて口に持っていってやって食事を、1日5~6回に分けて与えていますが、どんどん痩せて、2.4キロあった体重も1.8キロになってしまいました。
ライソゾーム病と確定されていないけれど、おそらくそうであろうという別のトイプーも、もう一例みつかりました。ちなみに、病名の確定は解剖後だそうです。

だから、何の病気かわからないまま亡くなっているコもいると思います。

ほか二例のコ達は1歳9ヵ月頃亡くなっていて、ノエルもあと1ヵ月くらいしか生きられないと覚悟しています。もう、ノエルが不憫でなりません。

同じようなつらい思いをする人が、一人でも減ってほしい。不幸な犬を一匹でもなくしたい。その思いでいっぱいです。

今後トイプードルのライソゾームは増える傾向にあるそうです。
一人でも多くこの病気を知っていただきたく書き込みしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

のえさん・tsunaさん親子も、まさか愛犬がこんな大変な病気をもっているとは思ってもみなかったことでしょう。本当に、辛く苦しい、大変な日々だったと思います。

自分の犬を繁殖させようと思っている方には、本当にその必要があるのか、そしてその責任の重さについて、今一度考えてみてほしいです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 動物愛護に関心のある方へ | トップページ | ネットでペットを買うコツ! »

コメント

動物を飼う人々が(私を含めて)、余りにも病気に対しての知識が少ないのではないのでしょうか?。保護活動を本格的に初めて2年にも満たないのです、病気の知識は少しずつ増えてはいるのですが、現状に追いついては(頭が)行きません。
もっともっと勉強しなければ!!。
セミナー等近くであるといいな~~、私が見つけられないだけなのかな?。
乱繁殖やミスブリードによる遺伝性疾患が、最近とみに多くなっています!、普通の犬種だと思っていても、心臓や骨格に異常の有る子が多くなってきました!、売れるからと安易な繁殖は辞めて欲しいですね!。
ノエルちゃんのご冥福をお祈りいたします!。
保護した子達が、手元から逝ってしまう事とは違う気持ちでしょうが、悔しさは変わらないと思います、のえさんご自愛下さいね、今頃虹の橋のお花畑で元気に走り回っていると思います。

投稿: ぶんた | 2007年11月22日 (木) 21時47分

又やっちゃいました??。
動物を飼う人々=動物オーナー、ブリーダー、ペットショップ等すべてを含みます。
又、ペットショップやブリーダーの中には、獣医さん顔負けの知識と技能を持ち、プライドを持って生業としている方も沢山います、すべてを非難しているわけではありません。
いつも言葉足らずをして済みません!。

投稿: ぶんた | 2007年11月22日 (木) 21時55分

ぶんたさん、こんばんは。

人間に限らず、動物の病気はたくさんありますよね。
ワタシも毎回いろんな方に話をきくたびに???になります。

ただ獣医師の方あたりは、
「この犬種は、この病気が多いんですよー」で話を終わらせるのではなく、どうしてその犬種にその病気が多いか=つまり、体質の遺伝、という話をもっとちゃんとしてほしいし、
何より「病気を発症した犬を繁殖させてはいけない」ということをしっかり伝えてほしいです。

あと、飼い主も手ぶらで話を聞くのではなく、メモを取るとか、自分でも調べるとか。

ワタシたち飼い主が高い意識をもつことが、ノエルちゃんや、病気で苦しんで逝ってしまったワンコたちへのはなむけにもなると思うのです。

>ペットショップやブリーダーの中には、獣医さん顔負けの
>知識と技能を持ち、プライドを持って生業としている方も
>沢山います

その通りですね。
そうした方たちだけが、いい犬を繁殖させてくれたら、もっと幸せな犬が増えるのに。

投稿: ワタシ | 2007年11月22日 (木) 23時33分

はじめまして、こんにちは。
さいとほ。と申します。

犬の遺伝疾患に心をいためているひとりです。

うちのコ(M.ダックス)は、PRA(進行性網膜萎縮)と診断されました。視力が低下し、やがては失明する病気で、日本ではM.ダックスに非常に多く見られる遺伝性疾患です。

そして、やはりこの病気には治療法がありません。

遺伝疾患について、このコメント欄のスペースでは語りきれないほど、強い思いを持っています。

遺伝疾患は、増やすも減らすも「人」次第。

そのことをひとりでも多くの方が、他人事と思わず考えてくれたらと日々思っています。

でも、犬に人の気持ちを投影する傾向がまだ強い日本では、「出産=おめでたいこと」「犬は安産」「自分の家のコの子供の顔が見たい」「避妊去勢手術はかわいそう」という意識が根強く、安易に繁殖を考える飼い主さんが多く、本当に残念に思います。

また、愛犬が不治の病と知ると、飼養意欲を失ってしまう飼い主さんも少なくないと聞きます。

病気であってもなくても、その病気が治っても治らなくても、そのコに変わりないのですから、変わらぬ愛情でそのコの生活をサポートしてもらいたいなと思います。

突然、しかも、長々と失礼いたしましたm(_ _ )m

私も何かの役に立てればと、愛犬の病気のことや愛犬の生活ぶりについてのブログを作りました。
http://tdfn.blog103.fc2.com/
(名前のリンク先とは別のブログです)
情報の整理もままならず、
「仮」の状態のままですが…(^^;

ひとりでも多くの人が遺伝性疾患の怖さ、繁殖のリスクの大きさを実感し、安易な繁殖を思い留まっていただけるよう、声をあげていきたいなと思っています。


投稿: さいとほ。 | 2007年11月23日 (金) 00時32分

さいとほ。さん、はじめまして。
コメありがとうございます。

ワンちゃん、PRAですか・・・。ダックスには特に多いですよね。

>遺伝疾患は、増やすも減らすも「人」次第。

本当に。残念ながら、そのことを知らない人が多すぎます。
そして多くの人が、「ウチの犬は大丈夫」と思い込んでいる。

一人でも多くの人が、それが間違っていることに気づいてもらえるよう
頑張りましょうね。

>愛犬の病気のことや愛犬の生活ぶりについての
>ブログを作りました。

素敵ですね!
テリーライアンのPuppyBook、ワタシも愛読してます^^

投稿: ワタシ | 2007年11月24日 (土) 16時49分

ノエルちゃんのご冥福をお祈り致します。
遺伝病は真っ当な繁殖で防げるもの、日本の現状は歯がゆいばかりです。
ボーダーコリーで有名なCL症ですが、日本では3年ほど前からサルーキでの症例があります。大手ペットショップチェーンにも卸している繁殖屋の犬らしく、今後が心配でなりません。

投稿: 憂 | 2007年11月25日 (日) 01時12分

憂さん、コメントありがとうございます。

ノエルちゃんのブリーダーも、翼ちゃんのときと同様に、はじめ
「そんな病気はきいたことがない」と言ったそうです。
同胎犬に、先に同じ症状がでて報告を受けていたにもかかわらず、です。

今の日本で、知識もモラルももちあわせない繁殖をやめさせるには、
まず、私達一般の愛犬家が、遺伝病をはじめとした病気について
もっと真剣に問題視しないといけませんね。

サルーキーはPRAの拡大も心配ですし、
これからほしいという人は注意が必要ですね。

投稿: ワタシ | 2007年11月25日 (日) 19時53分

はじめまして。
「トイプードル ブリーダー 札幌市」と検索してこのブログを拝見しました。
現在獣医師会の里親募集で出会ったアメショー猫と5年暮らしていますが、今回トイプードルとも暮らしたくなり、いろいろと調べていました。
猫は4ヶ月でうちのこになりました。
性格もよく、健康です。
犬も猫同様獣医師会の里親募集で調べて、成犬のお見合いもしてみましたが、その犬はかみ癖があり、あきらめました。
いろいろ調べてトイプードルの子犬なら、、と思いペットショップもまわりましたが、このブログを読んでショップで購入はやめようと思いました。
ブリーダーと通して購入を検討したいのですが、しっかりしたブリーダーをご存じでしょうか?
できましたら、亡くなったノエルちゃんの血統書にのっているブリーダーや両親の情報など教えてくださいませんでしょうか?
実際に飼う時期は9月以降なので、里親になることも含めていろいろ検討してみたいと思っています。
よろしくお願いします。

投稿: ノラ | 2008年7月29日 (火) 22時53分

ノラさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。大変うれしいです。
今日中にメールを送らせていただきます。

投稿: ワタシ | 2008年7月30日 (水) 10時13分

はじめまして。
ライソゾーム病について調べていて、たどり着きましたnote

我が家の雑種の女の子「りん」もライソゾーム病の疑いがあるとの事で、調べてもらっています。

知り合いの会社の社長さん宅で飼われているワンちゃんが子供を生んだので頂いて来たワンちゃんです。

今7ヶ月ですが、この病気だと長生きできないと言われましたdown

昨日言われたばかりで・・・

何もしてやれないのが悔しくて悲しくて・・・

こんなに可愛くていい子なのに何故??

という思いでいっぱいです。

突然のコメントが長くなり、申し訳ありませんsweat01

りんと一緒に頑張って行くつもりです。

とても参考になりましたshine

また伺いたいと思いますdog

投稿: みっちい | 2009年2月15日 (日) 12時38分

みっちいさん、こんにちは。
ノエルの飼い主、のえです。
今どんな気持ちでいらっしゃるか…自分と重ね合わせてしまって、涙がとまりません。
希な病気で情報も少ないなか、先に病気と認められていたワンちゃんの飼い主さんから、詳しい症状や介護のヒントをおしえていただき助けになりました。
なにかお力になれることがあれば、喜んで!

投稿: のえ | 2009年2月15日 (日) 16時18分

のえさん^^

はじめまして。
そしてコメントありがとうございます。

初めて聞く病名で、調べれば調べるほど怖くなります。
治療法も無く、寿命もとても短い・・・
まだ0歳なのに・・・

りんの無邪気な姿を見るたびに涙が出ます。

でもそんなことは言ってられないですよね!

このブログ主さんにも、励ましのメールを頂き、
頑張らなくちゃと思いました^^

のえさんも大変な苦労をなさった事と思います。

またこちらにも結果がわかり次第、ご報告しに参りますので、
そのときは相談させてくださいね!
よろしくお願いいたします。

このブログにたどり着けてよかった^^

ありがとうございます!

投稿: みっちい | 2009年2月17日 (火) 23時46分

のえさん、ブログ主さん

こんばんは^^

経過報告です!

昨日、りんが立ち上がりや歩行がしやすいように
フローリングにカーペットを敷きました。
少し楽みたいです^^

日曜日に動物病院で採血をし、
脳脊髄液と一緒に鹿児島大に送られて検査します。

またご報告しますね。

投稿: みっちい | 2009年2月20日 (金) 22時21分

みっちいさん、ご報告ありがとうございました。

ご心配ですよね。

検査出来るということは、りんちゃんは何犬のミックスなのでしょうか?
何もわからない状態よりは病名でもわかったほうがいいですけど、それが治療に結びつかないとなると辛いものがあります。

カーペットを敷いてあげたんですねhappy01
倒れる回数がふえたら、頭などをぶつけないように…とか、症状に合わせて過ごしやすいようにドンドン工夫してあげるの、いいと思います。
うちは、気をつけてたつもりだったけど、転けた時に眼の角膜を傷つけてしまいました(泣)

ささいなことでも、お話聞きますよ。
メールでも電話でも、近くならお会いしたっていいし。
連絡先はワタシさんが知っていますからね!

投稿: のえ | 2009年2月21日 (土) 20時13分

のえさん、こんばんはshine

りんは何のミックスなのかなぁ??
親も雑種で、お父さん犬が不明なので判らないんですsweat02

のえさんに相談出来るのは心強いです!

ワタシさんに、のえさんのメールアドレスを
伺わせて頂きますねnote

ありがとうございます^^

投稿: みっちい | 2009年2月21日 (土) 23時01分

みっちいさん、のえさん、こんにちは。

家人不在のブログですみません・・・^^;毎度のことですが。
それぞれ、メール送らせていただきますね。

投稿: ワタシ | 2009年2月22日 (日) 18時30分

こんばんは^^

ご報告です。

りんの検査結果が出ました。

ライソゾーム病ではなかったそうです。

「アルギナーゼ欠損症」という病気でした。
やはり治療法はなく、寿命も短いそうです・・・

アルギニンという物質が体内に溜まってしまい、
脳に障害が起きる病気とのこと。

人間でも赤ちゃんに起こる病気だそうですが、
犬にしても人間にしても、ごく稀な病気です。

たんぱく質を抑えた食事療法しか手段はないようです。

食品について全くの無知なので
これから勉強していきたいと思いますsweat01

今までは高たんぱくのものばかり食べさせて、
りんの大好物も高たんぱくのものが多くて・・・

今後何を食べさせたらよいのやら^^;

私は介護職に就いていますが、
職場のナースから介護用食品(流動食やトロミなど)
のカタログを貰って来ました。

りんのお陰で勉強になります!

またご報告いたしますね^^

投稿: みっちい | 2009年3月 7日 (土) 22時12分

みっちいさん、こんばんは。

とても前向きでステキな方ですね、みっちいさん。

りんちゃんは、ちゃんとみっちいさんのお家を選んで
やってきたんでしょうね。
ワタシなんかが偉そうに言えることではないんですが、
みっちいさんは初めて犬を飼ったとは思えないくらい
とてもしっかり対処されてますよね。

りんちゃんは、とても幸せなコだと思います。

それにしても、高たんぱく低カロリーはよく聞きますが・・・低たんぱくですか・・・。
ワタシも調べてみますね。

投稿: ワタシ | 2009年3月10日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動物愛護に関心のある方へ | トップページ | ネットでペットを買うコツ! »