« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

DOG FAN

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

「DOG FAN」といえば、愛犬家にはおなじみ。
毎月いろんな犬種を特集して紹介してくれる犬の情報誌です。

今月の特集は「プードル」

毎回、服やらフードやら、広告的な内容も多いですが、今回はゲーム性の高いドッグトレーニングの一つ「K9ゲーム」なども紹介されていて、飼い主はもちろん、犬にうれしい情報も。

しかーし。ちょっと気になったのは、「今プードルオーナーがもっとも気になる膝蓋骨脱臼(パテラ)の最新情報」という特集。

ちらっと目を通したところ(ま、ようするに立ち読みです・笑)、
「若いうちに無理をしたまま放置すると、年をとってから歩かなくなる=膝がかたまって、歩けなくなる」ということが書かれていました。

うちのpeepeeちゃんも膝蓋骨脱臼。(うちは内方。記事の通り、それほど痛がりません)
記事の内容はわかりやすかったですが、犬にもよるのでしょうけど、
術後のリハビリが大変だということ、
そして、なにより、どうしてこういう病気が多くなったのか、ということが
全く触れられていなかったことはとてーも残念。

膝蓋骨脱臼は遺伝性疾患。
こうした病気を発症した犬は、絶対に繁殖させてはいけません。

でも、じゃあ逆に、どうしてこんなに膝蓋骨脱臼が増えているのか?というと、答えは簡単。その体質をもった犬を、繁殖させている人がいるからです。

「こういう現状だ」ということだけを知って満足するのではなく、「どうしてこうなったのか」「改善するためには、今後どうしたらいいのか」を読んだ人が考えてくれるといいなぁと思うんですが・・・。

そして、今月のDOG FANは12月号だけに、
表紙には「うちのコに最上級のクリスマスをプレゼント」とコピーが。
そう、メインはクリスマス特集。

12月=Noelですね。

トイプードルのノエルちゃん(ぜひ、知ってください!11月22日ノエルちゃんのこと)は、先月この世を去りました。
ノエルちゃんは、世界で2例目の、トイプードルのライソゾーム病でした。(正式な検査はこれからですが、確定診断されれば世界で初めてです)

この遺伝病が発症した、ということは、キャリアとキャリアが交配されてしまったということ。

でも、キャリアはノエルちゃんの親犬だけではありません。遺伝子は受け継がれるものですから、当然の話です。

詳しくは、11月17日 犬の遺伝病について にある、pdfを読んでください。

膝蓋骨脱臼に限らず、素人の自家繁殖で病気を発症する犬は山ほどいます。
遺伝性疾患はもちろん困りますが、なかでも、遺伝病を発症させるのは絶対にダメです。

なぜなら。
ライソゾームやCLなどの遺伝病は、発症すると絶命しか道がないから。

ノエルちゃんの、ライソゾームが発生したラインはわかっていません。

トイプードルを飼っていて、交配したい、と考えている方。最初から、自分の愛犬から生まれる子犬が病気だろう、と思って、繁殖させる人は一人もいません。また、犬の出産のリスクは低くありません。

繁殖を諦めることは、立派な愛情です。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (8)

2007年11月29日 (木)

犬の病気について

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *


※ノエルちゃんの症状に関する表記で一部誤りがありましたので、訂正したものをアップし直しました。



愛犬の調子が悪くて病院に連れていっても、その原因がいま一つはっきりしない、ということはよくあります。

骨に関することであれば、レントゲンでわかるはずですよね。でも、それ以外の場合―たとえば血液検査の数値が悪かったとしても、その根本的な原因が何なのかを探るのは容易なことではありません。人間と同じです。

動物病院で誤診を受けた、という話はよく聞きます。

うちの場合は誤診ではないですが、最初にお世話になった動物病院で、アカラスの治療に次から次へと薬を足された結果、副作用でかえって調子が悪くなるという悪循環になってしまいましたから。

愛犬を家族として大事にしているなら。

ぜひ納得できる診断と、親身になって考えてくれる獣医さんに会えるまで、病院を探してください。

ただし。

万が一遺伝病を発症していた場合には、一般の獣医さんには診断が難しいかもしれません。(2月のセミナーで、大和先生がおっしゃっていました。獣医師であっても遺伝病は専門に勉強した人でなければ診断が難しいそうです)

 8ヵ月頃~ ブワっと噴出すように吐くようになる

 11ヵ月頃~ 短時間の痙攣発作を起こすようになる

 1歳すぎた頃~ ご飯をポロポロこぼして、うまく食べられなくなる。よろめくようになる

これは、先週記事をアップした、トイプードル・ノエルちゃんの飼い主さんからうかがった症状です。
(欠損する酵素によって、同じライソゾーム病であっても症状は異なるようです。一例目のトイプードルは、目に症状があらわれているそうです)

飼い主さんは、なかなか原因がわからず、病院をまわっていたそうですが、神経を専門とする獣医さんと出会うことができ、ライソゾーム病ではないか、との診断を受けました。

この病気は現在の医療では治すことはできません。でも対処療法として、投薬である程度、病状はおさえることはできたそうです。

吐くのをおさえるための胃薬と、抗けいれん剤。
抗けいれん剤をのませる前は、1週間のうちに発作がなかったのはたった1日!日に4回も発作がおきた日もあったそうです。

犬にとっても飼い主さんにとっても、早期に診断を受けることは非常に重要です。

もし、あなたの愛犬が1歳前後で、このような症状がではじめたら・・・。早めに大学病院等で検査を受けることをおすすめします。(ただし、MRIでも脳に変化がみとめられるようになるのは、1歳半~のようです)

特に、ノエルちゃんの発症があったトイプードル、サルーキ、柴犬などの飼い主さんは気をつけてください。(サルーキにも発症している、と先日コメントをいただいています)

何よりも、こうした遺伝病を広めないために、知識もモラルもない安易な繁殖は行わないでください。

また「繁殖に相応しい知識」というのは、犬に関する本を1~2冊読んだくらいのことではないということも理解してください。

ワタシにはそんな知識はないので、繁殖はしません。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月28日 (水)

黒猫

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

会社でいつも聞いているのはFM North Wave。

月~木曜日14:00~16:00にオンエアされている「MUSIC SPICE」(DJ/潮音さん)で、

「イタリアでは、黒猫は縁起が悪いとされていて、
それを信じる市民によって、去年一年間で約6万匹もの黒猫が殺された」

という、信じられない話が紹介されていました。

「縁起が悪い」という非科学的な理由で、一般市民が猫殺すんですか?ちょっと信じられません。6万匹って、尋常じゃないですから。

一日換算、166匹。気が遠くなります。

潮音さんが言ってました。

「イタリアの人たちに、このアイルランドの諺を贈りたいです。
『猫を殺すと17年間不幸が続く』」

子ねこが生まれたら、それを罪の意識もなく捨てる人、保健所へ連れて行く人。そんなことしたら、17年間不幸続きですよ・・・。

そうならないためにも、猫は家飼いに。避妊・去勢をさせてください。

ちなみに。
不幸になるのは、処分しなければならない保健所の人ではなく捨てた本人ですよ。お間違いなく。

【参考】エキサイトニュースより

「黒猫は縁起悪い」は迷信、イタリアで啓発イベント
 
[ 2007年11月19日 16時54分 ]
11月17日、イタリアでは、動物愛護団体が主体となって「黒猫の日」のイベントが開かれた。

[ローマ 17日 ロイター] イタリアでは17日、動物愛護団体が主体となって「黒猫の日」のイベントが開かれた。

多くの国で汚名を着せられる黒猫だが、かつて「黒猫は悪魔の手先」などとされていたイタリアではそれが極端で、「黒猫は縁起が悪い」という迷信を信じる市民によって黒猫の殺害が横行。当地の動物愛護団体AIDAAによると、同国内では昨年1年間に推定6万匹の黒猫が殺害されたという。

AIDAAでは、17日、国内200カ所に情報センターを設置し、道行く人たちに黒猫に関するチラシを配ったり、嘆願書への署名を募ったりした。同団体ではまた、愛猫家として知られるローマ法王ベネディクト16世あてに、支援を求める書簡を送ったという。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2007年11月26日 (月)

ネットでペットを買うコツ!

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

 

そんなもの、あるわけがありません。

犬なら、たいてい10年~は生きます。そんな大事な家族を、本物かどーかもわからないような画像だけをみて、一時の感情で、見ず知らずの相手から買っていいと思いますか?

ペットショップの生体展示販売ですら病気の犬だらけなのに(はい、うちもそうです・・・)、ネットの犬はどうなっているのやら。考えただけでも、恐ろしいです。

こんな記事をみつけました。ネットでペット購入 トラブル増加

リンク貼りましたが、すぐに消えてしまうと思われるので、以下記録用です。

 

11月26日付け 北海道新聞より

「届いたら病気」「掲載と違うもの買わされた」…ネットでペット購入 トラブル増加(11/26 09:23)

インターネットによるペット購入のトラブルが目立ってきた。国民生活センターに昨年度、寄せられたペット購入の相談千五百件のうち、ネットによる通信販売のトラブルは約一割を占める。動物愛護関係団体は、パンフレットを作り注意を喚起している。

同センターへのペット購入に関する相談は二○○一年度に千百四十五件だったが、○二年度以降は千五百件を超える状態が続いている。相談の大半は「ペットを戻しても返金に応じてくれない」などと契約に関するものだが、最近は「届けられた動物が病気だった」「ホームページに掲載されたペットと異なるものを買わされた」など、ネット販売ならではのトラブルが目立っているという。

○一年度には八十八件だったネット購入に関する相談件数は、○三年度には約二・五倍の二百二十六件になった。悪質な販売店の排除を目的に改正動物愛護管理法が施行された昨年は、百六十六件にとどまったものの、ほぼ年間二百件前後で推移している。

同センターは「ネットによるペットの購入は今後も、増加が見込まれる。購入する際は、電話などで確認した上で、契約を結ぶように」と注意を呼びかけている。

一方、日本動物愛護協会や日本動物福祉協会などでつくる「動物との共生を考える連絡会」(東京)は、ペットのネット販売トラブルが増えているとして、注意を呼びかけるパンフレット十万部を作製し今月、道内など全国の消費者協会に送付した。

同会は「ネットで購入したペットを、気に入らずに保健所に持ち込むというケースもある。家族として招き入れるペットを、実際に会わずに買うこと自体無理があるのでは」と話している。

 

これを読んでもなお、ネットでペットを買おうと思いますか?思わないですよね。犬は、信頼できそうなブリーダーを探して、できれば実際に訪問、不可能であればメールや電話でたびたびお話を聞いて(1回じゃ何もわかりません)うえで、健康で優秀な純血種を購入してください。

(リトレーニングできる自信と知識のある人は、センターや保健所、愛護団体等で、自分と合う犬を探して、里親になってください)

それにしても、購入したペットを「気にいらない」という理由で保健所に持ち込むなんて、考えられません。ペットにも命があるってことすら知らない人がいるんですね・・・。

一日も早く、そんな人がペットを飼えない世の中になることを祈るしかありません。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (10)

2007年11月22日 (木)

ノエルちゃんのこと

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

のえさんから、コメント(10月9日の記事)をいただいたのは、今月の16日のことでした。

【のえさんからのコメント】

ライソゾーム病のトイプードルの書き込みを読んでくださって、ありがとうございました。頑張って闘病していた我が家のノエルは昨日天に召されました。1歳10ヶ月でした。

1歳すこし前から痙攣、吐くといった症状を繰り返し、とうとう寝たきりでガリガリに痩せてしまっていました。

神経を専門とされる獣医の先生に診てもらい、解剖して鹿児島大の大和教授に分析、研究していただく予定です。今後、こちら広島でノエルの血縁の調査をすることになったそうで、ノエルは仲間がこれ以上苦しまないですむようにとの使命をもって生まれてきたのかもしれません。

私の願いは、まずはこうした病気を多くの獣医、ブリーダー、飼い主に知ってほしいことです。いくつかの病院にかかったものの、最初に病気に気づいてくだっさたのはドッグトレーナーの卵である長女が指導を受けているトレーナーの方でしたから。

のえさんは、先月ワタシがmixiのトピで見た「ライソゾームの疑いのあるトイプードル」(10月9日の記事)の飼い主さんでした。

コメントを拝見して、
奇跡がおこらなかったことを残念に思う気持ちと、
ノエルちゃんとのえさん家族が、闘病の苦しみから解放されたことへの安堵と、
これからトイプードルにライソゾームが増えるだろうという不安と…

いろんな思いがありますが、
ワタシにできるのは、こうした病気を広めないために、一人でも多くの人に遺伝病のことを知ってもらうためのお手伝いです。掲載許可をいただきました。

tsunaさん(のえさんのお嬢さん)のmixiにたてたトピが、ノエルちゃんの病状をとてもわかりやすく書いていらっしゃいます。

転載の許可をいただきましたので、ぜひ周囲の方にも伝えてください。それが、この病気で苦しむ犬や飼い主を増やさないための第一歩です。

【tsunaさんの書き込み】

実家で飼っているトイプードルは2005年12月生まれ、現在1歳8ヵ月のメスで、ノエルといいます。

8ヵ月頃からブワッと噴き出すように吐くようになり、11ヵ月頃から短時間の痙攣発作も起こすようになりました。1歳をすぎた頃には、ポロポロこぼして上手く食べられなくなり、歩く時よろめくようになりました。

なかなか原因がわからなかったのですが、やっと神経を専門とする獣医に出会い、ライソゾーム病の疑いが極めて高いと診断されました。

ボーダーのCLや、柴犬で報告のあるパターンとは異なる種類のもので、世界で二例目だといわれました。

一例目のトイプーは同じ両親から生まれたコです。

ライソゾーム病というのは、何らかの酵素が欠損しているために、分解されるべき物質が老廃物として体内に蓄積してしまう先天代謝異常疾患です。細胞障害ひいては臓器障害を引き起こす全身病です。

ライソゾーム酵素は60種以上あるため、欠損する酵素によって多数の疾患がありますが、現在のところ効果的な治療法がありません。対症療法でやり過ごすのみです。
今ではノエルは、まったく歩けなくなり、大脳にも影響が出だしたみたいで、何でもない時に唸ったり吠えたりするようになりました。

おかゆのようにしたフードを抱き抱えて口に持っていってやって食事を、1日5~6回に分けて与えていますが、どんどん痩せて、2.4キロあった体重も1.8キロになってしまいました。
ライソゾーム病と確定されていないけれど、おそらくそうであろうという別のトイプーも、もう一例みつかりました。ちなみに、病名の確定は解剖後だそうです。

だから、何の病気かわからないまま亡くなっているコもいると思います。

ほか二例のコ達は1歳9ヵ月頃亡くなっていて、ノエルもあと1ヵ月くらいしか生きられないと覚悟しています。もう、ノエルが不憫でなりません。

同じようなつらい思いをする人が、一人でも減ってほしい。不幸な犬を一匹でもなくしたい。その思いでいっぱいです。

今後トイプードルのライソゾームは増える傾向にあるそうです。
一人でも多くこの病気を知っていただきたく書き込みしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

のえさん・tsunaさん親子も、まさか愛犬がこんな大変な病気をもっているとは思ってもみなかったことでしょう。本当に、辛く苦しい、大変な日々だったと思います。

自分の犬を繁殖させようと思っている方には、本当にその必要があるのか、そしてその責任の重さについて、今一度考えてみてほしいです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (18)

2007年11月19日 (月)

動物愛護に関心のある方へ

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

ちょっと難しい話ですが、考えてみませんか。

動物たちの命をもっと大切にする社会にするために、環境省の先導で各自治体が、動物の愛護・管理に関する業務実施計画づくりに取り組んでいます。

ワタシも最近知ったのですが、北海道でも意見を募集していました。

北海道動物愛護管理推進計画(仮称)素案に関する道民意見の募集について
詳細はこちら

・募集期間
2007年11月9日(金)~2007年12月9日(日)
※郵送の場合は、12月8日の消印まで有効

素案の入手・閲覧方法や、意見提出様式、提出先などは
意見募集要項
を確認してください。

「素案に関する意見募集」ですから、まず素案に目を通さないと素案に対する意見にはなりません。(あー、やっかいですねぇ・笑)

時間も手間もそれなりにかかりますが、一つでも多くの意見が寄せられ、道民の動物愛護関心の高さを担当部署の方々に実感してもらって、素案のレベルがあがるような結果になってほしいです。

にしても、難しいという方のために(?)

あくまでも「例えば」ですよ・・・
(※個人の考えと責任において、意見を制作してください。よって、以下の<理由>部分のコピペはご遠慮ください)

<該当箇所>
P30 3 計画の指標と目標値
下ブロック チャート
普及啓発【普及啓発】- 犬猫の致死処分数 H29年度目標 基準値計を半減

<意見>
H29年度目標を0 にするべき

<理由>
10年もの長期計画にも関わらず、目標設定をあえて「半減」にとどめるのはいかがなものでしょうか。
目的達成に対する意欲を高めるためにも、0(ゼロ)を目指すべきと思います。
半分にするための取り組みができるなら、0にするための取り組みもできるはずです。

こんなイメージだとワタシは思ってます。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (8)

2007年11月18日 (日)

みなさん、ご注意ください

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

この週末、2人もの不審者と遭遇してしまった。

一人は通りすがりにいやらしいコトを言ってきた、目つきのオカシな不審者。

もう一人は、大丸のエスカレーターで見かけた、ノゾキ男。おもむろに上をみながら一段をあがったりさがったりしている男の視線の先を見てみると、上にはミニスカートのお姉さんが。

ワタシが見ているのに気づいたノゾキ男は、下りエレベーターから逃げてしまいました。

ミニスカートをはく人は気をつけたほうがいいです。大丸のエスカレーターに限らず、チャンスをうかがっているエロ男はどこにでもいます。

数年前になりますが、地下鉄車内で、こともあろうにワタシを触ってきたバカな男を捕まえ、会議に遅刻したことがあります。(「痴漢つかまえて、遅くなりました」って言ったワタシに対する周囲のコメントは「相手が悪かったな…」でしたが…)

映画のテーマにも取り上げられたように、痴漢の場合は、被害者も加害者とされるほうも、後でそれを証明することが非常に困難です。だから、もしまた触られるようなことがあったら、自分の身体を触っている手を引っかいて(あくまでも正当防衛で)証拠を残してみよう、と密かに考えてます(笑)

しかし。ワンコの問題行動以上にタチが悪い。こういう理性をたもてない野獣たちこそ、しつけし直す必要がありますよね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

犬の遺伝病について

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

「ライソゾーム」「CL」

ワタシが初めてこれらの病名を知ったのは、今年の2月に行われたセミナーがきっかけでした。(詳細は2月18日犬猫の遺伝病セミナーにいってきましたをご覧ください)

これらの遺伝病は、現時点では治療法がないため(人間のライソゾーム病は、酵素補充填法や、移植などがあるらしいですが)、発症するととても怖い病気である一方、そのラインの繁殖をストップさえすれば、これ以上の被害を拡大させることはない、予防できる病気とも言えます。

しかし。現在の日本では、それができていません。

日本のペットショップで販売されているのは、子犬生産工場といわれる乱繁殖場または素人によって自家繁殖された犬たち。ようするに、犬に関する知識のない人たちが繁殖しているのです。

たびたび書かせていただいていますが、ライソゾームと診断された翼ちゃん(詳細は翼ちゃんのことをご覧ください)という柴犬の飼い主さんは

ブリーダーに報告すると、そんな病気知らないし、今までうちの犬舎から出たこと無い、ワクチンの予防接種が悪かったんでは?

と言われたそうです。

そんな人たちが、何の知識ももたずに繁殖を繰り返していればどうなるでしょう。

犬も人間と同じで、いつ病気になるかはわかりません。でも、少しでも、そのリスクを減らしたいのなら、生体展示販売をしているペットショップからは犬を買うべきではない、とワタシは思います。これ以上、不幸な運命を背負って生まれてくる犬を増やさないためにも。

新聞に、CL症のことが掲載されていたので、自身の記録用としてアップしておきます。

「20071102M.pdf」をダウンロード (pdfファイル782kb)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月15日 (木)

手作り食

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

ワタシのお気に入りは、GREEN DOGの今日の晩ごはんです。

最近配信されてきたメルマガではrecipe No,23「ホタテとキノコのグラタン」が紹介されていました。

毎日の手作り食は大変ですが、「たまに手作り」は案外楽しいものです。
(栄養のバランスを考えるのも大変なので、うちは基本はドライフードで、手作りをプラスしてます)

犬の死亡原因のトップは人間と同じ、ガンです。

ガンというのは、いろいろなガンの原因(ストレスや活性酸素、化学物質など)に、免疫力が勝てなくなったときに発症します。

ガンができる部分には何らかの理由があるんだとは思いますが、外科手術で取り除いてもその後、結局は身体全体の問題ですから、根本的な体質を改善しないと再発につながりかねません。

ガンを発生させないために、または再発を防ぐために何より大切なのは「食生活の見直し」です。

重要な役割を果たすものの一つが、キノコ類。

キノコは、霊芝やアガリスクが重宝されているように、免疫力を高める食材といわれています。積極的に取り入れたいですよね。

「犬には野菜なんていらない」という人もいますよね。毎日新鮮な生肉を食べさせられるならそれでいいと思うんですが、スーパーで売られている、一度冷凍され、ビタミンも酵素も激減したような肉じゃダメなので。

アレルギーの抗体を作るのも防ぐためにも、バランスよく、体にいい食材から栄養をとれるようにすることはとても大事です。(言うまでもなく、アレルギーのあるコの場合は要注意です。獣医師の意見を参考にするべきです)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

命の教室

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

テレメンタリー2007を見ました。(2007年10月31日の記事)

秋田県動物管理センターで働いていた男性が、県内の小中学校をまわり「命の大切さ」を伝える出前授業をしていた、という話です。


番組の冒頭で、職員さんが犬たちを安楽死するためのドリームボックスのボタンを押すシーンがありました。職員さんは、装置の窓を覗き込みながら、「犬や猫たちの最期のときを自分が見届ける」と言っていました。

本当なら、飼い主に見届けられるべきペットたちのこの世の最期を、この職員さんは見届けてきたわけです。

とても辛い仕事ですが、それに打ちひしがれることなく、「どうしたら不幸になる動物を減らせるか」と前向きに取り組むその姿勢。こうしたすばらしい方がいることを知ると、うれしくなります。



以前、事情があって、mixiにトピをたてたことがあります。

そのときに「殺処分はおかしい・・・(中略)・・・保健所なんてなくなればいいのに。」という、内容の書き込みをしてきた人がいました。

ワタシのたてたトピ以外にも、「獣医師として保健所で働いて、致死処分を行うなんて何を考えているんだ」という内容もみかけました。

こうした書き込みを見るたびに、愕然とします。

非難する相手を間違えていることくらい、わかりそうなものなのに。
(言うまでもなく、捨てる飼い主、そんな飼い主に簡単に犬を売るペットショップ、そして叩き売りのための犬を繁殖させる繁殖屋や安易な自家繁殖にこそ原因があるわけです)

一部の、誤解をしている人たちに気づいてもらうために、また、こうした現実を知らない人たちのためにも、もっともっとこうした、いい番組が増えたらいいですね。

最近、寒くなってきたせいか、peepeeちゃんは人の膝の上にのるのがお気に入りのようで、この番組を見ている間も、ずっとワタシの膝の上で眠っていました。

一方では、同じ犬として生まれたのに、冷たいコンクリートで、窒息死させられる犬たち。本当に、悲しいことです。


命の教室で学んだ小中学生からは、たくさんの手紙が職員さんに宛てられていました。この子どもたちが大人になる頃には、捨て犬・猫なんていない世の中になっているといいなぁ。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (5)

2007年11月11日 (日)

ボーン・アルティメイタム

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

ボーン・アルティメイタム
BOURNE ULTIMATUM

観てきました。
初日・土曜ということだけあって、遅い上映にもかかわらずかなりの混雑ぶり。

前売り券を指定席にかえたのは上映20分前。
すでに後方シートはうまっていました・・・(涙)
これは大問題です。だって、11番スクリーンなんですもの。

サッポロファクトリー ユナイテッドシネマの11番スクリーンは、超特大スクリーン。

三半規管がイマイチなワタシにとって、手持ちカメラで超スピードのアクションを追いかけつづけるこの映画を、後ろの席で観られないということは半ば自殺行為のようなもの。

結果は・・・はい、ボーンと殺し屋がバスルームで格闘するシーンあたりで、殺し屋がやられる前に、ワタシがノックアウト。後半は、アクションシーンのたびに目をつぶっていなければ、こみあげるものに耐えられない状況でした。

肝心の映画は、というと・・・まだご覧になっていない方のためにも、多くは語りませんが、ますますすごい男になっていました、マット・デイモン。ブルース・ウィリスよりも、なかなか死なない(Die Hard)かも(笑)

興味があるなら、ぜひ観たほうがいいですよ~。もちろん、後ろのほうの席で(汗)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

犬の癌

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

最近、公私ともにやや忙しく、しばらく「札幌市動物管理センター」のサイトをチェックしていませんでした。

久々にみてみると、収容犬は2匹。「2匹は少ない」と少しだけ安堵(と言っていいのか・・・)したのもつかの間。よくよくみると平和の滝付近で捕獲されたコは「腹部に腫瘍あり」との記述が・・・。お腹に包帯を巻いてもらっています。もう大きいのでしょう・・・。


そんな犬を、どうして平和の滝までわざわざ捨てにいくのでしょう。最期はみたくない、ということでしょうか。

最期を看取る覚悟のない人は、犬を飼ってはいけない。



ぜひ周囲に犬を飼っている人がいたら、元気そうでも年に数回は獣医師に診てもらうようアドバイスしてあげてください。

犬の死亡原因も人間同様、トップは癌だそうです。

当然、大きくなればなるほど、手術は難しくなります。北大・酪農大のセミナーでも「早期発見が重要なので、毎日マッサージをして、腫瘍がないかチェックしてください」と言っていました。

ただ、腫瘍ができた犬を捨てるような飼い主は、マッサージはおろか、病院にも連れて行くこともないのでしょうけど。

早く、そういう人が犬を飼えない世の中になることを祈るしかないです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

今朝のニュースで

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

年老いた母親が庭に放置され、近所の人の通報により3日後に保護。その後、死亡したという事件を耳にした。

母親はダウンジャケットの下は裸。砂利の上で、ビニールシートと毛布1枚にくるまっていた。当然、放置した息子は逮捕された。

そのニュースを聞いたとき。

年老いて歩けなくなった犬を、しょうがないから外飼い(たぶん、排泄が困難になった?)にしたという話を思い出した。

もう冬。いくら犬とはいえ、これまで家の中で生活してきた老犬には辛すぎる。

人間なら虐待で、犬なら虐待じゃない?

ワタシにはそうは思えない。

人間が人間のことだけで精一杯だった昔の日本ならともかく、今の日本はそうじゃないはず。

家族として暮らしてきた犬をそうして排除するくらいなら、家族で最期をみとる(安楽死)ほうが、まだ愛があると思うけれど・・・。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (8)

2007年11月 7日 (水)

ペット殺処分を10年で半減

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

2007年11月7日付け北海道新聞(M)第2社会面に、こんな記事が掲載されていました。

ペット殺処分を10年で半減
道が計画素案

詳細はリンク先をどうぞ。



ただ、いずれリンク先は消えてしまうため、記録として簡単にメモしておきますが・・・

北海道は「動物愛護管理推進計画」の素案をまとめ、道議会環境生活委員会に報告。

昨年度は、飼い主の飼育放棄などで道立保健所などが引き取った犬・猫約13,000匹のうち、75%の9,800匹が殺処分。素案では、殺処分を来年度度から2017年までの十年間で半分の5,000匹にするとした。

具体策として

・マイクロチップの装着普及などで、飼い主への返還率を2割に引き上げ(現在は約1割)

・新しい飼い主への譲渡を増やす

・購入時の不妊去勢手術を推進して、飼育放棄を現状の1,200匹から半減させる

道は本年度中に計画をまとめ、来年度の施行を目指す。

発表されたこの内容だけ読むといろいろな疑問点はありますが、この計画が実現すればかなりの前進ですね。

できれば、個人的には、購入時の不妊去勢手術は強制にしてほしいくらいです・・・

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (7)

2007年11月 6日 (火)

人間の問題行動

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

昨日は、市民講座で勉強した犬の問題行動についての内容をアップしましたが、今日は「人間の問題行動(?)」についてです(笑)

ある日のこと。

peepeeちゃんのお散歩ついでに、人が通っても大人しくしているための練習をしていました。(要するに、人通りのあるところで、お座りをさせてご褒美をあげていたんです)

できるだけ人に近づいてほしくなかったので、伏し目がちにしていた怪しいワタシを気にすることなく、そこへ近づいてくるのは犬好きらしき年配の女性。

「あー!」とうれしそうな声を出しながらこちらへ来てしまったので、案の定、peepeeちゃんは立ち上がってオバサマへ突進。ひょえー、もう台無し(笑)

そしてその様子にいたく喜んだオバサマは、peepeeちゃんの両前脚をおもむろに掴んだまましゃがみこみ、「可愛いわねー」と(汗)

犬が嫌がるまで前脚を掴んだままでいて、「立つと掴まれる」をおぼえさせる、というしつけ方も本で読んだことはあります。

でも、やっぱりやめていただこうと思い、やんわりと「すみませんけど、脚が悪いので、立たせたくないんですよ」と告げると・・・オバサマは、ワタシとは目を合わせることなく、そそくさと立ち去ってしまいました。

可愛がってくれるのはうれしいですけど、やっぱり何も言わずに近づいて、見知らぬ人の犬に手を出してはいけません。アイコンタクトでもいいから、何らかの確認は必要だと思うんです。


「脚、どこが悪いの?」なんて聞いてくれたら、膝蓋骨脱臼に関するお話もできたんですけどね。残念です。一つの行為を否定されると、すべてがNOだと思ってしまう人は多いですよね。

オバサマ、たぶん犬を飼っていると思うんですが・・・(全くためらうことなく触ってきたので)、ぜひしつけ教室にいってほしい、と強く思いました。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

市民講座の内容から5

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

さっぽろ獣医師会市民講座でうかがったお話から、「犬の問題行動について」を抜粋してご紹介します。

子犬にみられる行動は、将来的に問題行動となることが多い

(子犬なら可愛いで済ませられる行動でも、成犬が同じ行動をとると問題となることが多い、ということです:ワタシ補足)

・甘噛み
・モノを噛む
・破壊
・排泄
・引っぱる、引っ張り合い
・とびつき
・社会的交流の要求

これらはすべて犬として自然の行動なので、「排除」することはできない→でも、抑制することはできる

これらは私たちがいろんな状況下で不適切と思うとき
問題行動となる
(ようするに問題か問題じゃないかは、人間が判断していることなので:ワタシ補足)

そして、飼い主が、結果的にこの問題行動を強化してしまっていることがある

■とびつき

目的:
挨拶するため。より近づくため

この行動は、飼い主によって強化されることがある
(ようするに飛びついてきたときに、飼い主も喜んで犬に触れたりすると、犬はこの行為をOKと思うのです:ワタシ補足)

改善するためには:
・まずは助長させないこと。とびついてきたら、飼い主は後ろに下がる(犬の4つ足を地面につけさせる)
・飛びつきそうになったら、即座におすわりをさせる

■モノを噛む

目的(動機):
犬にとってモノを噛むのは自然な行動であり、楽しい行為でもある
ヒマになると繰り返すこともあるし、かまってもらいたくて噛むこともある

改善するために:
飼い主の監視の元で
・制限したエリアにいれる(噛んではいけないものがない場所)
・子犬に噛んでも良いものを教える
・子犬は、どれが自分のものかを学ぶ必要がある

子犬を監視できないときは...
・クレート等にいれて行動制限をさせる(ただし短時間、または就寝時)
長時間の狭い場所への閉じ込めはストレスになるので、チャイルドゲート等で対応

■甘噛み

目的(動機):
犬にとって噛むということは自然な行動
噛む力の抑制は母犬・兄弟から学ぶもの(だから、生後1ヵ月程度の子犬を、親犬から引き離すのは絶対にいけないことなのです:ワタシ補足)

もともと、犬は興奮すると誤って噛んでしまうもの

改善するためには:
噛んだら「痛い!」と叫ぶ、相手にしない、無視をしてその場を立ち去る(短時間)
遊びのつもりで、「じゃれ噛み」をさせない

すべてにおいて、
子犬の行動の後に、罰を与えてはいけない 
子犬には根気良く接することがとても重要

そして、一番大切なのは
飼い主のそばで、静かにしていられること
一匹でも大人しくいられるようにすること 

というお話でした。

長々と書いてしまいましたが、お宅のワンちゃんはどうですか?うちは・・・心当たりがあります(笑) 心当たりがあったので、しつけ教室にも行きました。

実際に行ってみて、本当によかったです。何より、自分は小さな頃から犬と暮らしてきたんだから、犬ならなんでも大丈夫!という勘違いに気づけましたから。

そう。しつけ教室に行かれた方はおわかりだと思いますが、教室でしつけられるのは、実は飼い主さんなんです。

自分の愛犬が、自分の指示ではできなかったことを、先生の指示だとあっという間にできるようになる姿をみるのは、とてーも考えさせられるものがあります。

どんなに愛していても、しつけに関してだけは、知識・経験ある先生にかないません。

愛犬が、人間社会でできるだけストレスなく暮らせるようにするために、また、自分に万が一のことがあったとしても(縁起でもないですけどね・笑)、誰からも可愛がられて暮らせるようにしておくのも、飼い主の大事な役目だと思います。

また、“しつけ”をテーマに、飼い主とワンコのコミュニケーションも図れます。楽しい時間を一緒に過ごすことができるわけです。

しつけ教室はとてもおススメですよ。(ただし、いーろいろな先生がいます。ワタシのような一般的な飼い主の方には「ほめて、しつける」タイプの、欧米で学び、資格を取得している先生をおススメしたいです)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

市民講座の内容から4

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

さっぽろ獣医師会市民講座でうかがったお話から、「犬のコミュニケーションについて」を抜粋してご紹介します。


犬はオオカミから
・聴覚
・嗅覚
・鳴き声
・身体をつかう―体勢、しっぽ、耳、毛―
これらの信号を受け継いでいる

全ての信号は関連しあっている
一つ以上の信号が組み合わせられてメッセージとして表現される
(すべての信号は、ほかの信号と同時に表現されている)

犬を見るときには、
・耳はあがっているか、さがっているか
・ 顔はどうか? など
なるべく至近距離で、耳や口、さまざまな変化をみることが必要

たとえば、「唸りながら歯を見せている」という行動一つをとっても
唇の端が上がっているか、下がっているかによって、
その後の行動予測がかわってくる
上がっている場合と下がっている場合、
どちらが噛みつく傾向が強いか、というと
下がっているほうが噛みつきやすい
(上がっているのは自信をもった攻撃。下がっているのは恐れによる攻撃。一般的に、恐れているコのほうが噛みついてきやすいので)

パグやボクサーなど特異な顔も表情が読みにくい

断尾した犬、毛の短い犬、カールした犬、毛の長い犬 も体勢が読みにくい

犬種というのは、人間の改良によって生み出されたもの
犬種によっては視覚的な信号に限界があり
犬種によって信号の表現も異なっている

とのお話がありました。
自分ではわかっている!と思いこんでいることに限って、改めてきくとなるほど~と納得できたりしますよね。

ちなみに、「耳の長いコは、耳の信号が読み取りにくい」というコメントもありましたが、うちのpeepeeちゃんもそうですね。

微妙に上あがったり下がったりしますが、それよりは、顔全体で表現しているほうが目に付きます。

よく見かけるのは、ワタシが話しかけるときに、声にあわせてクビをかしげる様子。
これがたまらなく可愛いいのですよ~フフフ(親バカ) 

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (8)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »