« 北区ばかりです | トップページ | チャイナ・フリー »

2007年9月29日 (土)

動物管理センター

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

札幌市の動物管理センターには大きく分類すると3種類の犬・猫がいます。

1 狂犬病予防法に基づいて、鑑札をつけていなかったために市内で収容(捕獲)された犬
2 狂犬病予防法の範囲ではないけれど(たぶん市民の通報によって)収容(捕獲)された子犬
3 飼育放棄(飼い主の持ち込み)による犬・猫

札幌市動物管理センターのHPに情報が公開されている「収容犬」というのは、上記の1・2のことで、主に、飼い主にむけて迷い犬情報を提供することを目的としています。

「収容期限」が掲載されているため、引き取り希望の方の、問い合わせの目安にもなっていますよね。

でも、実際に引き取りを待っているのは、情報を公開されている迷い犬たちだけではありません。

愛情をもってペットと暮らしている人にとっては信じられない話ですが、上記3の、無情な飼い主によってセンターに持ち込まれる犬たちは、あとを絶ちません。猫は…もっとひどいです。

数時間おきに授乳が必要な目も開く前の子ねこは、手がかかるため、ほとんど即殺処分と聞きました。言うまでもなく、処分するセンターの方達が悪いわけではありません。生まれても育てられないことをわかっていながら、飼い猫に去勢・避妊手術もさせず、命をゴミのように捨てる飼い主の責任です。

収容期限の過ぎた犬、飼育放棄された持ち込みの犬・猫の対応は、各自治体によって異なっています。

札幌市の場合は、現時点においては、期限切れ・飼育放棄のどちらも、HP等での情報公開は行っていません。譲渡会(飼い主さがし)も子犬・子ねこに限定したもの。

ようするに、希望者が自発的にセンターへ問い合わせなければ、期限の過ぎた犬や、飼育放棄された持込の犬・猫の情報は得られないのが現状です。

なぜ期限の過ぎた犬と飼育放棄された犬・猫の情報をHPで公開しないのか、譲渡会を行わないのかについては、センターへ問い合わせたことがあります。

センターの方からは
「HPの公開は検討していますが、クリアしなければならない問題があるため、まだしばらく時間がかかる」ということ、譲渡会については、「成犬・猫の場合、説明しなければならないことが多いので、譲渡会では対応できない」という回答をいただきました。


HPで譲渡の情報を流したり、譲渡会を行いそれ自体を告知している他府県と比較すると、どちらも行われていない札幌は残念だな、と思いました。

命の問題だけに、せめてHPだけでも対応を急いでほしいと願わずにはいられません。

環境省 動物再飼養支援 収容動物データ検索サイトでも「譲渡動物検索」でリンクしているのは、わずか10の自治体だけです。少ないですね・・・。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 北区ばかりです | トップページ | チャイナ・フリー »

コメント

8月19日の譲渡会に行ったんですけど ヨーキーのミックスが一匹、あとはニャンコがたくさんでしたでした。アジは猫があまり好きではないのですが、次から次へと持ち込まれる猫をみると、悲しくなってきました。皆さん不用品をリサイクルショップに売りに行く人のように平然としてましたよ。
日本人はまだまだ発展途上人ですね。

投稿: アジ | 2007年9月29日 (土) 23時17分

アジさん、こんにちは。

生まれても自分で育てられないのなら、もらわれるあてもないのなら、避妊手術は絶対ですよね。(そのへんに捨てたり、センターに飼育放棄で持ち込むよりはいいですけど)

自分の犬・ネコに子どもを産ませたいって気持ちは全くわからないわけではないけれど、出産や病気のリスク、殺処分されているコたちの現状を考えたら・・・。それでも産ませようとする人のこと、ワタシは理解できません。

投稿: ワタシ | 2007年10月 1日 (月) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北区ばかりです | トップページ | チャイナ・フリー »