« 狂犬病について | トップページ | 恵庭YEGフェスティバルのこと »

2007年9月 3日 (月)

散歩のマナー

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *


昨日の続きです。


犬連れ同士、公園でおしゃべりするのは楽しいものですよね。

また、顔見知りじゃなくても、犬を連れた人がやってきたら。犬の社会化のためにも、挨拶をさせるといういう飼い主さんは、けっこういるんじゃないでしょうか。

ただ、行動に移すまえに、本当にそうしても大丈夫かどうか、確認することが必要ですよね。

みんなが、ほかの犬が平気なわけではないですから。

ワタシの友人のワンコは歩くことができません。それでも、おしっこは外でする習慣があるので、近所の公園へ。でも、そこには、友人のワンコが歩けないことに気づかずに、ノーリードや、フレキシブルリードで自分の犬を近づけてくる飼い主さんがけっこういるそうなんです。

友人のワンコは白血球の数値も通常の半分以下のため、感染症を避けるためにも、見知らぬワンコには近づけられません。それを全ての人に話すのは大変なことですから、やんわりと「やめてください」という意思を伝えますが、なかなか理解されないとか。

そして、感染症以外にも、大きな問題があります。



以前、「天才!志村どうぶつ園」で特集していた、高崎山で暮らすサヤカというおサルさんの話をご存知でしょうか。

サヤカの両手はちょっと短くて、手も小さくて、ちゃんと開くことができません。生まれつきの障がいのようです。番組は、そのサヤカが奇妙な行動をとっている、という内容でした。

サヤカには「元気」という息子がいます。日中、人里でサルたちがご飯をもらうときのこと。サヤカは、お母さんに甘えようと近寄ってくる元気を威嚇するのです。元気は訳がわからず、何度もお母さんに近寄りますが、そのたびに追い払われます。

それには理由がありました。

サヤカは障がいをもっているがゆえに、若いサルたちからいじめられていたのです。元気を追い払っていたのは、元気が自分と同様に、ほかのサルからいじめられるのを避けるためでした。(夜、山へ戻り、群れから離れた二匹が寄り添っている姿は、本当に切ないものでした)



サルや犬に限らず、群れを作る動物は、障がいをもつなど自分とは違っている仲間をいじめることがあるようです。(ただし、ゴリラは別みたいですね)

人間も同じですね。子どもも、集団になると、「違い」のある子を仲間外れにしますね。これらは自分を守るための本能の一つだと言われています。

友人のワンコも、同じことをされているのかもしれません。


ワタシには犬の言葉はわかりませんから、真相はわかりません。でも、飼い主である友人は、ちゃんとワンコの気持ちを感じています。

その証拠に、友人のワンコは病院へ行くのは何ともないのに、犬の多い公園に行くことをとても嫌がるそうです。

それでもおしっこはさせないといけない。そこで、ノーリードのワンコがいて、飼い主はおしゃべりに夢中だとしたら?

ノーリードのワンコは近寄ってきて、自分より弱い友人のワンコに吠え、歩けないとわかると満足して去っていく。そして、友人のワンコは、強いストレスを感じる。

そして、みんなが楽しめるはずの公園が、よりキライになってしまうのです。

自分の犬をちゃんと管理するのは人間社会のルールです。

公園では絶対にリードをすること。そして、見知らぬ人や犬に近づけるときは、「大丈夫ですか?」など、飼い主さん同士で確認してみてから。最低限の、散歩のマナーですね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 狂犬病について | トップページ | 恵庭YEGフェスティバルのこと »

コメント

サヤカちゃんの話、違う回だったと思うけど見たことあります。
あたしあまり霊長類好きじゃないんだけど、サヤカちゃんの話だけは涙が止まりませんでした。゚(/ロ`)゚。

本能として、障害を持つ個体はその種にとって危険と意識するのは当然です。
厳しいけど、それが全体のため…

人間は本能が限りなく弱まっているから、障害に対して守ろうという感情が出てくるんでしょうね。
優しさとか、守ってあげたいとか、そういった感情が人間にはある。素晴らしいなぁ。

でも種としての「ヒト」で考えた時、感情が種を弱体させる遺伝子をかばうがゆえに、種の寿命が短くなるんだろうなぁ、とも思います。
それを補って乗り越えるだけの遺伝子学が発展すれば別かもしれないけど…
神様はそうも甘くない気もします(´д`)

投稿: nina | 2007年9月 5日 (水) 17時10分

ninaさん、こにちわ~。
種の繁栄と、優しさ・思いやり。どっちがどうかは単純にはいかないけれど、自然界は「弱肉強食」だものね。(「焼肉定食」ではない・・・。寒い・・・。)

サヤカちゃんはきっと、障がいを持ち合わせているがゆえに、その分、感情面が発達しているんでしょうね。人間に近い。

あちらのキクちゃんも、きっと相当発達してるよね^^

弱い個体は繁殖できないのが自然の摂理。
病気をもった犬を平気で繁殖させるブリーダーや自家繁殖家は、自分のしていることを考えてほしいよね。
まさか、感情豊かな犬を増やすのが目的?(毒)

投稿: ワタシ | 2007年9月 5日 (水) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狂犬病について | トップページ | 恵庭YEGフェスティバルのこと »