« ペットロスについて | トップページ | 犬と服 »

2007年8月 9日 (木)

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

今日は8月9日。そのコが収容されたのは6日だから、すでに3日経過。
飼い主が不慮の事故で逃がしてしまったなら、すでに引き取りにきていていい頃ですが。

そのコ、というのは札幌市動物管理センターに収容された、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア(らしき犬)です。

犬に詳しい人なら知っているかと思いますが、この犬種は闘犬という歴史をもっています。このコが一人でウロウロしていたら、犬好きのワタシでもさすがに腰がひけます。

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの説明をみると「今はとても穏やかな性格になりましたが」とはありますが、元々「最高の闘犬」をつくる目的で作られた犬種。

ブルドッグとフォックス・テリアという闘争心の強い犬同士を交配して作られたそうですが、他にもブル・テリア、オールド・イングリッシュ・ホワイト・テリアなど様々な犬が関わった結果、スタミナ抜群、勇敢で闘争心旺盛な犬ができあがり、闘犬だけではなく、警護犬としても活躍したとか。

「プロによるトレーニングは絶対必要」とも書かれています。

その辺のペットショップで気軽に買える犬ではありませんし、誰にでも飼える犬でもありません。

この犬種というだけで足がつきそうなものですが・・・、どなたか、見たことありませんか?

この犬自体じゃなくてもいいんです。札幌にいる数は限られているでしょうから、同じ犬種であれば足がつくかもしれません。

手稲区新発寒4条6丁目で捕獲されています。(いつも、ダックスあたりが「捕獲」と書かれていると、すごく違和感を感じるんですが、この犬の場合は捕獲って言葉がぴったりです…汗)

犬を捨てるという行為自体が飼い主失格ですが、わざわざこの犬種を飼ってその辺に放すような人は逮捕されてもいいと思います。

さすがにこのコは、譲渡対象にはならないんだろうな。。。飼い主が来なければ、殺処分です。何も悪いことはしてないのに。

「まほうの絵ふで×ただのいぬ。」開催中

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ペットロスについて | トップページ | 犬と服 »

コメント

初めまして。
いつも読ませていただいていました。
それというのも私も同じ獣医さんに通っていたことがあるんです。
家から遠いのでいまは別の病院ですが、今でも時々行っています。
パパイヤ鈴木似の先生と体操のヒロミチお兄さん似の先生だと我が家では言っています。

その収容犬ですが、私も気になっていました。
変わった犬種なので飼い主も特定できそうなんですが。
畜犬登録のデータで探せると思うのですがやっているのかしら・・・。
登録すらしていないのでしょうか?
もし飼いきれなくて放置したのなら、なおさら見つけ出してペナルティを与えるべきだと思います。
安易に家族を見捨てるなんて許せないです。

投稿: pooh | 2007年8月 9日 (木) 12時41分

poohさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
パパイヤ先生つながりなんですね。(ワタシもカゲではそう呼んでいます・笑) 
もうお一人の先生が、ヒロミチお兄さんとは! 気づきませんでした~。確かに似てますね^^


ピットブルはアメリカでは人気の犬種ですが、
2006年JKCの登録数だと、たった31匹!しかいないんですよ。
実際はどのくらいなんでしょうね・・・。

子どもを噛み殺したとか事件も少なくないですし、普通の人はそうそう手を出せませんよね。

「どなたか、見たことありませんか」とは書いてはみたものの、
この犬もブリーダーの放棄犬でなければ、カタギじゃない人が飼っていたんじゃないか?とも思ってしまいます・・・。

賢そうなコなのに、可哀想です。

投稿: ワタシ | 2007年8月 9日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットロスについて | トップページ | 犬と服 »