« ただのいぬ。のこと | トップページ | 柔軟な発想力 »

2007年7月27日 (金)

札幌の、ただのいぬ。たち

今日の札幌動物管理センター収容犬は4匹。一時から比べるとかなり減りましたが、それでも見ると胸が痛くなります。

コーギー以外は、小型犬です。シーズーに、パグに、シーズー系のミックス。みんな飼いやすそうな子なのに。

何か事情はあるのかも知れませんが、一緒に生活した犬を、その辺に捨てるということは、殺処分につながるわけです。(日本では鑑札をしていない犬は、飼い主が現れなければ処分されることになっています)

それでも、新しい飼い主を探してもらえずに、その辺に置いてけぼりにされてしまう(=殺されてしまう)のはなぜなのでしょうか・・・。

家族なのに
http://www13.plala.or.jp/namako/ehon.html

何回見ても、泣けます。

ただのいぬ。を、これ以上増やさないでください。


「まほうの絵ふで×ただのいぬ。」開催中です

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ただのいぬ。のこと | トップページ | 柔軟な発想力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ただのいぬ。のこと | トップページ | 柔軟な発想力 »