« ワンコ服・グッズなら・・・ | トップページ | 犬の風呂 »

2007年6月18日 (月)

しつけはむずかしい

うちのpeepeeちゃん、人間や犬に対しての警戒心というものが全くありません。

人も犬もみなお友達。かまってくれる人なら、誰でもOK。威嚇吠えというのも、一切したことがありません。(実家のシュナウザー軍団とは大違い・笑)

たとえば、病院や犬のお店など。ワタシに抱っこされていても、その人や犬のところに行きたくてたまらないpeepeeちゃんは大興奮。「キューキュー」鳴きながら大暴れします。(そして落としそうになること、たびたび・汗)

この興奮癖をなんとかしなければ、と、家では「興奮しているうちは何ももらえないし、かまってもらえない」を実践しているんですが、外にでるとそうは行きません。

外では興奮したままでも、自ずと楽しいことがやってきてしまうのです。


犬好きな人というのは、自分のことを見て喜んでいる犬がいると、たいてい近寄ってきてしまうものですね。

以前も、散歩をしていたとき。
前から歩いてきた外国人男性に、peepeeちゃんは尻尾を振って、モーレツアピール。

当然のように男性は「触ってもいいですかー?」とやってきました。(流暢な日本語にほっとしたワタシ・笑) きっと大興奮しちゃうんだろーなーと心配しながらも、触りたいんだろうなぁ、断るのも悪いし・・・と迷いつつ「どうぞ」とお返事。

しゃがみこむ男性。ここぞとばかりにpeepeeちゃんは二本足で立ち上がり、尻尾を高速回転させながら男性の顔をべろべろなめまくりました。

しかし。問題はそのあと。

ひとしきりpeepeeちゃんをかまってくれた男性は、こういいました。
「こんなに喜んでもらえるなんて、うれしいなぁ・・・。でも、こういうの良くないんですよね。立ち上がるのとか、こんなに興奮しちゃうのとか」(「ちゃんと、しつけないとね・・・」と言わんばかりに・・・)

確かにその通りなんですけどね・・・、なんか府に落ちません。
だって、興奮して立ち上がっても、かまってあげる(=ご褒美をもらえている)から、犬はそれがいけないことだってわからないのです。

しかし、わざわざ、通りすがりの人に「言ってることと、してることが逆ですよ~」とは言えません。(だって、ワタシはO型・汗)

自分の伝えるべきことを伝え終えた男性は、満足げな様子で去っていきました。くったくのない笑顔の、いい人そうな方でした(笑)

うちのような興奮してしまう子の場合、そっと一言、「トレーニング中なので。ごめんなさい」と立ち去るのがいいかも知れません。

人にモノを伝えるのは、ホントむずかしいです。
しつけも、いろんな意味でむずかしいです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« ワンコ服・グッズなら・・・ | トップページ | 犬の風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワンコ服・グッズなら・・・ | トップページ | 犬の風呂 »