« 【札幌】東苗穂温泉千の湯 | トップページ | 動物病院について »

2007年5月 4日 (金)

犬の避妊手術について

peepeeちゃんの避妊手術をしてきました。

1泊2日の入院で、今朝、病院からピックアップ。当然痛むでしょうから、昨夜はほとんど寝ていなかったのかもしれません。家に帰ってきたとたんぐーっすり。

夕方、起きてからは食欲もありましたし、順調そうです。


ちゃんと犬や猫の健康を考えている飼い主さんなら誰でも知っていることですが、去勢・避妊手術をすることは、病気を予防し、より大事な家族を長生きさせることにつながりますよね。

たまに、犬(猫)を人間になぞらえて、「もし自分だったら、生まれたままの体でいたい」とか「出産させてあげたい」などと言う人もいますが、それは、大間違い。

発情期がおとずれると、犬は本能に支配されます。思うままに行動できないその姿は憂鬱です。面白おかしく笑っている飼い主さんもみかけますが、明るくとらえればいいってもんじゃありません。(少しは、犬の身になって考えてみましょうよ) また飼い主のコントロールがききにくくなりますから、大型犬の場合は特に大変です。発情期の間中吠えられれば、それだけで近所迷惑です。

妊娠・出産は体と寿命を消耗しますし、ましてや素人の繁殖は大変危険。出産で母犬が命を落とすことは珍しいことではありませんし、子犬が病気をもって生まれたら?繁殖には遺伝・病理の知識が不可欠です。

また子宮・卵巣・精巣・前立腺の病気や、乳腺炎に乳ガンなど、去勢・避妊手術をしておけば予防できる病気はたくさんあるのです。


去勢・避妊手術をす受けさせるのは当然痛むでしょうが、それは一時のこと。その後生涯、発情に苦しんだり、予防できるはずの病気を発病させてしまい、手遅れになるほうがよほど酷ではないでしょうか。

peepeeちゃんは体が小さいほうなので、ワタシが手術のタイミングを迷っていた7カ月になるかならないかのとき、最初のヒートがきてしまいました。

ワタシが以前飼っていたマルチーズが虹の橋をわたったのは乳腺炎がきっかけだったので、ヒート前に手術ができなかったことは後悔です。。。

去勢・避妊手術は、月齢5〜6カ月がベストだと言われています。(メスの場合、一度ヒートがくるたびに乳腺炎など発病リスクがあがります)


人間と犬は全くちがいます。人間と同じことが犬にとって幸せでないことは、たくさんあります。

どうか「自分(人間)と同じ状態・生活をすることが幸せだ」なんて勘違いをせず、犬が人間の側で暮らすなら、どうしてあげるのがベストなのかを、よく勉強しましょう。


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 【札幌】東苗穂温泉千の湯 | トップページ | 動物病院について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【札幌】東苗穂温泉千の湯 | トップページ | 動物病院について »