« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

紫外線に注意!

今日は朝から撮影の立会い。
幸い天気も良く、2時間程度で撮影は順調に終了。

まずは、仕事は一安心。しかし、ワタシに異変が…

なんだか頭皮が痛い…と、トイレの鏡で見てみたら髪の分け目が真っ赤に。ひょえ~、痛いはずです。

顔は日焼け止めを塗っていたけど、地肌のことは考えていませんでした。今後は、分け目にも塗らないとダメみたいです(苦笑)

以前、北海道はオゾンの破壊が進んでいるから、紫外線には注意しないと…と聞いたことがあります。ググってみたら、地球環境研究センターのサイトに「日本国内では、成層圏オゾンの破壊が北海道上空で最も著しいことが予想され…」という記述がありました。

北海道=大自然のはずなのに、もっともオゾン層が破壊されているなんて驚きですね。

中国からの光化学スモッグ(asahi.com「光化学スモッグは中国発? 環境研・九大が推計」)の話もそうですが、自分が気をつけていれば、自分だけは守られる、というわけではありませんね。地球全体で取り組まなければ、危険は自分の身にも降りかかってきます。

ようやく高度成長期を迎えた中国に対して、既に高度成長期を終えた日本が「うちにも迷惑がかかるから、環境に負荷をかけることはやめなさい」と言ったところで、すんなり受け入れてもらえる訳はありませんよね。環境は、世界レベルの最重要課題ですが、飛ぶ鳥を落とす勢いの中国にとっては、どうでしょう?

日本など世界中で勉強している中国人の方たちが国に戻り、調整役となってくれることを期待せずにいられませんね。

と、人にばかり期待しても仕方ない(苦笑) 自分自身も、できることからしていこう!

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

レントゲンのコピー

父の転院候補の病院へ相談に行くため、現在入院中の病院からCT画像などと、血液検査の結果などデータ一式を拝借。

今後のことを考えて、血液データはコピーをとることにしました。

さて、CTの写真はどうしよう?結局、仲良くしてもらっているカメラマンにお願いして、複写してもらうことにしました(笑)

モデルやブツ撮りならともかく、CTのためにライティングをセットしてもらって、撮影に立ち会うなんてことワタシは初めてなので、けっこう可笑しい(父、ごめん)。

彼いわく、「CTは微妙な影を判断するから、デジタルで撮るより、ポジ撮り→プリントしたほうがいいだろう」と。いちおう、ポジ撮りとデジタルの両方で撮ってもらいました。

以下、ご参考までに・・・

レントゲンのコピーがほしいと思っている方、基本的に自分のレントゲン写真を病院から借りる事は可能です。

近所の写真屋さんでもできますし、こういった専門のお店(アサヒ写真工業 ←あくまでも参考!)で、単純に複製(デュープ)することもできますし、複写してデータやプリントにすることもできます。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

薬、化粧品と動物実験

昨日からステロイドを飲み始めました。

プレドニン(5m)を
・最初の3日間は1日3回
・その後の3日間は、1日2回
・その後3日間は、1日1回 で終了

なんのためか?というと、ワタシが感じている自覚症状がリウマチによるものなのかどうか、確認するためです。
ステロイドを飲んだことで症状が消えれば、リウマチだということになります。

リウマチの確定診断というのは、なかなか難しいようです。

痛みがあり、第2関節がまがってきていたり、リウマチによるその他の血液反応がでていればほぼリウマチとして確定するようですが、ワタシの現状はそこまでではありません。

そこで、まずステロイドを試し、その結果をみてより詳しい血液検査を行い、その後専門医にかかることにしました。
(ワタシの場合はほかの原因も疑いつつ回りくどいことをしていますが、明確な痛みがある場合は、もっと早く診断されるでしょう)

そういえば、peepeeちゃんのアレルギー疑惑のときもプレドニンのお世話になりました。このとき初めて「犬も人と同じ薬を使うんだ」と思いましたが、よくよく考えてみれば驚くことではありませんね。

新薬の実験は、多くのモルモットや犬などの動物の犠牲の上になりたっているのですから。

その薬の危険性や致死量を確認するために、多くの動物が苦しめられ、命が犠牲になっています。

動物実験を行っている化粧品も同じです。実際に店頭に並んでいる商品や広告のイメージとは全くかけ離れた現実があることを知っていますか?化粧水などは、動物に点眼を続け、目が見えなくなる量を測ったり、飲ませて致死量を測ったり。

どこの化粧品が…とはいいませんが、ジャ○コなど量販店の化粧品売り場にあるような日本の有名企業の大部分は、動物実験を否定していません。

薬に関する動物実験の必要性の有無についてはわからないのでコメントできませんが、化粧品に動物実験なんて本当に必要なんでしょうか?

そもそも、安心・安全な自然素材を使っていれば、実験をする必要などないのでは?

企業の利益追求のために、口のきけない弱い者の犠牲を省みず化学的に製品を開発し、ヒットを狙い続ける会社の商品は買いたくありませんし、そんなものが体にいいわけはありません。

スイス、オーストリア、イギリス、ドイツ、オランダ

これらの国は、化粧品の動物実験を禁止しているそうです。
ぜひ、スローコスメ無添加化粧品コレクションさんのサイトを見てみてください。

薬は飲まないわけにいかないので、今のワタシにはどうするべきか答えは出せませんが、化粧品や、洗剤などは簡単に選択できますよね。

ぜひ自分の身の回りから、見直してみませんか?

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

お焚き上げ

今月に入ってから、いろいろなことがありました。

peepeeちゃんの避妊手術とときを同じくして、父入院、祖母の認知症の進行。
その翌週、父はすい臓ガンと診断。その翌日に妹出産(ショックで産んじゃったわけではありません・笑)。おまけにワタシのリウマチ疑惑。

実家、さすがにてんやわんやです。

あまりにも家の中もひどいことになっているので、片付けていたら、母が「これ、処分しようと思って」と指したのは『神棚』。うちに『神棚』はないはずなんですが?

どーやら父が職場で使っていたものを持って帰ってきて放置・・・しているどころか、その中にはメガネケースみたいなものやらが押し込まれていた(爆) ひょえー、ありえないでしょ・・・。


おまけに、押し入れの奥から出てきたのは、なんと『キャベツ人形』。うちの祖母が、どこかのイベントでもらってきたものを、しまいこんでいたようで。。。

日本で流行したのが1980年代後半?。20年近くは押し入れの中で眠っていたことになりますかね・・・。

世の中にはこんな風(19年間、キャベツ人形を人間のように「育てる」)にして可愛がっている人もいるというのに・・・(苦) ごめんなさいね、うちのキャベツさん。


神棚やキャベツさんを、スケープゴートにするつもりはないんですが、このままにもしておけないので、お焚き上げの会社にお願いしてきました。

・神棚 6,500円
・人形 2,000円
・人形供養3,000円

しめて11,500円が、お寺からの紹介ということで1,000円引きに
10,500円也

高いような、でも現在の状況を考えると、お安いような。

しかし、まだまだ片付けは終わりません。次は何が出てくるんだろ・・・(毒)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

鉄分不足?

うちのpeepeeちゃん、なぜか金属好き。

例えば、ワタシとマルちゃんが使っている食卓テーブルのいすの脚が鉄(?)なんですが、仔犬の頃からよく舐めます。

あと、大好きなのがファスナー。

小さな座布団を一つ、専用にあげたのですが、とにかくファスナー部分を噛むのが好きで。ヒマさえあれば噛んでいます。

最近も、気づけばpeepeeちゃん、マルちゃんのジャージのファスナーを噛んで、クチャクチャ。まさか?!と思って口からださせると、ファスナーのかみ合う部分でした・・・(毒)

ジャージを確認すると、5つくらいはずれていたので、きっとお腹の中でしょう・・・。小さいからウ○チと一緒に出るんでしょうけど、カラダにいいわけないですね。

よく、「犬が散歩のときに道端の雑草を食べてしまう場合は、繊維質が不足しているから、野菜をあげましょう」と言いますが、うちは鉄分不足かな・・・。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

ブログ名変更の危機?!

こんなことブログに書くのは迷いましたが、藁にもすがりたいほど情報がほしい、そして同じ病気で苦しむ方と情報を共有していくために、書いてしまうことにします。

実は、先週、父がすい臓ガンだとわかりました。

すい臓は肝臓と同様に沈黙の臓器と言われています。うちも、急性腎不全で入院し、検査を繰り返した結果、すい臓に腫瘍がみつかりました。かなり状態は良くないようです。

まだ母が医師から説明を受けただけなので、詳しいことはわかりません(母もワタシと同様、ガンに関する知識がほとんどないため)。来週、ワタシが直接話を聞く予定です。

しかし、どんな状態であるにせよ、なんとかがんばってもらわなければ困ります。

まだ60歳であることを考えても、抗がん剤・放射線などの化学療法はさけられないと思います。ただ、化学療法が体に与えるダメージはとても大きいため、それを補完するためにも代替医療はかかせません。札幌で統合医療を行っているクリニックもみつけたので、そちらの受診も検討中です。

ワタシが調べた範囲で、今考えている代替医療は、
・免疫を高めるためのアガリクスや有機ゲルマニウム
・抗腫瘍作用を増強するフコイダンや紫イペ 

その他、ノニジュースやタヒボなどもいいと聞きました。(クッキーママさん^^ありがとう)

これらのものは、薬とは違い副作用もないため、積極的に取り入れていこうと思ってます。

が、もちろんその効果については個人差があります。これらについて、もしくは、これ以外で何か良いと言われるものがあったら、また病院についてのお話などご存知の方がいらっしゃったら、ぜひおしえてください。

ガンだと聞いて、最初はかなり愕然としましたが、調べれば調べるほど、なんとかなるんじゃないか?と思えてきたというのが今の心境です。(もちろん、来週の医師からの話にもよりますが・・・)

ガンは何よりも、本人の気力しだいです。家族が治ると信じなければ、本人の頑張りは利きません。

明るく、前向きに頑張りますよっ!

「さっぽろワンlife」が「さっぽろガンlife」になるかも~(うそです・・・汗)

大変不躾ですが、販売目的の方からのコメントは差し控えていただきますようお願いします。


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

避妊手術後その3

peepeeちゃんの避妊手術から、2週間と3日。
いよいよ明日は抜糸です。

5針縫いましたが、傷は特にはれることもなく、順調です。心配していたかゆみもほとんどないので、これなら抜糸後も大丈夫でしょう。

おなかの中を縫う手術糸には、吸収糸と非吸収糸があります。

お世話になった病院では、通常は丈夫な非吸収糸を使うそうですが、うちのようなアレルギーのある犬には、吸収糸を使うそうです。ごくまれに、手術のあと、非吸収糸に反応してしまう犬がいるそうですが、その場合は、やむをえず、再度手術するとか(腹腔はあけないそうですが)。

じゃあなぜ、みんなに吸収糸を使わないのか?というと、吸収糸は、非吸収糸よりもほつれやすく、また負荷に弱いため、せっかく縫った部分がはじけてしまうことがあるとか。

それを聞いたあとはさすがに、家の中を狂ったように走り回るpeepeeちゃんをみて、ちょっと不安になりました・・・(苦笑)

無事に、抜糸できそうでよかった・・・。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2007年5月17日 (木)

厚労相が異例の指導

今日の札幌は雨です。

なんだか風邪気味で、頭が痛いなぁと思っていたところ、こんなニュースを見て、少し気持ちが明るくなった。

行政がどういうタイミングで、どう変わるかはわからないけど、どんどんこうした事実が取り上げられたらいい、と思います。
以下、ニュース転載させていただきます。



保健所捕獲犬殺さないで 厚労省が異例の指導 年間7万匹超『処分』

2007年5月16日 東京新聞夕刊

 厚生労働省は、保健所職員が街頭などで捕まえた野犬や飼い主不明の犬の処分について、できる限り殺さず新たな飼い主を見つけるよう都道府県や政令市など保健所を運営する全国の自治体に文書で指導した。

 人の健康を担当している厚労省が、動物愛護の観点に立って自治体に働き掛けをするのは異例。

 保健所では、捕まえてから二日たっても飼い主が名乗り出ない犬のほとんどを殺処分している。狂犬病予防法に基づく措置だが、厚労省は「同法が制定された昭和二十年代に比べ、動物愛護の意識は格段に高まっている。殺される数を減らすよう保健所職員も努力してほしい」と生命尊重を呼び掛けている。

 二〇〇五年度に捕獲された犬は八万八千八百二十七匹で、うち飼い主が見つかったのはわずか一万四千四百十匹。

 狂犬病予防法は、捕獲した犬の飼い主が名乗り出ない場合は「処分できる」と規定。同省は「予防法の『処分』とは、殺すことに限定したものではない」(結核感染症課)としているが、多くの保健所が三日目にガスや薬物注射などの方法で殺しているという。

 動物愛護団体や国会議員らは「たった二日間の猶予でほとんどの犬が殺されてしまうのは残酷」などと厚労省に訴えていた。

 長野県など一部の保健所では、インターネットで犬の写真を公表して飼い主を募集するなど、殺さない「処分」に取り組んでいるが、すべての自治体で実施されるには程遠い状態だ。

松野頼久議員をはじめとした、心あるかたたちの取り組みの結果です。
『日本にアニマルポリスを誕生させよう!』管理人kanakoさん、すばらしいと思います。
http://blog.so-net.ne.jp/animalpolice_net/2007-04-19

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

人もダイエット?

昨日、犬の避妊手術後の体重管理について書きましたが、人間の体重管理では最近豆乳クッキーダイエットが話題ですね。

知人が夫婦ともに、3ヵ月で7~8kg落としたとか!(汗) もちろん、効果の現れ方は個人差(元々の体重など)にもよると思いますが、それにしてもすごい。

最初の料金(継続すると安くなるようです)を計算すると、1食あたり618円ですから、夫婦二人で続けるには安くはないと思いますけど、無理な金額じゃない。価格設定がうまいですね(笑) これだけ効果が出るとやめられないでしょうね~。

ワタシもそろそろ必要・・・?(笑)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2007年5月15日 (火)

避妊手術後その2

今月2日に、避妊手術を受けたpeepeeちゃん。
手術から4日後あたりから、たまったストレスを吐き出すかのように、家の中を走り回りはじめました(汗) 手術して4日後に走るなんて、人間では考えられませんね。

犬は10年ちょっとの短い命しかありませんから、その分驚異的な回復力を授かったのでしょう。すごいですね。

膝蓋骨脱臼のpeepeeちゃんが、これから特に気をつけなければいけないのは、体重のコントロール。

去勢・避妊手術を受けた動物は、肥満になりやすいといわれています。

『男性ホルモンや女性ホルモンの影響がなくなる分、繁殖とそれに付随した行動のために費やしていたエネルギーの消費も減る』
というのが一般的ですが、
『医学的には手術自体が肥満の原因になるとは言えません。行動欲は変わらず運動すれば満たされます。性欲がなくなる分、関心が食欲に集中することで食べ過ぎが起こるのです』という説もあるようです。

また、1歳を過ぎると代謝が悪くなるりますから、当然、1歳前と同じ量を食べていると太りやすくなります。

ワタシもかなり代謝が悪くなっていますから、20代と同じ量を食べていると…あぁ、恐ろし~(汗)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2007年5月10日 (木)

名古屋のグレートデンの事件

犬を飼う資格のない人間が犬を飼ったことで、また犬による事件がおきてしまいました。

噛まれてしまった被害者の方は、本当にお気の毒です。
でも、ダメな飼い主に飼われてしまったがゆえにこんな事件を起こしてしまった、この犬たちも、被害者(犬)。このまま咬傷犬として処分されてしまうのでしょうか。モラルの人間に飼われてしまったばかりに、可哀想としか言えません。

誰でも無条件で、犬を飼うことができる日本の法律をなんとかしない限り、こんな事件は減らないでしょう。

生態展示販売はもちろん禁止!(そうすれば劣悪な環境で犬を繁殖させる、安さが売り物の業者は生計がたたなくなるでしょう)
自治体に登録し、資格審査を経て許可を受けた人間しか犬を購入できないように、法整備に取り組んでほしい。心の底から、強く、そう思います。

「飼ってから登録」という現在のあまいシステムでは、モラルの低い人は遵守することができません。

こうした事故など犬に関する苦情をを減らすことはもちろん、致死処分される犬を減らすためにも、この方法しかないと思うのです。


以下、MSNサイトからの転載です。

放し飼い:大型犬6頭を押収 無登録の疑い 尾張旭市


捜査員に押収されるグレートデン=愛知県瀬戸市で10日午前10時23分、鮫島弘樹撮影 愛知県尾張旭市で放し飼いの大型犬が散歩中の主婦(33)を襲い、けがを負わせた事件で、県警瀬戸、守山両署は10日、狂犬病予防法違反(無登録、予防注射の未実施)の疑いで、犬が飼育されている同県瀬戸市東山町の元コンビニエンスストアを家宅捜索し、犬6頭を押収した。県警は過失傷害の疑いもあるとみて、飼い主の男(39)から事情を聴いている。

 午前9時40分過ぎ、捜査員約10人に伴われ、元コンビニ近くに住む、飼い主と見られる男が店内に入った。この後、県動物保護管理センター(同県豊田市)のワゴン車2台が駐車場に止められ、ロープでつながれた体長1メートル以上の大型狩猟犬「グレートデン」とみられる6頭が次々と車に乗せられた。暴れたり、ほえる犬もいたが、約30分間で全頭が収容された。

 現場は報道陣や近所の住民が多く集まり、騒然とした空気に包まれた。近くに住む主婦(77)は「悪臭がしたり、大きな犬がうろついて怖かったが、ようやく安心出来ます」。また、別の主婦(25)は「犬には罪がない。狭い場所でストレスがたまっているのだろう。近寄るだけで怖かった。きちんと飼ってほしい」などと話した。

 犬は瀬戸署に運ばれ、同署は先月25日に瀬戸市川平町の県労働者研修センターに現れた際に撮影された犬の写真と照合するなどして、主婦を襲ったのと同じ犬か確認する方針。【桜井平】

毎日新聞 2007年5月10日 14時26分 (最終更新時間 5月10日 14時51分)


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

大阪ブルセラ症について

ご存知の方は多いと思いますが、大阪のブルセラ症の陽性犬たち119匹が、4月28日に虹の橋をわたってしまいましたね…。

考えがうまくまとまられなくて、タイミングがずれてしまいましたが、被害を受けた犬たちだけがこの世から消され、動物愛護団体と自治体のもめごととして終わらせないために、一人でも多くの人が声にすることが大事だと思うので、やはりアップすることにしました。

4月28日大阪ブルセラ症の犬処分に関する記事

Ark AngelsさんとWanLifeさんはもめているようですね。(WanLifeのスタッフが、犬を盗んで繁殖業者に販売したとかしないとか…)また、AAさんは大阪府への抗議を行っています。

ワタシは、ブルセラ症の犬を守るための行動を起こしたAAを、非難する気にはなれません。

WanLifeがレスキューに入らなければ、AAが大阪府と戦わなければ、この和泉の犬たちはただ処分されていたかもしれないし、これほど話題にならなかったかもしれない。(ただ、真実がわからないので、支持することもできません) 実際に行動せず、何も確かめもせず、非難だけをするのは好きではありません。

そして大阪府の判断は非常に残酷に思えますが、これも否定できません。自治体の、そして獣医師の取り組むべきことが、公衆衛生だからです。
(参考 獣医師広報板 犬ブルセラ病撲滅を目指して

言うまでもありませんが、一番の問題は、「和泉の繁殖業者」。
感染した犬が処分されて、これで「解決」ではありません。

第二、第三のブルセラ犬を生まないために、私たちができることはなんでしょう?
(もちろん、法整備に越したことはありませんが)


記事に、近くに住む会社員男性(43)は「以前から、飼育状態が劣悪なのは聞いていた」とあるように、おかしなことをしていると、その周辺にはそうした噂があるはずです。

周りにそのような業者や、評判の悪いペットショップなどがあったら・・・。
近くの保健所や、自治体(北海道であれば、保健福祉部)などに連絡をいれてみるという行為は、ムダにならないはずです。一人の意見は大したことはありませんが、それが何十、何百にもなれば、大きな意味をもちます。


AAのサイトには、今回の大阪府のやり方について、抗議することを呼びかけているようですが、個人的には、せっかく行動するなら「第二、第三の和泉業者を生まないために、もっと繁殖業者への取締りを厳しくして!」としたほうが役所としても受け止めやすいのではないかと思っています。

多くの声が集まり、条例が制定されるようなことになったら、それこそが虹の橋をわたったワンコたちの供養になる気がします。特に、感染の不安にさらされた大阪府の方達には、特に、声にしてほしいです。実際に経験した方たちだからこそ、伝えられることがあると思うのです。

お金が絡むと、何でもおかしくなってしまいますね。モノならともかく、命、それも人間に従順な犬たちを無駄死にさせるのは酷すぎます。

せめてもの救いは、この犬たちの処分が睡眠薬による安楽死だったことでしょうか・・・。一般の、保健所や動物管理センターで行われているのは主に、ガスによる窒息死ですから、それと比べればまだまし、と言えるかもしれません。(身勝手な人間の犠牲になった末に、命をおとしていく犬や猫たちはまだまだたくさんいますから)

繁殖業者は今頃、どこでどうしているのでしょうね。
何もなかったかのように、のうのうと暮らしているのだとしたら、本当に許せません。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2007年5月 8日 (火)

お手柄ワンコ

最近、犬に関するニュースといえば、虐待や、多頭飼いブリーダーの崩壊など嫌な話が多かった気がしますが、今朝は、ちょっといいニュースを発見。失敬して、転載させてもらいま~す。


飼い犬:「主人はココ」付近走り回り、山遭難の88歳救う

 愛媛県宇和島市大浦の山中に入った農業の男性(88)が6日から不明となり、県警などが7日、上空や地上から捜索した。男性は山中で倒れていたが、周辺を飼い犬1匹が走り回っているのを県警ヘリが上空から発見、これを手がかりに男性は間もなく救助された。男性は頭などに軽いけが。

 調べでは、男性は6日午後2時ごろ、妻(84)に「山に行く」と言って自宅そばに所有するミカン山に犬を連れて出かけた。しかし、夜になっても帰宅しないため、妻が同日夜、県警宇和島署に捜索願を出し、県警などが捜索していた。

 県警ヘリは7日午前9時に上空で捜索を開始、同10時10分ごろ、男性所有のミカン山の南東約1キロ離れた別のミカン山で犬を発見した。その直後に犬が地面に横たわる男性に駆け寄ったため、男性が確認できたという。地上の捜索隊や近くで農作業をしていた人たちが連携して救助した。

 同署などによると、お手柄の犬は中型の雑種犬。白毛だったため、上空からでも目撃しやすかった。男性所有のミカン山のがけ(高さ約10メートル)に滑り落ちた跡があり、同署は男性が誤ってがけから落ちけがをし、夜道を迷った末に倒れ込んでいたとみている。【土本匡孝】

毎日新聞 2007年5月8日 1時20分

ワンちゃん、お手柄ですね~!
うちのpeepeeちゃんだったら・・・きっと、そのままどっか行っちゃうんだろうな・・・(汗)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

避妊手術後

peepeeちゃん、避妊手術を終えて3日目。

いやしいくらいに食欲もあるし、かなり元気な感じなので、だいぶん痛みはおさまってきたのでしょう。まずは一安心。

しかし、問題が一つ。昨日・今日と、トイレを失敗しがちなんです。
おしっこも一度、廊下にしてしまったし、うんちに至ってはいちおうトイレで“きばる”んですが、キレが悪いのかトイレから出て、落として歩いています(苦笑)

うんち自体はいい状態なんですが、ちょっと量が少ないかなぁ。まぁでも、手術の日は何も食べていないし、昨日・一昨日は術後ということでご飯の量は控えめにしていたので、こんなもんですね。


手術後のトイレの失敗は、実家のシュナも同じでした。
クロちゃんなんかは、廊下を歩きながらお漏らしてたらしいし・・・

体に異変が起きると、トイレルールを守るどころじゃないのかもしれませんね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.


| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

動物病院について

peepeeちゃんの避妊手術は、ちょっとうちから遠いのですが、江別にあるぱんだ動物病院のお世話になりました。

なぜ、わざわざうちから20km以上離れたこちらを選んだのか。それには、いくつかの理由があります。

その1
うちの実家の犬たちがみんなお世話になったので。
実家のミニチュアシュナウザー・メス3匹と、妹のオス1匹はみーんな、ぱんだ先生執刀で、避妊・去勢手術を受けました。

その2
先生の考えと、費用の安さ。
これは直接ワタシが聞いたわけではないのですが、peepeeちゃんとワタシがお世話になっている某お店の方が飼っている大型犬も、こちらで避妊手術を受けました。その際「なんでこんなに安いんですか?知り合い価格?」と聞いたところ、先生は「子犬が産まれて(引き取り手がなくて)処分されるくらいなら、安てもく手術を請け負ったほうがいいから」と。とても共感できます。

ちなみに、うち(キャバリア)の手術自体は15000円。その他、検査のため股関節を含めたレントゲンを数枚撮って、鼻涙管も通して、全部で25000円しませんでした。


その3
ぱんだ病院が先生の自宅だから。
夜もある程度はケアしてもらえることを期待するのと、万が一、退院してから何かあっても、自宅兼なら夜でも連絡もとれるかな、と。(←勝手に、ワタシが思ってるだけで、確認したわけではありません)

その4
言い方が難しいけど、これが一番重要で・・・こちらの病院とも仲良くしておきたかったから。
現在、お世話になっている病院で手術を受けてもよかったのですが、万が一のために、やはり何人かの獣医師さんとつながっていたほうがいいと思うんです。

今年の3月、アカラス治療の副作用がひどくて困ったとき、相談にのってもらったのがこちらのぱんだ先生でした。「遠いので毎回こちらには通えないんですけど・・・」と伝えた上で相談したのですが、いろいろな可能性についてとても親切に教えてくれました。

それもきっかけの一つとなり、東区のH病院から、現在は中央区の円山動物病院へ転院。
円山動物病院の先生も、とてもいい先生だと思います。今後も、通常(皮膚のこと)は円山の先生にお世話になるつもりです。(さすがに、毎回江別まではちょっと遠いので〜)


ワタシの場合は、いろいろな縁に助けられて、こうして2軒のいい先生にめぐり会わせてもらいましたが、信頼できる動物病院探しは、なかなか難しいですね。

口のきけないワンコが相手ですから、どんなに腕のいい先生でも誤診することもあります。
また、原因の特定が難しければ難しいほど、飼い主の「勘」をのほうが正しい気がするんです。

後になって、「あのとき、こうしておけば・・・」と思うことほど悔しいことはありません。
理想は、ちゃんとこちらの話を聞いてくれて、納得できるまで説明してくれる、そして正しい診断と処置、隠れた病巣も一発で見つけられる魔法使いみたいな獣医師さん。

そう簡単にはみつかりませんね(笑)


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月 4日 (金)

犬の避妊手術について

peepeeちゃんの避妊手術をしてきました。

1泊2日の入院で、今朝、病院からピックアップ。当然痛むでしょうから、昨夜はほとんど寝ていなかったのかもしれません。家に帰ってきたとたんぐーっすり。

夕方、起きてからは食欲もありましたし、順調そうです。


ちゃんと犬や猫の健康を考えている飼い主さんなら誰でも知っていることですが、去勢・避妊手術をすることは、病気を予防し、より大事な家族を長生きさせることにつながりますよね。

たまに、犬(猫)を人間になぞらえて、「もし自分だったら、生まれたままの体でいたい」とか「出産させてあげたい」などと言う人もいますが、それは、大間違い。

発情期がおとずれると、犬は本能に支配されます。思うままに行動できないその姿は憂鬱です。面白おかしく笑っている飼い主さんもみかけますが、明るくとらえればいいってもんじゃありません。(少しは、犬の身になって考えてみましょうよ) また飼い主のコントロールがききにくくなりますから、大型犬の場合は特に大変です。発情期の間中吠えられれば、それだけで近所迷惑です。

妊娠・出産は体と寿命を消耗しますし、ましてや素人の繁殖は大変危険。出産で母犬が命を落とすことは珍しいことではありませんし、子犬が病気をもって生まれたら?繁殖には遺伝・病理の知識が不可欠です。

また子宮・卵巣・精巣・前立腺の病気や、乳腺炎に乳ガンなど、去勢・避妊手術をしておけば予防できる病気はたくさんあるのです。


去勢・避妊手術をす受けさせるのは当然痛むでしょうが、それは一時のこと。その後生涯、発情に苦しんだり、予防できるはずの病気を発病させてしまい、手遅れになるほうがよほど酷ではないでしょうか。

peepeeちゃんは体が小さいほうなので、ワタシが手術のタイミングを迷っていた7カ月になるかならないかのとき、最初のヒートがきてしまいました。

ワタシが以前飼っていたマルチーズが虹の橋をわたったのは乳腺炎がきっかけだったので、ヒート前に手術ができなかったことは後悔です。。。

去勢・避妊手術は、月齢5〜6カ月がベストだと言われています。(メスの場合、一度ヒートがくるたびに乳腺炎など発病リスクがあがります)


人間と犬は全くちがいます。人間と同じことが犬にとって幸せでないことは、たくさんあります。

どうか「自分(人間)と同じ状態・生活をすることが幸せだ」なんて勘違いをせず、犬が人間の側で暮らすなら、どうしてあげるのがベストなのかを、よく勉強しましょう。


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月 3日 (木)

【札幌】東苗穂温泉千の湯

あぁ、たまらなく腰が痛い・・・。

ということで、岩盤浴を堪能するために、東苗穂にある「千の湯」に行って来ました。

東苗穂温泉 千の湯

ここの名物はなんといっても岩盤浴(チムジルバン薬汗房)。温泉の入浴料と別に料金がかかります。両方会わせて1600円ですが、チムジルバン用の館内着を2枚と床に敷くバスタオルも込み。夜中の2時まで営業していて再入浴も自由なので、長時間楽しめるなら決して高くはないですね。

チムジルバンの部屋は全部で10。部屋ごとにコンセプトがあり、温度がバラバラなので、自分に合う部屋を選べます。9つは男女共用の部屋なので、マルちゃんとともにあちこちの部屋を堪能しましたが、女性専用の部屋もあります。

混んでいて入れない部屋もありますが、大部屋もあるのでどこかには必ず入ることができました。

千の湯のほうも、なかなかいいです。
コーヒー色のお湯で、ぬるぬるしていて、北広島とか恵庭あたりのお湯と近い感じです。

内風呂が6種類、露天は足湯を含めて4種類。
全体的に広めで、洗い場も多いし、サウナも2種類あり。内風呂の「壺湯」という一人用の小さなお風呂が源泉掛け流しで、個人的には気に入りました。露天は結構大きくて、居心地がいいです。

ちょっと惜しいのは高温湯(42度)以外が、すべて40度の設定になっていること。(これだけあるなら、どれかは38度くらいにしてほしい・・・)

あと・・・、食べ物がイマイチかなぁ。お湯がいいだけにとても残念だけど、キャッツアイだから仕方ないですね(苦笑)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.


| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

リウマチ疑惑?!番外編

ワタクシ事ではありますが、昨日、人間ドックの結果で「リウマチや膠原病をしめすRA反応が陽性」と診断されました。(幸い、関節痛はありませんので多分大丈夫ですが・苦)

リウマチの原因ははっきりとはわかりませんが、「リウマチ」「遺伝」と検索してみると、多くのサイトに「遺伝的要因も考えられる」「遺伝的な背景でリウマチになりやすい人はいる」と書かれています。

遺伝病とは言えない病気でも、その病気になりやすい遺伝子と、環境要因が一致すれば発病の確率は高くなりますから、やはり「遺伝(体質)と病気は全く関係ない」とは言えないのでしょう。これはリウマチに限ったことではありませんね。

人間の場合は、「遺伝的要素のあるかもしれないリウマチを心配して、妊娠・出産を諦める」ということは考え難いと思いますし、そうする必要もないようです。(リウマチ同士であれば、リスクは高くなるのかもしれませんが)


では、ワンコの場合はどうでしょう?

犬は人間のように「出産したい」という願望はありませんし(本能はありますが)、その犬の遺伝子を後世に残さなければならない事情もないでしょう。

人間とは異なり、犬、特に純血種の場合は同じ種類(限られた範囲)の犬同士を交配をさせますから、病気と遺伝の関係が深いと言われています。

であれば、リウマチを発病した犬はもちろん、遺伝的な背景で病気になりやすい犬(発病した犬の親・兄弟)を交配させて、わざわざ発病の可能性を高くする必要はないですよね。4月9日の記事


人間も犬も、生きている以上、いつどんな病気になるかはわかりません。

でも、純血種の犬の場合は、その血統が管理されていますから、病気を発症した犬のラインを繁殖につかわなければ、病気を減らすことにつながるのは確かです。

もし。
犬の繁殖で生計をたてている繁殖業者が、大型ペットショップが、真剣に犬と飼い主のことを考えてくれていたら・・・。病気で苦しむ犬は、これほど多くならなかったかもしれません。

10〜20種の犬種を扱い、2〜300もの犬を繁殖用として抱えている犬舎が、病気で苦しむ犬を減らすための努力をしているでしょうか?そんな業者から犬を仕入れているペットショップが、客に対して誠実な対応を行えるでしょうか?

これからペットショップで犬や猫を買おうと思っている多くの方が、この記事を読んで、少しでも疑問を持ってくださることを祈っています。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

リウマチ疑惑?!

休み前に受けた人間ドックの結果が届きました。

検査をするたび、中性脂肪はマイナス。これは体質。
血圧も低い。これも体質。日常生活に支障をもたらすほどではありませんから、問題なしです。

気になるのは・・・RA反応が陽性だということ!確か2年前くらいに調べたときも陽性だったので、またしてもです。

RA反応というのは、慢性関節リウマチなど膠原病などを調べる炎症性反応。健康な場合でも陽性反応が出る人はいるそうで、症状がなければ特に問題はない、と言われています。ワタシは幸い今のところ、関節痛はありません(苦笑) 楽観視もできませんが、今から心配していてもどーしようもないですから、なるようになるしかないかな、と。


ちなみに、人間ドックと健康診断は会社で契約しているJRタワーのメディカルプラザ札幌の健診クリニックで受けています。

大分慣れましたが、ここで健診を受けていると、まるで自分が「工場の生産ラインにのっかっている缶詰」になった気がします。流れ作業の分業制です。健診する側の看護士さんも検査の人も、毎日同じ言葉をくり返しているのでしょう。言葉からは体温が感じられません。健診する側はみんなアンドロイドみたいだし、健診される側は、同じ服をきせられて囚人みたい(苦笑)ホント不思議なところです。


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.


| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »