« 日本動物遺伝病ネットワークについて | トップページ | かゆみの原因さがし2 »

2007年4月10日 (火)

狂犬病予防注射違反

yahooで気になるニュース発見。

犬没収 狂犬病予防法違反に問われた元弁護士に 奈良簡裁

飼い犬に予防接種を受けさせなかったとして、狂犬病予防法違反の罪に問われた奈良市東登美ケ丘1、元弁護士、大月妙子被告(71)に対し、奈良簡裁(神山義規裁判官)は9日、求刑通り罰金20万円、犬3匹の没収を言い渡した。

 判決などによると、大月被告は05年4〜6月、生後91日以上の飼い犬3匹に、同法で義務付けられている狂犬病予防接種を受けさせなかった。昨年12月に略式起訴され、同簡裁から罰金20万円の略式命令を受けたが、今年2月に正式裁判を請求していた。

ニュースにはこれしか書かれていないため、この元弁護士がなぜ頑なに予防注射を拒んだのかはわかりません。「正式裁判を請求」とありますが、どんな理由で、正当化して争ったのでしょう? 病気が理由なら、動物病院で診察を受けたうえで免除の申請ができるはずですが。理由が気になるところです。

でも、どんな理由があるにしても、犬を没収されてしまっては意味がありませんね。何よりこの方が、正式な手続きをした上で、愛犬を返してもらっていることを願います。いきなり飼い主から引き離された、ワンコが一番可哀想です。

うちにも、札幌市動物管理センターから「狂犬病予防注射」のお知らせが届いていました。6月までですね。あっという間に時間は過ぎますから、早めに行かないとね、peepeeさん。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 日本動物遺伝病ネットワークについて | トップページ | かゆみの原因さがし2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本動物遺伝病ネットワークについて | トップページ | かゆみの原因さがし2 »