« アレルギー? | トップページ | 三つ子の魂百までも »

2007年4月 1日 (日)

犬と地震

テレビを見ていたら、
「能登半島地震から1週間、さまざまな被災者ケアが実施されている」というニュースがながれていました。そのなかの一つが「獣医師によるペットの診察」。

飼い主さんは「地震や車の音に反応して、ずっと震えている」と。診察した獣医師は「だっこして、大丈夫って言いながら、なだめてあげることが大事」と言っていました。

そういえば。
たしか今から4〜5年前、北海道で大きな地震があったときのこと。うちの実家のあたりは多分震度3くらいだったと思うんですが、元々地盤がゆるいため、かなりの揺れを感じたそうです。犬たちも飛び起きて、不安そうにしていたとか。
そして、それから数日後、一番年上のシュナウザーは地震のストレスから、背中にぽっかりと「日本列島みたいな形のハゲ」が出現(苦笑)今でもその部分は、微妙に毛の色が違います。(残りの2匹は、全く問題なし)

また、この間、動物病院で会った60代くらいの女性も、似たような話をしていました。
女性の連れていたダックスは、ものすごく臆病な様子で、ずーっと尻尾は丸まって股の間に入ったまま、誰かがが入ってくるたび、動くたびに「ワンワン!」と(笑) 
「怖いんですね〜」と話しかけたら、「2歳くらいまでは大人しくていい子だったんだけどね」と。聞くと、ずっと釧路に住んでいたそう。釧路は道内でもかなり地震の多い地域。その子は地震のたびブルブル震え、どんどん臆病に、そして吠えるようになっていったとか。

実家のシュナウザーと同じ。臆病な子ほどストレスを感じやすく、よく吠えるというわけです。

「犬だから地震くらい大丈夫」と思う人もいるかもしれないけれど、今、何が起こっているのか全く理解できない犬たちにとって、地震は恐ろしいもの。

2000年の有珠山噴火の際、立入禁止区域に許可なく動物愛護団体のメンバーが入り(住民のおいてきたペットを救うため)、問題になったことがありましたね。ペットを家族と考えるワタシにとっては理解できる話だったのですが、もちろんみんながみんな、そう思うわけもなく・・・難しいです。

人間も犬や猫も、不安なのは一緒。ぜひ、みんなに手をさしのべてほしいなぁと思うワタシにとって、今日のニュースはちょっとだけ、安心できるものでした。

ちなみに最近は、ペット用の防災グッズもいろいろあるようです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

|

« アレルギー? | トップページ | 三つ子の魂百までも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アレルギー? | トップページ | 三つ子の魂百までも »