« 食糞 | トップページ | サプリメント »

2007年3月15日 (木)

避妊手術のススメ

3月もちょうど真中。春ももうすぐ!・・・のはずが、札幌は冬に逆戻りしてますね~。せっかく買った春物のコート、しばらく出番がなさそうです。

春の訪れはウレシイものですが、犬や猫にとっては、受難の季節とも言えるかもしれません。

転勤など人間の勝手な都合で捨てられる子が増える時期であり、出産の時期でもあるからです。この季節には、たくさんの子犬・子猫が保健所やセンターに持ち込まれるそうです。

今日、札幌市動物管理センターに収容されている犬は5匹。寒さの厳しいこの時期に、自分の犬がいなくなっても探さない人って、どんな人なんでしょうね。

不要犬(猫)と言われ、無駄な命として処分されるなんて、あってはいけないこと。それなのに、処分される命はあとを絶ちません。

犬や猫を飼っている人は、ぜひ、避妊・去勢手術を行ってください。あなたが繁殖をしなければ、処分されそうになっている子が、犬や猫をほしいと思っている人に引き取られるかもしれません。

避妊・去勢手術は、病気の予防にも効果があると言われています。ワタシは昔、乳腺炎が原因でマルチーズをなくしました。乳腺炎の予防には、1回目のヒートの前の避妊が効果があると言われています。

ちなみにpeepeeちゃんは、ワタシの勉強不足で、そのタイミングを逃しました。「避妊はある程度身体ができあがってから。2回目のヒートがくる前がいい」と書いた本をみたんです。いつにしようか迷っていた生後7ヵ月のとき、ヒートがきちゃいました。獣医さんに聞いたところ、「乳腺炎を防ぐなら、ヒートがくる前がいい」と言われ・・・がっかりです。

おまけに、ヒートの途中からアカラスになり、未だ完治せず。アカラスが治らないと手術ができない(手術で免疫が下がると、アカラスを悪化させる恐れがある)ので、まずは治療に専念するしかありません。次のヒートは5月末あたりの予定なので、GW前にはなんとか手術したいと思ってます。

女の子を飼っている方、ぜひ避妊手術を検討してくださいね。






|

« 食糞 | トップページ | サプリメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食糞 | トップページ | サプリメント »